2001年08月26日
昨年の7月に山頂まで登ったが、ひどいガスと砂交じりの突風で景色を何も見ずに登って降りただけとなってしまい、今回はそれリベンジ登山であるが、今回も天気が思わしくない。
今日は過酷な乗鞍マウンテンロードレースの日で畳平の駐車場は満車状態が続いていた。

昨日の足首捻挫で登れなくなったZさんを残して、8時48分、登山開始、昨年、景色は何も見れなかったが道は見覚えがある。

周りはこうなっていたのかと関心しながら車道をドンドン歩き、30分で登山口である肩の小屋に着く。天気は曇りがちであるが山頂が見えているのでどうにか天気は持ちそうな感じがする。

石だらけの登山道を20分で稜線に出て、ここから権現池、山頂を眺めながら、昨年は砂嵐の様な突風で小石が顔にバチバチ当たって我慢の登りだったのを思い出す。

1時間で山頂小屋に着く。ここから5分で山頂に着くが、ここでガスが出て何も見えなくなる。大日岳まで行こうと思っていたが、このガスで中止、直ぐに下山するが今回も悪い癖が出て走り回って下山し、45分で下り終える。お花畑に行ってみるが花はほとんど終わっており、昨年7月の様な満開のお花畑は見ることが出来なかった。

乗鞍スカイラインを降りてエンジョイ朴の木平の温泉に入り、昼飯を食べて、帰路に着く。途中、ガソリンスタンドでガスを満タンにし、燃費を計算してみるとエアコンを付けっぱなしながら15.5km/Lも走ってくれた。
歩き始めの車道より畳平の駐車場、鶴ヶ池、恵比寿岳を見る。
雪渓がちょっとだけ残っている”不消ヶ池
乗鞍山頂と稜線、車道はまだ続く。
登山道入口の”肩の小屋”に着く。
肩の小屋から見た登山道と ”剣ヶ峰”(左奥)、簡単な山なので多くの人が軽装で登っている。
コロナ観測所のある”摩利支天岳”(2,872m)、右下の道路ではロードレースが行なわれている。
ピーク感はまったくないが ”蚕玉岳”(2、980m)の標識あり、まったく読めない。
この先が ”馬ノ背”となり、昨年はここを強風が吹き抜け、突破するのが一苦労であった。
今回は景色を眺めながらの楽な登りとなる。
神秘的な ”権現池”ここは立ち入り禁止。
”頂上小”に着く。 山頂までは5分あれば登れる。
1時間で乗鞍岳最高峰 ”剣ヶ峰”(3,026m)に着く。
山頂の標識が新しくなっていた。今年も山頂はガスってしまい、
”大日岳”に登るのは断念した。直ぐに下山する。
日本百名山に戻る



岐阜県高山市
標高差:321m
〔068〕乗鞍岳 (3,026m)
日本百名山』   1時間で登頂出来る3千m峰。昨年のリベンジを果たす。
小走りで下山し、45分で畳平に戻る。車で待機していた捻挫おばさんと合流しお花畑に向かう。8月も末になるとお花畑の花はほとんどが終っていた。
捻挫おばさんは車でおとなしく待っていたと思っていたが、痛い足を引き摺って後ろに見えている”恵比寿岳”に登っていたらしい。
”頂上小屋”手前から”剣ヶ峰”を見る。
のりくらだけ
「日本百名山から」
もちろんここで言う乗鞍信者とは、信仰登山のそれではなく、まして遊覧バスで運ばれてくる大衆ではない。お金はあまり無いが暇は十分あるという学生時代に乗鞍に住んだことのある人たちを指す。全く乗鞍は登ると言うより、住むと言った方が似つかわしい山である。
当時の乗鞍岳は畳平の駐車場までマイカーで行くことが出来た。
二回目