〔079〕鳳凰山 (観音岳 2,840m)

標高差:1,460m

2004年06月05日


日本百名山に戻る

薬師岳(2,780m)
山梨県南アルプス市
夜叉神峠側登山口の駐車場、沢山の登山者が来ているが、みんな重装備で日帰り登山者は見かけなかった。
夜叉神峠までは軽四なら走れそうな広い道が続く、遊歩道的に斜度を緩く作られているので距離が長い。
予定外の鳳凰山、一体、どの位歩けば山頂に辿り付けるのか、この時点では予想が付いていない。
50分で”夜叉神峠”に着く。写真の山小屋の他に、キャンプ場もあるらしい。
登山口からは樹林帯の単調な登りであったが、夜叉神峠で一気に展望が開ける。
左から農鳥岳、間ノ岳、北岳の三千mを越す南アルプス連山が目の前に広がる。
斜度はきつくないが樹林帯の中、真っ直ぐな道が延々と続く、日焼けしないのが幸いか。

1時間50分にて”杖立峠”に着く。展望も無く何も無い。

山火事跡”に出ると展望が開け富士山が望めた。
ここの縦走路では赤錆た鉄製のケルンが多い。
しばらくは河原の様な道が続くが又樹林帯に戻る。
富士山の雪もほとんど無くなっている、今年はどことも雪が少ないらしい。
3時間で”苺平”に着く。ここも何もない。
出発の御夫婦は既に百名山を済まされている大先輩だった。
苺平からの長い下りの後、”南御室小屋”に着く。ふとん干しのオンパレードで今夜の宿泊客は気持ち良く寝れそうだ。
標識には ” ガマの石 ” とだけ書かれている。無理やりガマに見えないこともないが、マッコウクジラの方が近いのでは
砂払岳への登り。これを越えると薬師岳が見える。
自分もいつか登ることになると思う”白峰三山”であるが、夜叉神峠からは一環して眺めることが出来た。
砂払岳”から見た左、観音岳、右、薬師岳、地蔵岳はまだ見えない。
砂払岳と薬師岳の間にある”薬師小屋”。
薬師岳小屋から振り返り、砂払岳と富士山を見る。
薬師岳小屋から薬師岳への登り、白い砂が眩しい。
薬師岳”(2,780m)から見た”観音岳”(2,840m)
山薬師岳には岩山のピークが二つあるが平坦な部分を山頂としている。
薬師岳”で一番標高が高いと思われる岩山、表示は何も無い。
薬師岳から観音岳へは一頑張りの距離。
5時間25分で鳳凰山最高峰”観音岳”(2,840m)に着く。
観音岳から見た八ケ岳。見る方向が変わると山容も変わる。
左奥に見えるのが甲斐駒ケ岳、右の黒く尖がっているのが地蔵岳の”オベリスク
今日はあそこまで行く体力が無い。
山頂にたどり着いて山登りが終わった訳ではない、長い帰路が待っている。(観音岳から帰路の縦走路を振り返る)
Road Map:中部横断道を白根ICで下りて、県道20号線、アルプス街道を夜叉神峠に向かう。
Route Map
:夜叉神峠から長い長い縦走路を往復する。白峰三山の展望は最高。
こんな山、日帰り出来るのか?
昨夜からの車にプラス、夜が明けるとドンドン車が増えてくる。昨日からどうしょうか迷っていたが、行ける所まで行って、最悪、山小屋に泊まる覚悟で登ることにした。長丁場なのに出発は5時55分と遅くなってしまった。
あれ程居た登山者も登山道に入るとほとんど居ない。空木岳と同じく遊歩道的な広い道が夜叉神峠まで続く。
直登なら少しの距離であるがジグザクに折ってくれているので時間が掛かる。
展望の良い夜叉神峠
50分で夜叉神峠に着く、ここで展望が一気に開け、目の前に南アルプスの山並みが広がる。
ここまでハイキングに来る人、写真を撮りに来る人が多い様だ。
夜叉神峠〜杖立峠
夜叉神峠からは登山道となり荒れた道を一旦鞍部まで下りその後、急登が続く。7時25分、1時間20分歩いて朝飯にエネルギーIN を食べる、喉越しが良く美味い。1時間50分で杖立峠に着き、その後は長い下りが続く、帰りの登り返しがつらそう。
杖立峠〜山火事跡
