〔073〕御嶽山 (3,067m)
2009年06月07日
日本百名山に戻る

長野県木曽町


標高差:1,238m
日本百名山』  三千mの天空回廊を楽しむ。
ウィキペディアより
御嶽山は、北アルプスこと飛騨山脈の延長線上にあり、北アルプスに含めるという説もあるが、北側の乗鞍岳との間には稜線らしき峰々はほとんどないため、一般的には御嶽山は北アルプスには含まれないというのが定説である。しかし、間を横切る河川は1本もないのも事実であり、明確な結論は出ていない。著名登山家でも意見は分かれている。なお、ガイドブック等で日本アルプスを3つに分けて紹介する場合、中央アルプスの山数が少ないので御嶽山を中央アルプスと合わせて掲載されるケースが多々ある。このため、御嶽山を中央アルプスの山と思いこんでいる人も数多く存在するが、中央アルプスとの間には木曽川が流れており、明らかに中央アルプスには属さない。
Road Map :中央自動車道を中津川ICで下りて、R19から県道473号線、白崩林道を経て中の湯に入る。
Route Map:中の湯から黒沢口コースにて八合目を経て、剣ヶ峰に至る。下りは三ノ池から黒沢口コースで下山する。
登り:4時間22分(剣ヶ峰まで)、登り:6時間42分(摩利支天まで
中の湯(六合目) 覚明小屋(七合目) 女人堂(八合目) 覚明堂(九合目) 剣ヶ峰
4:59 :46 6:42 8:47 :21
前日の移動
小秀山登頂後は温泉で汗を流し、R473にあった”太陽の丘公園”で車中泊とする。広い駐車場には誰も来ず、綺麗なトイレもあったので、標高の高い”中の湯”の駐車場で車中泊するよりは良かったと思う。
高山帯の山は最高
苦労して登るからには火山性の樹木ない山、森林限界を超えた高山帯の山に登りたいと思っているが、御嶽山は比較的簡単に登れる高山帯の山であり、裏切らない景観が楽しませてくれた。
今日は有意義な経験が出来た
読図も出来ない身分で踏み跡の無い雪山に入って行ったのには大いに反省しているが、この反省は今後もしなくてはならない場面が出てくると思う。兵庫の名も無い山に登ると記憶から消されてしまうが、今日の強烈な経験は安達太良、日光白根山に続いて忘れることは無い思い出になるだろう。
剣ヶ峰 白竜避難小屋 摩利支天山 八合目 七合目 中ノ湯
9:40 −−− 11:41 15:05 15:59 16:40
下り:4時間55分(摩利支天から)
トータル:11時間41分
白崩林道終点、黒沢口コース登山口の広い駐車場。我が車を含めて3台しか来ていない。田の原からのコースより標高差が大きいので人気がないのか。
中の湯駐車場近くで”木曽駒ヶ根”付近から登る御来光を見ることが出来た。今日は雲一つない良い天気であるが、麓には雲海が広がっている。
バス停休息所横にトイレがあったが、このトイレの”くっさい!”こと。太陽の丘公園で車中泊したのが正解だった。4時59分に登山口を出発する。
中の湯温泉”はどこにあるんだろうと考えつつ歩き始めると直ぐに出てきたが、営業はしていなかった。御嶽山の山開きは6月15日らしいので、それに合せて営業するのか。
針葉樹林帯の中、丸木で整備された道が続く。気温は11℃、汗が出ない位の涼しさだ。
47分にて”一ノ又小屋”のある七合目に着く。山口県からのハイカーが休憩していたので少し話しする。三倉山の話しで盛り上がった。
R・Wに乗ると七合目までエスケープ出来る。
七合目、行場小屋を過ぎた辺りから登山道は残雪に覆われる様になってくる。
登り途中から振り返ると中央アルプス、木曽駒ヶ岳、空木岳、南駒ヶ岳の山々がシルエットで見えている。
更に登って振り返り見ると左遠方に八ヶ岳も見える様になってきた。裾野に広がる雲海が神秘的であではあるが、これがその内に上ってくるのだろう。
八合目からはまだ”剣ヶ峰”は見えていない。登りは”剣ヶ峰”に直登し、下山はお鉢廻りをして、三ノ池からここに戻る予定。
1時間43分にて八合目”女人堂”に着く。金剛堂とも言うらしいが、ややこしいので女人堂で通す。ここで森林限界を過ぎて、どこを見ても大展望が得られるようになった。
八合目から登っていくと北アルプスの展望が広がって来た。同定出来るのは有名山のこの程度。
乗鞍岳もここから見ると立派なアルプスだ。
徐々に斜度がきつくなってきたのでアイゼンを着ける。この辺りで日焼け止めもたっぷりと塗っておく。
右手中腹に下山予定の登山道が見えている。それにしてもハイカーが居ない寂しい登りが続く。
田の原登山口”の駐車場が見えてきた。人気の登山口なので車が沢山停まっていた。
下を見ながら息を切らして登っている時に人の気配を感じて横を見ると人が座っているのでびっくりした。
前方にハイカーが見えてきたが登りが遅い。その遅いハイカーに全然追い付かない自分が情けない。山頂直下で追付いたが、結構なお歳のご老人だった。
山開きを前にしてかヘリが何度も荷揚げしていた。
覚明堂休息所”が見えて来た。盛んに雪下ろしをしている。
石室山荘”の横を通り過ぎる。やはりガスが上がってきた。山頂に着く頃にはガスってしまうのか。気持ちは焦っているが足は動かない。
3時間48分にて九合目、”三ノ池分岐”に着く。
剣ヶ峰まで50分の表示あり。
”休息所”はやばそうな所に建っているが、きっと最高の御来光が見えるんだろうなー。
