〔064〕奥穂高岳 (3,190m)

標高差:2,144m(登山口から1.660m)

2007年09月09日


日本百名山に戻る

岐阜県高山市
前日の移動
台風9号が関東地方を通過したので台風一過を期待して出掛ける。東海北陸道を走り清見ICで下りて新穂高へ。
無料駐車場に着いたのは日も大きく変わった2時30分であった。このまま出発してもよいくらいの時間であるが、

ひと寝入りすることにした。

下山
ガレ場は下りも辛いが登りよりマーキングが判り易い。マーキングを辿ると若干ではあるが浮石が少なく歩き易い。ガスが少し切れてきたので登り時に見えなかった景観の写真を撮りながら山荘から3時間10分で登山口に着く。自転車は無事だった。
林道ダウンヒルを堪能する。
20インチの折畳み自転車であるが、お粗末ながら前後にショックが付いている。林道は登り返しが無しであり、快適に飛ばすことが出来る。水抜きの溝はBTRで散々練習したマジックジャンプでスピードを落とすことなくクリヤーする。30分で駐車場に帰り着く。
カモシカとの遭遇
自転車で疾走していると林道にカモシカが立っていた。カモシカは自転車を見て慌てて逃げてしまい、こちらも自転車に乗っているのでカメラを直ぐに出すことが出来ず、残念ながら写真に収めることは出来なかった。カモシカを見るのは鳳凰山と2回目であるが、シカと比べて随分大きかった。
新穂高からの標高差
一般の登山道で日本一の標高差は馬場島から剣岳の2,229mと言われているが、新穂高からの奥穂高岳も2,144mあり85mしか変わらない。どちらのコースにも言えることは登り返しがないことでこれが日帰りを楽にしている感じがする。
今日の温泉
念願の無料露天風呂である”新穂高の湯”に浸かる。混浴であるが橋の上から丸見え、若い女性は水着で入っている。脱衣所は一応男女別であるが、脱衣所が狭い。それより湯温が低く10分程入ったが体が暖まった感じがしない。俺は熱風呂好き。
雑感
飯豊山より酷いガスであったが、景観が見えないながらも、もう一度登ってみたい山だと感じたのでリベンジを誓う。但し、白出登山道では無く、混雑覚悟で上高地側から登って見たい。

