〔064〕奥穂高岳 (3,190m)

標高差:1,690m

2008年08月12日


日本百名山に戻る

長野県松本市安曇
上高地 岳沢登山口 岳沢ヒュッテ跡 紀美子平 前穂高岳 奥穂高岳 穂高岳山荘
6:28 6:48 8:33 11:11 11:49 13:59 14:29
登り:8時間01分(上高地〜前穂〜奥穂〜穂高岳山荘)
下り:9時間37分 (穂高岳山荘〜奥穂〜涸沢岳〜上高地)
穂高岳山荘 奥穂高岳 穂高岳山荘 涸沢岳 穂高岳山荘 涸沢ヒュッテ 本谷橋 横尾 上高地
5:23 6:00 6:50 7:14 7:47 9:25 10:48 11:51 15:00

奥穂へは'07年09月に新穂高から白出沢登山道で登っているが、山頂はガスで展望は得られなかった。
それのリベンジとして今回は上高地から重太郎新道の日帰りピストンを計画する。

ウィキペデアより
奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳などの峰々からなる穂高連峰の総称。前穂高岳以外は主に長野県松本市と岐阜県高山市の境界に位置している。主峰は奥穂高岳であり、長野県と岐阜県の最高峰である。「北アルプスの盟主」と呼ばれる。北は、大キレットの峻険な登降を経て、南岳、大喰岳の先の槍ヶ岳に連なっている。途中、涸沢岳から南岳の稜線の飛騨側には、谷川一の倉沢と並ぶ有数の岩場滝谷を擁する。南は、奥穂高岳より西穂高岳に至る痩せ尾根を経て、焼岳へと連なる。奥穂高岳より吊り尾根を経て、前穂高岳に至り、カールを降れば、上高地河童橋に至る。また、岐阜県側に穂高岳山荘から白出沢を降るか、或いは、西穂高岳からロープウェーかその下の道を下れば、新穂高温泉である。

