〔065〕常念岳 (2,857m)

標高差:1、696m

2005年06月25日


長野県警察、中嶋さんのHP
信州山歩き地図〕から頂きました。
クリックすれば大きくなります。
登山口は標高1,260m、これだと山頂までの標高差は 約1,700mある。常念小屋までの距離が5.7kmと書いてある。山頂までは何kmあるんだろう。
1時間10分にて”烏帽子沢”に着く。枝沢のひとつであろうが、他の沢山の枝沢には名前が付いていないので何か謂れでもあるのか。
日本百名山に戻る

長野県穂高町
移動
長野自動車道を豊科インターで降りて、堀金村に入ってから何度か道を間違え一ノ沢への道を見付けることが出来た。
一ノ沢登山口の駐車場
1時30分着。
約20台が停められる広い駐車場があり、それより先はバスのUターン場所なので進入禁止の様なことが書いてある。それを無視して更に進むと林道終点、登山補導所に数台が停められる駐車スペースがある。
林道終点の駐車スペース、看板から先はバス回転スペースなので駐車禁止、手前白線内に数台停められる。奥の小屋はトイレ、登山補導所は右側にある。5時に登山口を出発、気温11℃、天気は良くなった。
沢水は透明度が高く綺麗に透き通っている。水量は多く、うるさいくらいの大きな音を立てて流れているが沢音を聞きながらの歩きは気持ち良い。

本流、枝沢を何度も渡るが1箇所を除いて全て頼りない丸木橋が掛けられている。

林道終点までは舗装された道なので入ってしまえば苦も無く辿り着ける。
登山補導所とトイレがあり、4台、先行車があったが後2台も入れば一杯になる駐車スペースしかない。
下の駐車場に停めれば20分の舗装路歩きとなる。
夜空は薄雲で覆われている、明日の天気を心配しながら就寝する。

1時間40分、途中、樹木の間からちらちら見えていた山頂がはっきり見える地点に出た。ここまで距離は稼いでいるが、標高はあまり稼げていない気がする。
2時間07分、10m程の間、雪渓歩きとなる。後で判ったが、このまま雪渓を進んでも登れる様だが滑り易いので神経を使う。
雪渓取付きから登って来た一の沢を振り返る。
2時間17分、山頂へ登る雪渓があるが、登山禁止のロープが張られていた。
胸突き八丁から下を見ると登山者が雪渓を歩いていた。
7時17分、ここまで休憩無し、おにぎり1ヶを朝食とし6分程休憩する。
2時間24分、胸突き八丁には朽果てた丸木橋が多いが、ここは新調してあった。