〔066〕笠ヶ岳 (2,898m)

標高差:1,848m

2008年08月11日


日本百名山に戻る

岐阜県高山市
−−− 新穂高駐車場 笠新道登山口 杓子平 稜線分岐 笠ヶ岳山荘 笠ヶ岳山頂
登り→ 4:08 5:17 8:20 9:49 10:59 11:15
←下り 17:23 16:13 14:13 13:17 12:02 11:51
登り:7時間07分、下り:5時間32分、全行程:13時間15分(休息時間含む)

'05年10月のリベンジとして再度、笠ヶ岳に挑む。盆休みなので小屋は混むだろうから懲りずに北ア三大急登である、
笠新道からのピストンとする。

今日の寝床
昨夜は新穂高の無料駐車場で車中泊としたが、標高1000mの新穂高では結構暑かった。今夜は対策として標高1500mの安房峠で寝ることにした。晩飯はレトルトカレーとビールで済ますが、明日の昼飯が無い。例によって朝飯、昼飯抜きで頑張るか。

ウィキペデアより
北は、槍ヶ岳西鎌尾根と双六岳を結ぶ東西の稜線上の樅沢岳に至り、南は岩峰で日本有数のロック・クライミングのルートを持つ錫杖岳に連なっている。また、蒲田川の源流を挟んで、東の槍穂高連峰と対峙している。
その姿は、丸いお椀型の隆起がなだらかな稜線の上にポッカリと突き出た特徴的なものであり、北は立山連峰、南は御嶽山からでも、一目でそれと分かる山容をしている。山名の由来も、その笠を伏せたような姿に由来している。

