〔074〕木曽駒ヶ岳 (2,956m)
2000年07月21日
夜中の1時に黒川平駐車場に着き仮眠する。
朝6時にバスに乗り、ロープウェイ駅のしらび平に着く、ロープウェイに乗ると標高1,800mのしらび平から標高2,600mの千畳敷まではあっと言う間に着いてしまう。

千畳敷からの雄大な景色を眺めつつ30分登ると中岳のふもとに着く、中岳(2,925m)に上り、一旦降りて登りつめると、1時間半で駒ケ岳(2,956m)に着く、気温16℃ 快晴。
帰りは中岳には登らず、危険と書いてある、巻き道を通ることにする、危険と言うほどのこともなく、楽で楽しい道であった。
嫌がるN氏を説き伏せて、宝剣岳(2,931m)に登る、山頂は狭く沢山の人で一杯、ここから見る千畳敷は最高の景観である。

宝剣岳からの降りは更に急でくさり場も多く楽しめた。尾根道を極楽平まで歩く。極楽平の下にはかなり大きな雪渓が広がっていた。後は単調な降りを消化して千畳敷のロープウェイ駅に至る。
今回は雲ひとつ無い最高の天気に恵まれた。
ロープウェイで標高差800mを稼ぐ。
千畳敷カールと中央は宝剣岳。右側の”乗越浄土”から登る。
ロープウェイ駅から見た千畳敷カール全景、所々に残雪が残る。空には雲ひとつ見当たらない最高の天気!
千畳敷より30分の直登で”乗越浄土”(2、850m)に着く。
乗越浄土から見た”宝剣岳”(2、931m)。帰りに登る予定。
乗越浄土から見た”中岳”(2,925m)。ここから”天狗荘”前を通り中岳に至る。
右後方に雲の上に顔を出す”御獄山”(3,067m)、次はあれを登るぞ。
頂上小屋から見た駒ヶ岳山頂、あとひと頑張り。
1時間半で”駒ヶ岳”(2,956m)に着く。気温16℃ 快晴。
コマクサが咲き、御獄岳を望む景観は疲れを癒してくれる。
宝剣岳”(2,931m)に攀じ登り、てっぺんにて雲海に寝そべる。
極楽平から千畳敷へ降りる。
極楽平”下の残雪で遊ぶ。
ロープウエイを利用する分、三千m級の山としては登り易い山であった。

***** 駒ケ岳は最高の天気であったが、あくる日の乗鞍岳はガスと小石混じりの突風で最悪の天気となった。*****
日本百名山に戻る

長野県駒ヶ根市


標高差:316m
日本百名山』  一際目立つ宝剣岳。
中岳山頂より御嶽山を見る。
一登りして”中岳”(2,925m)に着く。中岳から”頂上山荘”まで下り、駒ケ岳に登り返す。中岳のトラバース路があるのは下山時に知った。
中岳を下り、頂上小屋から駒ヶ岳へ登り返す。
越頂上小屋前に戻り、中岳をショートカットするトラバース路に入る。
トラバース路は道が狭いが、離合するハイカーが少なく助かった。
トラバース路はスリリングで楽しい。
きそこまがたけ
「日本百名山から」
私はこの山頂に二度立った。いずれも戦争前で、最初は伊那から登って木曽へ下り、その次は南の越百山から主稜を縦走してこの山頂へ来た。その時はすばらしい天気に恵まれて、四周の展望をほしいままにした。