〔064〕奥穂高岳 (3,190m)

    標高差:1,034m
累積標高差:2,701m

2008年09月12日


日本百名山に戻る

長野県岐阜県
3日目、穂高岳山荘〜西穂高岳〜新穂高:8時間58分 (休憩時間含む)
穂高岳山荘 奥穂高岳 ジャンダルム 天狗岩 西穂高岳 P・ピーク 西穂独標 西穂登山口駅 新穂高
5:48 6:25 7:25 9:04 10:54 11:36 12:04 13:02 14:46

先月、奥穂からジャンダルムを見た時、ジャンダルムのてっぺんに数名が立っているのを見て、登れるものなら是非、行きたいと思ったものだが、上高地からの最終バスに乗れるか計算が出来ず断念している。今回は新穂高側への下山であるので、R・Wにさえ乗れれば、西穂側への縦走が出来ると判断した。

日本百名山』  憧れのジャンダルムに登頂することが出来た。
Road Map  :岐阜県高山市 新穂高の無料駐車場を基点とする。
Route Map :穂高山荘を出発して、ジャンダルム、西穂、西穂山荘を経てR・Wにて新穂高に下山する。
Route Data:奥穂からは下るだけと思っていたが、岩壁登りが数多く現れた。
3日目:奥穂〜西穂、縦走
西穂山荘〜西穂高口駅
記憶では勾配の殆ど無い穏やかな道と思っていたが、大きくどんどん下り樹林帯の中、結構な勾配の道が続いた。標高差は209mであるが、距離がるので随分長い道に感じた。
新穂高R・Wで楽チン下山
西穂高口から歩いて下山するとなると標高差千m以上、3時間は掛かるらしいので当然R・W(1500円)利用とする。鍋平高原駅で乗り継いで新穂高に下りる。14時46分、8時間58分にて新穂高無料駐車場に戻る。
今日の温泉
バスターミナルまで戻り無料の”アルペン温泉”に入るつもりであったが、マイシャンプーを忘れてしまっていたので、仕方なく、前回と同じく”深山荘”(700円)に入る。内風呂は一人のみ、露天風呂では津田さんと二人だけのガラ空きだった。
1日目:新穂高〜槍ヶ岳山荘
2日目:槍ヶ岳山荘〜穂高岳山荘
3日目:穂高岳山荘〜新穂高
ウィキペディアより
ジャンダルム(フランス語で憲兵。転じて前衛峰の意)は、奥穂高岳西部にある岩稜であり、標高は3,163m。西穂高岳との縦走路途上にある。 大きく天を突く特異な形から山岳写真の被写体としてよく選ばれる。 また、ジャンダルムを登ることはザイル等の登攀器具を使わない一般登山としては本格的な経験・技術が求められる。上記の奥穂高岳のジャンダルムが最も有名だが、他にも剱岳チンネのジャンダルムなど、同じような前衛峰にこの名が付けられている。
定番の御来光を拝み(?)、昨日の反省からお弁当を頼んでいないので朝飯を腹一杯食べる。朝飯は小さいながらシャケが付いており満足満足の朝食だった。
殆どの人がまだ朝食を食事中、寂しそうなおばちゃんが一人、くさり場を眺めている。槍ヶ岳山荘から比べると登山者が随分少なかったが、それでも食堂は一杯だ。
3日目も雲一つ無く、山では『晴れれば勝ち』と思うので、これ以上の御褒美ない。緩やかに登り奥穂に向かう。
5時48分に山荘を出発、昨夜から風が強く寒い中、くさり場を登る。ここを通るのは昨年から6回目だ。
37分にて”奥穂高岳”(3,190m)に着く。奥穂では記念撮影だけとし、先を急ぐ。昨年から奥穂の山頂に立つのは4回目、俺って何て効率の悪い、下手糞な山歩きをしているんだろうと反省してしまう。
振り返れば毎日見ている景観であるが、槍君は随分遠くなってきた。あそこから歩いてきたんだからご苦労なことである。