日本百名山』  懲りずに今回も三大急登の笠新道から登る。
Road Map :高山市からR158を東進し、平湯峠を抜けてからR471、県道475から新穂高に向かう。
Route Map:新穂高から左俣林道を歩き、笠新道から杓子平を経由して山頂をピストンとする。
22分で左俣林道の車止めゲートに着く。ゲート付近の道路脇の空きスペースに数台の車が停めてあった。ここに停めれば20分の歩きが短縮出来る。(この写真も下山時のもの)
4時08分、ヘッデンを付けて新穂高の無料駐車場を出発する。
8分程歩いたバスターミナルのトイレで顔を洗い目を覚ます。
(写真は下山時に撮影)
急斜面にジグを切った登山道は登り一方で息が切れる。同じ北ア三大急登の燕岳合戦尾根は急登の後に穏やかな道の繰り返しだったので楽に登れた。
1時間09分にて笠新道の登山口に着く。既にヘッデンが要らない程に明るくなっている。水場で再度、顔を洗いこれからの急登に対して気合を入れる。
まだ展望の利かない樹林帯を登っているが、時折、樹間から穂高連山を見ることが出来た。湿度が高く、もやっているのと逆光で穂高はシルエットだけになってしまっている。
1時間28分歩いて、やっと上高地と同じ標高にしかならない。
雲海を抜けて良い天気になって来た。このまま天気が持ってくれればリベンジが叶えられるのだが・・・
睡眠は充分取ったので体調はよろしいが、相変わらずの息切れで牛歩の歩みとなっている。そんな重い足取りでも先行していた7名のハイカーを抜いている。
シモツケソウ”はアスチルベによく似ている。
イワシャジンが涼しげに咲いていた。
登山口から1時間23分登り詰めてもまだ杓子平への”中間地点”でしかない。
前回も感じたことであるが、幾ら登っても登山口である鎌田川が見えており、急登振りがよく判る。少し離れた景観は完全にもやっており、穂高も禄に見えない。
一望できます。”と書かれても天気が良い時の話で、今日は不望に近い。
登山道を登っていると岩の隙間からの冷気を感じ、岩穴を見てみると底には雪が残っており、風穴となっていた。
ハクサンフウロ
ショウマ”の仲間
登山口から3時間登り詰めて”杓子平”に着く。休憩している先行者から”さっきまで晴れていたんだがなー”とよく聞かされる言葉が出てくる。”でも、直ぐに晴れると”とも言ってくれた。
記憶ではここを登り切れば杓子平に出るはず。登るに従いガスが濃くなり、リベンジが達成出来ない可能性が濃厚になってきた。
何しに来たんや!”と落ち込んでしまい疲れがどっと出る。
2〜3分もすれば先行者の言葉通り、ガスがすーっと流れてくれた。前回、まったく見ることが出来なかった景観であり感激する。左のおわん型が笠ヶ岳、右のピークは2753m峰、登山道は更に右のピークから登る。ガスが又来ない内に山頂に行きたい。景観を見て急に元気になり、休憩せずに稜線を目指す。
杓子平から2753mピークへの旧道がはっきり見えるが、現在の登山道は右のピークの脇を登ることになっている。ここに来て、この遠回りは精神的に辛い。
各地の山から見ていた”笠ヶ岳”を初めて間近で見ることが出来た。もうこれで下山しても良い様な気分になる。
稜線への登り途中で槍、穂高を見る。相変わらずのシルエットであるが、同定するには充分だった。天気さえ良ければ明日、奥穂から笠を見ていることになるはず。その時は順光なので笠が綺麗に見えるはずだ。
稜線手前の展望の良い所でおばちゃんハイカー二人が休憩していたので話し込んでしまう。テント泊で槍まで縦走するらしい。最近のおばちゃんはパワフルだ。シャッターを押すと言うので写真を撮ってもらった。
笠新道だけが急登ではない。稜線への登りも結構足に来て挫けそうになってくる。
登山口から4時間30分にて縦走路の抜戸岳分岐に着く。前回、まったく見ることが出来たかった笠ヶ岳までの道は、こうして見えるとやたら遠いことが判る。笠ヶ岳付近だけに常にガスが取付いているのが気に掛かる。
少し歩いて縦走路を振り返る。このピークに抜戸岳分岐があった。
分岐から35分で”抜戸岩”に着く。
前回、ガスの中で見た”抜戸岩”は神秘的に見えたが、
こうして晴れた元でみる抜戸岩は大した岩ではなかった。
前回と同様の場所に”ライチョウ”君が居た。
”笠ヶ岳山荘”が見え出した頃にはガスがどんどん上がってきた。
登山口から5時間42分で”笠ヶ岳山荘”に着く。
天場にも”ライチョウ”君が居て、石の上に乗り、ポーズを取ってくれた。子供のライチョウが可愛い!
山荘から山頂目指して最後の力を振り絞る。
登り途中から”小笠”を見る。吹流しはうなだれたままだった。
三角点のあるピークを見ると多くのハイカーが休憩していた。直ぐに移動する。
三角点のあるピークで証拠写真を撮ってもらう。休憩はほとんどしていないつもりなのだが、前回より1時間も遅く着いている。前回は先輩に駐車場で待って貰っているとの焦りから無理をしていたのかも知れない。(今回も頑張ったつもりだが)
山頂で休憩している右の御夫婦は俺より1時間半も遅く出発して、同じ時間で着いている。長いコースは得意だが、危険な崖登りは大の苦手らしい。左のおじんは槍の日帰りが可能と豪語していたので、びっくりしてよく聞いてみると横尾にテントを張っての日帰りらしい。
そんなんは日帰りとは言わんのじゃ!
山頂でゆっくり休憩して、11時51分、下山を開始する。途中、山荘でラーメンを食べる予定であったが、山頂で食べたおにぎり2ヶで腹一杯になってしまい、ビール(600円)だけ呑んで下山する。
笠新道のお花は種類が多いが群生していることなく、あちこちに咲いている感じ。綺麗と思った花だけ写真に撮る。
不完全ながらリベンジ達成とする
山頂ではガスが多く完璧なリベンジと言えないが、勝手な判断でリベンジ出来たとしてしまう。これ以上を望むなら山荘に泊まって早朝の天気を当てにするしかないだろう。
下山時は
杓子平付近で小雨がぱらつくが大してことはなく、ザックカバーだけして下りてしまう。先行して下りに入ったが、途中で足の速い御夫婦の旦那に追い付かれ、日帰り登山の話しをしながら下山した。
今日の温泉
バスターミナルに着いたのは17時過ぎ、無料温泉は16時までなので、駐車場の入口にある”深山荘”に入ることにする。昨日の下調べで入浴料500円と聞いていたが、500円は露天風呂だけで内風呂は700円だった。マイシャンプーは車に置いてきたので700円の内風呂に入る。
女将からは”泊り客が多く内風呂は混んでますよ。”と言われたが、最後まで俺一人で貸切だった。
泊り客は全て露天風呂から河原に出て遊んでいた。どうりで内風呂が空いていた訳だ。川水は温泉が流れ込んでいるので冷たくはなく、水着で遊んでいる子供も多い。
駐車場から吊り橋を渡って”深山荘”に行く。中々雰囲気の良い宿であるが入浴料 700円は痛かった。
駐車場を出発して7時間07分、登山口から6時間、”笠ヶ岳”のお宮のあるピークに着く。
今回の遠征
8/10 8/11 8/12 8/13
位山 笠ヶ岳 前穂〜奥穂 奥穂〜涸沢岳
新穂高の駐車場から笠ヶ岳、稜線が見えていたので、稜線からも新穂高が見えている。標高差1,800mの高度感が凄い。
抜戸岳まで続く稜線を下っていく。
ガスは相変わらず切れてはくれなかったが、稜線を進むに従い、刻々と変化して行く新穂高は望めた。
現在、通行止めとなっている旧道入口には”おりるな”の立て札あり、
ショートカットなのにここから下りなかったのを後から後悔する。
杓子平を過ぎてからは笠新道の急斜面を蒲田川に向かって急降下して行く。自分ではかなりのスピードで下って行っているつもりだったが、走る様に下って行くあんちゃんに軽く抜かされてしまった。
左俣林道を下山中に見た”笠ヶ岳”ガスが立ち込めているものの、山頂からの展望はまだ利いている様だ。
かさがたけ
”笠ヶ岳”まで伸びる縦走尾根を見る。後は楽チン歩きに思える。