剣ヶ峰への登り途中から”二ノ池”、”摩利支天”を見る。”一ノ池”は尾根直下で見えていない。
剣ヶ峰へは直登しようとしたが、山頂から沢山の人が見ていたので諦めた。前回、”地獄の階段”と思った程、足が上がらなかった最後の登りを消化する。9年前の若い時より今日の方が軽々と登れた。
中の湯からのハイカーはほとんど居なかったが、田の原からは続々と登ってくる。既にお鉢廻りを済まされて下山に入る人も数名居た。
4時間22分にて”剣ヶ峰”(3,067m)に着く。田の原から登った時には3時間だったので中の湯からは随分遠い。ハイカーが多くウザイので、前回と同じく、神社裏の展望岩でお昼にする。山頂の気温は8.5℃であるが、日差しが強く暖かい。
三千mの山でこんな光景を見るのは興醒めであるが、元々が信仰の山なので已む無しか。
展望岩で20分休憩してお鉢廻りに入る。
剣ヶ峰から見た”一ノ池”、”二ノ池”のブルーが綺麗だった。
地獄谷”からは硫黄臭い噴気が流れてきて、ゴォーゴォー音も聞こえてくる。こういうのがあるから火山性の山は楽しい。
”剣ヶ峰”を振り返り見る。気が付けばガスは山頂までは上がってこなかった。
お鉢の稜線は雪が無かったが、途中から残雪を歩く。
程よく締まった残雪を歩く方が随分楽だ。
天幕泊まりだろうか、重装備の若者4名とすれ違う。
ジジババと違い彼らは礼儀正しく道を譲ってくれた。
遠くではあるが”白山”が見えている。今日はどの山も天気が良いようだ。
丁寧に詰まれた小さなケルン。もう一石積みたい思いに駆られる。
お鉢廻りの”剣ヶ峰”から丁度反対側に到達した。
お鉢から”賽の河原”と”摩利支天”を見る。乗鞍岳はガスに隠れてしまった。
”賽の河原”に向けて残雪面を下って行く。
雪は適度に緩みアイゼンは要らない。
下って来た斜面を見る。
かなり下ったが”賽の河原”まではまだ遠い。この辺りまで来るとハイカーは少なく、たまに見掛ける程度。皆、下山に入っているが、俺だけが”摩利支天”を目指している。
今、賽の河原”の上に立っているはずであるが、雪に覆われて何も判らない。
下山に向かっているハイカー。
”摩利支天乗越”に登り途中から剣ヶ峰、お鉢を見る。
何やら神社に着く。
6時間21分にて”摩利支天乗越”に着く。ここに”摩利支天まで往復40分”の表示があった。
真っ直ぐ行けば濁河温泉に向かう道となり、ここから摩利支天に向かう。
”摩利支天”を小さなピークがあるだけと思っていたが、ナイフリッジの険しい道が伸びている。
少し下を歩く道もあるが、途中で残雪で閉ざされており、ヤセ尾根のピークを歩いていくことになる。浮石が多く
危なっかしい。
乗越から19分で”摩利支天”(2,959m)に着く。ヤセ尾根の一番端であり、手前の岩峰の方が標高が高い様に思えた。
摩利支天の山頂には三角点もあった。前方に見えているのが標高的に高いのではの疑惑のある岩峰。
今日の目的は達成した。後は下山するだけ。のつもりであったが・・・
”三ノ池分岐”に戻り”三ノ池”に下ろうと思うが、標識方向に踏み跡がまったくない。先駆者になろと思ったが、余りの急斜面に足がすくんでしまう。しかも雪面には2本も亀裂が入っていた。諦めて二の池に戻ることにする。
歩き出して諦め切れず、やはり”三ノ池”に下りたいと思い、比較的緩い斜面を探し、登山道が見える方向に下り始める。
最初のきつい斜面は斜めに折り返しながら下り、斜面が緩くなってからザクザクと下る。踏み跡は自分だけのものしかない。
どんどん下っていくが斜度が再び半端で無いほどきつくなってきた。
雪が緩みアイゼンが効かなくなってくる。5m程の軽い滑落をするが、腕力で止め切った。
斜度のきつい中、雪面が緩みまともには下れない状況になってきたので、ストックを短くしてピッケル代わりにしてシリセードをする。結果は止めることが出来ずにそのまま滑落。滑落開始箇所はこの立ち木の遥か上、立ち木の間を通る時には軽くジャンプした。
滑落を止められたのは傾斜の緩くなったここ。滑落中、本人はかなり落ち着いており、帽子、メガネを飛ばされない様に手で守った。面白いのは滑落中のデータがGPSに残っていることで、かなりやばい状況だったことが判った。データーによる計算では最大斜度45°であるが、これは多分ジャンプした時のもの。
本来、この残雪の下に登山道がるのであろうが、登山道はまったく確認出来ず、踏み跡もまったくない。遠くを見ると登山道らしきものが見えたが、登り方向に伸びている。それに頼るしかないのだが、そこまではトラバース出来ない急斜面が続いている。一端下って緩やかな斜面を登り直すが、その間にも数回、小さく滑落した。その頃は滑落慣れをしてしまっていた。
これは遭難だな!」と一人不安になっていた。
雪渓を4つトラバースして見えていた登山道に辿り着くとR・Wへの方向表示があり、これで助かったと一息付けた。
登山道は一端登った後は下りとなっていた。ここまでの踏み跡もあり、安心して辿っていくと、また残雪トラバースの連続が待っていた。しかし、斜度は緩く、問題なく横切ることが出来た。
程なく、八合目の”女人堂”が見えて来た。まだまだ残雪のトラバースが続く。摩利支天から3時間20分、登り始めて10時間06分にて八合目に戻り、アイゼンを外して登って来た道を登山口に戻る。
おんたけさん