奥穂から”馬の背”に向けて下って行く。ジャンダルムには人が立っているのが見えるが、どこから登らせてくれるんだろう。ジャンダルムが今日一番の楽しみ。薄靄が掛かっているものの、御嶽山までもがしっかりと見えている。焼岳が随分低く見えているが、この後、焼岳はどんどん大きく見える様になってくる。
どこが”馬の背”の始まりだか判らないが、岩稜越え、トラバースを繰り返しながら下って行く。
遠目では黄色矢印をトラバースするものと思ったが、登山コースはけつが切れそうなナイフリッジの先端だった。先行しているのは昨日、アドバイスを貰った縦走3回目のあんちゃん。一緒に出発したのに足取りは速い。
まだ岩がしっかりしているので、大山、剣ヶ峰程の恐怖は感じないが、両側の落ち込みは大きく、一つ間違えば只では済まない。
ジャンダルムへの登りを心配する前に、如何にジャンダルムに近づくかが問題だ。
コルに降りてからは、ジャンダルムへの登り返しとなるが、これは正にクライミングに近い。くさりに頼らず、フリークライミングの真似事をして見たが、ホールドが充分在り、垂直の壁を面白く登れた。ここを登り切ればジャンダルムの取り付きに出る。先行しているジジィー三人組は慎重に慎重に足を進めている。マナー良く、直ぐに道を譲ってくれた。ハイシーズンなら停滞が激しくなり思い通りに歩けなくなるらしい。
ジャンダルムの取り付きを南側に回り込み、てっぺんを目指すが、意外だったのがくさり、梯子が全くなかったことである。しかし、難なく登ることは出来た。登る途中の写真が無いのが悔しい。
1時間37分にて憧れの”ジャンダルム”のてっぺんに立つことが出来た。ここでも標高は3,163mあり、高さは奥穂と殆ど変わらない。槍と同じく遮るものの無い360°の大展望であるが、当然、槍とは違う景観が広がっている。
足の速い連中ばかりであるが、みなさん休憩してくれるのでその間に追いついてしまう。いつもの牛歩休憩無し歩きは平均速度が速い。ジャンダルムも最後に登ったのに、最初に下山した。
ジャンダルムのてっぺんから眺めた穂高岳山荘側、今日もアルプスの全山が見えている。
しかし、歩き始めて直ぐに追い抜かれた。何じゃ!
ジャンダルムを下り終えて、まだ休憩している連中を眺める。
ジャンダルムはこの岩稜をくさり、梯子無しでほぼ真っすぐ登った。
気持ちの良い長いくさり場を下る。写真のモデルにしようと頑張って付いて行くが、どんどん離される。
下ってきた岩稜を見る。人が入っていないので殺風景な写真になってしまった。
これから登る”コブ尾根の頭”を見る。
何度、こんな岩峰を越えたであろうか。
岩峰を登っては下り、登っては下りを繰り返しながら、トータルは下って行ってるはず。
2時間52分にて”天狗のコル”に着く。ここから岳沢ヒュッテ跡への道が着いていたが、相当な急峻だった。
先行者は天狗のコルで休憩していたので抜かしてしまうが、直ぐに抜き返される。天狗岩への登りの良いモデルになってくれた。
穂高側は大キレット程には整備されておらず、それがハイカー魂を刺激する。
兎に角、マーカーだけを見失わない様に進めば、絶対困難と言う所は無かった。
天狗岩への登り途中から下ってきた”畳岩の頭”を見る。俺って頑張っているんだなーと思ってしまう。
ピークが在り過ぎて自分がどこに居るのか判らなくなってくる。西穂だと思って登り、何度も裏切られた。目先のピークは”天狗岩”。
3時間16分にて”天狗ノ頭”(2,909m)に着く。こんなピークがあることすら知らなかったが、山頂標識が立っているくらいだから有名なのだろう。(ここまで来る人は少ないか)
縦走中のピークはこれだけではなく、
もっと沢山のピークがあった。
次のピーク、間ノ岳を見る。焼岳が少しづつ高く見える様になってきたが、周辺の山よりまだまだ低い。
間ノ岳を下り、間ノ岳の後ろに聳える奥穂高岳と前穂高岳を見る。
