〔068〕乗鞍岳 (3,026m)
2000年07月22日
昨日の木曽駒ヶ岳は雲ひとつ無い晴天であったが、畳平の駐車場から見る乗鞍岳山頂は完全にガスっている。
林道を肩の小屋まで行き、ガラ場を登り尾根道になると、強風の為、小石がバシバシ飛んで来る。
1時間も掛からずに山頂に着くが、ガスって何も見えない。風が強く気温は12℃で真夏と思えない寒さ、直ぐに小走りで降りる。

下り終えてお花畑に行ってみるが、ここもガスで手元しか見えない。時期が良く、花は咲き乱れていた。
簡単に登れる三千m級の山であるが、天気に恵まれないと意味がない、来年にリベンジする予定。
畳平の駐車場に着いた時点からガスで覆われていた。 ガスの中を歩いて頂上小屋で一休み。稜線では強風に乗った砂が顔に当たり痛かった。
濃いガスの為、雨が降った様に頭はびしょ濡れ。
1時間掛からず乗鞍最高峰の”剣ヶ峰”(3,026m)に着く。
ガスが濃く、なーんも見えない。 息子はカッパどころかウィンドブレーカーも持って来ていないので、直ぐに下山する。
真夏なのに気温は12℃、濡れた体には寒すぎる。
下山後は畳平のお花畑はを散策する。メガネも曇るガスの中ではあるが、高山植物が咲き乱れていた。
日本百名山に戻る



標高差:321m
岐阜県高山市
雑記
一番楽して登ることが出来る三千m峰の乗鞍岳は駐車場がある畳平で既に高山帯であり、誰でも簡単に登れる山として魅力的である。今回はガスで展望を得られなかったので近々、リベンジするつもり。
のりくらだけ
日本百名山』   前日は晴天下の木曽駒ヶ岳であったが、一転、乗鞍岳はガスガスで景観は何も見えずだった。
「日本百名山から」
もちろんここで言う乗鞍信者とは、信仰登山のそれではなく、まして遊覧バスで運ばれてくる大衆ではない。お金はあまり無いが暇は十分あるという学生時代に乗鞍に住んだことのある人たちを指す。全く乗鞍は登ると言うより、住むと言った方が似つかわしい山である。
木曽駒ヶ岳登頂後は乗鞍高原に移動し、相棒が見付けておいた
民宿”ひこうき雲”で宿泊する。夕食までに民宿から歩いて15分
の”善五郎の滝”を見物しに行く。
昼飯は移動途中でそばを食べただけなので思い切り腹が減っていた。
民宿の夕食を見て息子は大喜び。メニューは朴葉味噌の焼き肉と
ダチョウ肉の叩き、山菜、漬物、量は充分だった。
初めてスキーをした”乗鞍高原スキー場”を見学に行ってから
”善五郎の滝”(落差21m)を見物に行く。
この年、まだ51歳。山歩きを始めて1年生の時だった。
何かを見ることもなく、山頂直下のお宮に着く。
当時の乗鞍岳は畳平の駐車場までマイカーで行くことが出来た。
畳平の中駐車場周辺は既に高山帯であり、お花畑が広がっていた。