「日本百名山」から
明治の末年頃から、日本山岳会の先輩たちが相次いで登り、それまで一括して穂高と呼ばれた岩礁群に、北穂高、奥穂高、涸沢岳、前穂高、西穂高、明神岳という風に、それぞれの名称が与えられるようになった。その最高は奥穂であってわが国第三位である。
Road Map :名神高速、東海北陸道を走り、清見ICで下りる。高山から平湯を経由して新穂高へ。
Routo Map:新穂高から右俣林道を歩き、白出登山道を往復する。日帰りには少々きついコース。
日本百名山』  台風一過の晴天狙いであったが飯豊山に続いてのガスガスとなり、近々のリベンジを誓う。
−−− 駐車場 白出登山口 白出岩切道 白出大滝 ガラ場取付 奥穂高岳小屋 奥穂高岳
登り→ 5:35 7:00 8:00 8:32 9:36 11:46 12:31
←下り 17:04 16:35 15:41 −−− 14:51 13:15 12:40
トータル:11時間29分 (休息時間含む)
登り:6時間24分、下り:4時間24分
駐車場を5時35分に出発
早立ちするつもりが寝たのが3時過ぎなので寝過ごし(?)てしまい5時に目が覚める。今回導入の新兵器、折畳みアシスト自転車をトランクからひっばり出してロングコースとしては遅い時間の5時35分に出発する。アシスト自転車はノーマルモードだと扱ぐ負荷が高く足に来るのでターボモードで走っていると林道半ばにしてバッテリーが切れてしまった。後は自転車を押して歩くが林道の勾配が少ないので苦にならずに登山口まで行くことが出来た。帰りの疾走が楽しみ。
一般車の入れない右俣林道であるが登山口には駐車場とトイレがある。泊っている軽四は小屋の関係者の物か?
林道を真っ直ぐ進めば槍ヶ岳に行ける。登山口の標高が1530mでここでやっと上高地と同じ標高となる。
林道を歩くこと1時間25分で白出登山口に着く。林道は更に伸びている様に見えるがこの先で終点の様だ。自転車はチェーン錠二つで看板に括り付けるが、いたずらされないか心配。看板の右側から登山口となる。
ここまでも白出沢沿いの道であったが、登山口から23分も歩くと白出沢が見え出した。台風9号での大雨の影響か沢水は多く、しかも濁っていた。
登山口からの道は展望の効かない樹林帯であり勾配は穏やかに続く。石の路面はコケ生しており非常に滑り易い。お花も少しは咲いていたが小雨が降っているので花に目が行かない。
ここで先行者二人が引き返そうとしていた。台風の大雨で木橋が横を向いてしまい渡れないのだ。ここを登ったことがある二人は沢水が異常に多いのでこの先も危険との判断らしいが、俺は靴を脱いででも沢を渡る気なので、橋より少し下を渡渉する。靴は少し浸かるが問題無く渡れた。それよりも雨が強くなり増水すれば帰れなく可能性がある。
このプレートに書いてあることを読んでいれば、この後の道間違いは無かったと思うが、写真を撮っただけだったので岩切道の文字に気付かず。白出岩切道は重太郎道と呼ばれているらしく、実際に通ってみて、よくぞこんな所に道を作ったものだと感心した。
ここまだ小雨が降ったり止んだり、カッパを着たり脱いだりであったが、気温が低いのでカッパを着ていても苦にならない。
又、橋まで引き返して正面の壁を登るとトラバース路があった。トラバース路(白出岩切道)はくさり、ワイヤーが設置してあり恐怖感はそれ程でもないが、スリリングには間違いない。道間違いでこの下の沢を歩いたがこちらの方が危ないくらいだった。
沢に下りてみると傾いた橋とその先にゴルジュが目に入る。この写真でも見えるトラバース路に気付かず、沢渡りしながらゴルジュを奥深く進んでしまう。滑滝にぶち当たりどこを登ろうかと考えている時に先ほどの二人がトラバース路から声を掛けてくれた。中年親父の俺が沢を渡ったので付いてきた様だ。
トラバースを終えて振返る。もし沢を強行軍で登ってしまっていたら、滑落しているか、ここに出ているかのどちらかだったのだろう。
トラバース路から沢を見ると先ほど間違って遡上した地点が見えた。上から見ていればバカに見えたんだろうなー。
大きな滑滝は全体に水が流れている。これも台風の大雨の恩恵か。
大滝の上に沢渡りの木橋があるのだが、登り時は薄影で書いた所に木橋があり、おっかなびっくり渡ったが下山時には橋が落ちていた。自然に落ちたとは思えず、誰かがバランスを崩して橋を落としてしまったものと思われる。
登山口から1時間30分で”白出大滝”に着く。5段にも6段にも見える迫力ある滝だ。二俣になっており手前に大きな滑滝がある。しばし見とれる光景である。
この橋から針葉樹帯に入っていく。まずはくさり場の登りで始まる。
沢の上方を見ると大きな岩峰から糸滝が見えていたが、下山時には滝は無くなっていた。
一帯はササ原の中にコメツガとトウヒが林立しているらしいが、コメツガとトウヒの区別が付かない。
くさり場の次の梯子を消化するとジグザグの急登になってくる。
登っても登っても浮石だらけのガレ場が続く。ガスが無ければどれだけ雄大な景観かと思ってしまうが、先が見えない状態での登りは修行以外の何ものでもない。時折、両側の斜面から落石の音が聞こえる。
登山口より2時間30分で樹林帯を抜け”ガレ場”の下部に出る。ガスで先が見えないし登山道もはっきりしない。マーキングは沢山あるがとても登山道には見えない。
恐ろしい程に真っ直ぐに突き抜けているガレ場。積雪すれば格好の山スキー斜面になるのかも知れない。
左右の写真は下山時、ガスが少し切れた時のもの。この石のほとんどが浮石で気が抜けない。足を置くと落石はするが斜度がきつくはないので転がっては行かない。
山荘横からは強烈な登りとなりくさり場、梯子が続く。モデルは登り時から一緒になった年寄り(?)さん。ガレ場登りの後の二人はくさり場でも息が切れてしまう。
登山口から4時間50分にて”穂高岳山荘”に着く。ガレ場登りだけで標高差780m、2時間10分も掛かってしまった。ここからは大展望が得られる様だが今日は生憎の視界ゼロ。休憩せずに奥穂に向う。
出発して6時間56分、登山口から5時間30分にて”奥穂高岳”山頂に着く。標高は日本第三位の3,190mであるがガスで高度感は無し、残念!。
くさり場、梯子を消化すると比較的穏やかな尾根道となる。誰かの慰霊碑かと思ったが、おしゃれな道標だった。
下山時に見た梯子群。これがあれば特に不安は無い。
下山時くさり場の上から奥穂高岳山荘を見る。もう少しガスが切れた時があったがチャンスを逃がしてしまった。対面には涸沢岳が聳え、これも登る予定であったが今日のガスでは登ってもしょうがないので諦める。
山荘に戻って昼飯にする。昼飯休憩10分にて下山する。下山途中から振返り見たくさり場には二人が張り付いていた。(赤丸部分)
ふと思ったこと
『日本百名山』からに書かれている穂高の全てのピークを登ってみたくなった。現在、奥穂以外は西穂に二回登っているのみ。
参考まで
BTR:バイシクルトライアル
MTB:マウンテンバイク
←下の写真のあんちゃん。ヘルメットまで
   被っているが歩きは至って遅い。
おくほだかだけ
1回目