4時間30分にて”間ノ岳”(2,907m)に着く。
逆層スラブ取付きから”赤岩岳”を見る。この時点では西穂岳と思っていた。
逆層スラブ”の存在をまったく知らなかったが、長いくさりがあり、懸垂下降をする様に降りることが出来る。見上げると落っこちそうな岩が見え、これが逆層の謂れか。
4時間30分にて”赤岩岳”に着く。このピーク名は丁度、西穂山荘のスタッフが散歩に来ており赤岩岳と教えて貰った。展望に酔いしれているのは、今回、行動が同じとなった福井県から来られた津田さん。
逆層スラブを下り終えて、赤岩岳に登り返す。
この稜線も馬ノ背の様に鋭く尖がっている。
これから登る西穂岳を見る。西穂山荘側からの西穂まで来られる方が多いのか、山頂には沢山の人が見えている。過去2回、西穂山荘側から西穂高岳に登っているが、その時は自分がジャンダルム側を歩くとは夢にも思わなかった。(行きたいと思ったこともない。)
5時間06分を要して”西穂高岳”(2,909m)に着く。穂高岳山荘を5時に出発したはずの”百名山じじぃー”と再会する。ウエストバックに入れたカメラをどこかに忘れたと勘違いして探しに引き返したらしい。この後は殆ど聞き取れない栃木訛りを聞きながら一緒に下山する。66歳の彼は今年8月に光岳で百名山を達成したらしい。20年掛かったとか。
下山途中で”西穂高岳”を振り返り見る、綺麗な山容だ。
5時間48分にて”ピラミッドピーク”(2,740m)に着く。この辺りへは続々とハイカーが登ってくる。一様に西穂まで行って最終のR・Wに間に合うのか聞いてくるが、人の体力によるので聞くだけ無駄だ。
6時間16分にて”西穂独標”(2,701m)に着く。振り返れば相似形の西穂三山(そんなのないが)が綺麗に並んでいた。
山荘近くから最後となる穂高連山を眺める。ここまで散歩がてらに登ってくる家族組が多いが、ここからの眺めで充分と思います。
リサイズ前の写真から赤線の範囲まで”重太郎新道”が確認出来たが、岩場になってからの上側までは確認出来なかった。ここからは”笠ヶ岳”の”笠新道”もはっきり見えた。
7時間14分にて”西穂山荘”(2,365m)に着く。
山荘で少し休憩してR・W駅の西穂口まで一気に下る。
後日、福井の津田さんが送ってくれた写真
チムニー登り風のクラックを登り切った後。ここは簡単に登れて面白かった。出来れば登り途中の写真が欲しいところ。
”間ノ岳”への岩稜にアタックの図。一人で山歩きをしていると、こんな写真を送って貰えるのが非常に有難い。
”間ノ岳”からの下り途中
”赤岩岳”への登り途中。今回出会ったハイカーでつえ(ストック)を持っているのは俺だけ。誰かに”何でストックを持っている?”のと聞かれたが、これを持たないと寂しいからと答えておいた。俺は沢登りにも持っていっているがアルペンルートにつえは似合わない感じがする。
”赤岩岳”からの下り。後ろに聳えるのは”前穂高岳”と奥穂に伸びる吊尾根。
同じくジャンダルムから見た西穂側の展望。
くさりを使って登って行くハイカーを見る。
後ろの人は前の人にロープで牽引されている。前の人はガイドなのか?
間ノ岳で休憩していた津田さんが降りてくるのが見えた。
”飛騨泣き”と同様、自分がこんな危険そうな所を降りて来たとの認識がまったくない。写真で見ると恐ろし過ぎるが、怖かったとの覚えはなく、楽しく下れた。俺が鈍感なだけ!
槍ヶ岳は随分遠くになってしまったが、どんなに遠くても槍ヶ岳の山容は一目で判る。
多くのハイカーが”西穂山頂”に向かい、山頂にも数名のハイカーが見えている。さあ、最後の登りを頑張ろう。
”西穂高岳”山頂から西穂山荘側への下山ルートを見る。
”丸山”から”前穂高岳”を見ると肉眼では”重太郎新道”がはっきりと見えた。
おくほだかだけ