樹林帯の山腹の真っ直ぐな道が続く、木立の間からは南アルプスの山並が見えるが、夜叉神峠で見た山容と変わりなく退屈で長い歩きが続く。山火事跡と言われる開けたところに出るが、山火事の面影は無い、ここからは雪の無くなった富士山が望める、富士山も雪を被っていないとパッとしない。
苺平〜南御室小屋
3時間で苺平に着くがここも鉄製のケルン(?)があるだけで何も無い。今日は快調だがさすがに疲れてきたので10分程休憩する、ここで休まれていた老夫婦は先に行かれた。苺平からは長い下りとなり、行き着いた先には南御室小屋があった。小屋ではふとんの天日干しで賑やかなことになっている、水場もあるらしいが30m程先らしいので見には行かなかった。
南御室小屋〜砂払岳
小屋からはきつい登りとなり、先ほどの老夫婦を抜かし際に話しをすると、この足の遅いおじいさんはとっくに百名山を済まされているとのこと、しっつれいしました。砂払岳手前でカモシカが駆け抜けて行くのが見えたが一瞬の出来事だった。4時間20分、砂払岳に着くとやっと薬師岳、観音岳が見える様になってきた、眼下には薬師小屋が見える、薬師小屋から薬師岳への登りに足が動かない、休み休み足を進める。
薬師岳
薬師岳山頂はだっだ広く一面は花崗岩の白い砂で覆われている、山頂標識はだっだ広い場所に立っているが、標高の高い岩山が二つありどちらがピークか判らない。鳳凰三山最高峰の観音岳は目と鼻の先の距離であるが、体が言うことを聞かず時間ばかりが過ぎてゆく。
観音岳
11時14分、5時間25分で鳳凰山最高峰、観音岳(2、840m)に着く
地図を広げている無愛想なおっちゃんの横に座り、廻りの山名を次々と教えてもらう、その内、新潟から来た御夫婦も加
わり山談義に花を咲かすと、無愛想なおっちゃんも喋りだしてくれた。静岡から来て南御室にテントを張っているらしい。
色々教えてもらった結果、東側の目の前の山は北岳と間ノ山、北側正面には甲斐駒ヶ岳、北側遠くには八ケ岳が聳えている。
長い長い下山
飽きない絶景にいつまでも居たいが、他の人と違い日帰りの身なので、30分休憩して下山する。帰りはペースを上げるつもりでいたが登り返しではがっくりとペースが落ちてしまう。帰りは消化だけなのでやけに距離が長く感じた。
夜叉神峠まで下ってきた時に団体さんに道を塞がれたので休憩中の静岡からの人と又々、山談義で話を膨らませる。
その人は日帰りで北岳に2回登ったことがあるらしく、” 簡単ですよ ”と言ってくれた、確かにここが日帰り出来たのだからどこでも行ける感じがしてきた。充分、お喋りして下り始めてもさっきの団体さんに直ぐに追いついたので、クラクションを目一杯鳴らして一気に抜いてしまう。下りは3時間45分、全行程9時間45分で鳳凰山を終える
鳳凰三山の内、残った地蔵岳(2,764m)は青木鉱泉側から是非登ってみたい。
日本百名山』  長い縦走尾根であったが、終始、白峰三山の展望が得られた。
コースタイム:9時間45分(休息時間含む)、登り:5時間25分、下り:3時間45分
ほうおうさん
「日本百名山」から
地蔵仏は高さ十八m、極めて印象的なオベリスクで、甲府盆地からでもよく注意すると認めることができる。それは、鳳凰山のシンボルのように立っている。その巨石に初めて攀じ登ったのはウォルター・ウェストンで、明治三十七年(1904年)の夏であった。
広河原への道路封鎖で予定していなかった鳳凰山への登りとなってしまった。
ガイドブックには2泊3日のコースで書かれており、青木鉱泉側からなら日帰り出来そうであるが、夜叉神峠からは到底無理と思っていた。
試しに登ってみようと出発すると、昨日の絶不調が嘘の様に絶好調の内に始まる、しかし、絶好調も2時間までで、後はいつもの持久戦となる。
一杯一杯だったとは言え、ここを日帰り出来たことは、もっと多くの山が日帰りの視野に入れることが出来る様になる、次に目指すは劔岳か北岳か。