日本百名山』  目指せ重太郎新道、目指せ高山帯。
Road Map :始発時間の早い沢渡大橋からシャトルバスに乗り、上高地に入る。
Route Map:予定は重太郎新道から奥穂高岳へのピストンであったが当日はガスが掛かり穂高岳山荘泊に変更。
一日目:前穂高岳〜奥穂高岳
昨夜は標高の高い安房峠で車中泊したので寒いくらいの涼しさの中、朝寝坊してしまい、沢渡大橋始発シャトルバスには間に合わず、二番目のバスに乗り、上高地入りする。上高地の売店は早朝から営業しており、ここで昼飯のおにぎりを買うことが出来た。気温18℃。6時28分、バスターミナルを出発する。
”河童橋”付近には既に多くの観光客が散策していた。
河童橋を渡り、右岸の散策道に入る。
吊尾根側を見ると明神岳が聳えており、奥穂高岳に続く吊尾根がはっきり見えた。数時間後には吊尾根から上高地を見ていることになると思う。
涼しい中、右岸散策道を進む。こちら側に来るハイカーは見掛けない。
登山口からは針葉樹林帯の中を緩く登っていく。
バスターミナルから20分で”岳沢登山口”に着く。岳沢ヒュッテまでが2時間、前穂までが6時間と言うことは、奥穂まで何時間掛かるんだろう。('10年、岳沢ヒュッテは再建されている)
展望の利かない樹林帯であるが、木間からは時折、上高地が見える。
今日も大気の湿度が高そうだ。
岳沢登山道には岳沢ヒュッテの道程を110分から始まって、90分、
70分と表示してあった。 ここで奥穂を日帰りすると言うあんちゃんに軽く抜かされる。 俺の1.5倍は早いスピードで駆け抜けて行った。
涸れ沢になっている ”岳沢”沿いの登山道に出ると展望が一気に開ける。
見通しは悪いものの、上高地からの距離が感じ取れる展望だ。
54分にて ”風穴”に着く。天然クーラーと書かれており、確かに冷たい風が出てくる。 休憩するには絶好のポイントであるが、今日も足が遅いので休憩せずに先を急ぐ。
見上げると吊尾根からの奥穂高岳、ジャンダルムからの西穂への稜線が綺麗に見えた。 西穂高岳側はここからは同定出来ない。
振り返ると景観が少し変わり、”焼岳”が顔を出し始めた。
岳沢沿いの登山道は自然石で綺麗に整備されており、当時の労力が伺える。
岳沢ヒュッテ跡を過ぎると悪名(?)高き北アルプス三大急登の
重太郎新道”に入る。 早速、垂直に近い壁に掛かる長い鉄梯子が迎えてくれた。
1時間57分にて”小屋見峠”と書かれた地点に着く。 峠感は無く、ここから岳沢ヒュッテが見えるだけの様だ。 2時間05分で”岳沢ヒュッテ”に着くが、積雪で倒壊したらしく、今は敷地跡が残っているだけ。簡易トイレが設置してあった。
今日も調子は悪くないのだが、登山口に表示してあった2時間より時間が掛かっている。この調子では奥穂日帰りは難しいか?
('10年に岳沢ヒュッテは再建されている。)
右から奥穂、ジャンダルム、西穂の稜線を見上げる。天気は最高であるが、これが続かないのが山の天気。
毎日、午前中は晴天となり昼前からガスが上がってくる。今日はどうなるか。
展望は終始良いが、同じ景色が見えているだけ。 ハイカーが立っている向こう側が急激な落ち込みになっている。 下山者は多いが登って来る人は居ない。
岩登りに近い崖を登っていく。 体力さえあれば面白い道であるが、中年を超えたおっちゃんには息が切れるだけ。
次は長いくさり場、下山者通過を待つ間、休憩するが、全員通過までは待ち切れず、横から這い上がる。
見上げる斜面に鉄梯子が二つ掛かっている。 風穴手前で会った、駆け
登っていったあんちゃんがたたずんでいた。話ししてみると、家から帰
って来いの電話があったらしい。何があったのかは聞かなかったが、
本人は登ろうか、下ろうか悩んで動こうとしない。
聞きしに勝る重太郎新道を2時間近く這い上がり、”前穂高岳”が見える様になってきた。 きつい登りはまだまだ続きそうだ。
くさり場の上から下山者を見る。
お前ら何をもたもたしとんじゃえ!
前穂高岳を見上げる。 ”いい山だ!”と思う前に ”きつそうな登りだ”と思ってしまう。
焼岳が低く見える様になってきた。 下山者が続々と通過して行くが、誰もがここを登りには使わない、使いたくないと言っていた。 しかし、日帰りするには使うしかないのだ。
疲れていなければ面白い所なんですがねー。
アスレチックな小さな岩峰が次々出て来る。
中々、楽にはさせてくれない。
4時間43分、息も絶え絶えで”紀美子平”に着く。 多くのハイカーが休息しているが
全て下山者。 紀美子平は広場になっていると思っていたが、単なる分岐点だった。
紀美子平から前穂高岳への登りを見上げると、地図上での距離から簡単に行けそうと思ったことに反省してしまう。
5時間21分にて”前穂高岳”(3,090m)に着く。足が思うように動かず、紀美子平から38分も掛かっている。生憎、山頂には誰も居なかったので寂しくオートで写真を撮っておく。
前穂への登り中に奥穂を見るとガスが出てきていた。 定番通りの山の天気だ。 ガスの奥穂に登ってもリベンジにはならないので、作戦変更して小屋に泊まろうと思う様になってきた。 天気もそうだが、重太郎新道をもう一度通りたくない気持ちも大きく影響している。 (明日、天気が崩れれば全てはパーだが)
前穂高岳と吊尾根縦走路を見る。紀美子平からの前穂への斜度のきつさが良く判る。
俺は今、生涯行くことは無いだろうと思っていた ”吊尾根”の真ん中に立
っている。 吊尾根から”涸沢”が見える様になってきた。小屋泊まりにす
るなら重太郎新道からは下らず、ザイテングラードから涸沢側に下りたい。
7時間31分を要して”奥穂高岳”(3,190m)に着く。予想通りにガスガスでリベンジならず。予定通りに小屋泊まりとし、明日に期待を掛ける。現在、13時59分、リベンジ出来ていたとしても日帰りで上高地18時の最終便に乗るには不可能に近い。(それは前穂を登ったから)
上高地から吊尾根が見えていたように、吊尾根から上高地が見えている。
それにしても重太郎新道の尾根の勾配のきついこと。
これを知っていれば登りに使う人は居ないわなぁー。
山荘に着いたのが14時29分、涸沢岳に登る時間は充分あるが、疲れて
そんな元気は出てこない。ビールを呑んで時間潰しに周辺をうろうろする。
写真は昨年、日帰りで登った山荘裏の”白出沢”。 かなりきつかった記憶
があるが、重太郎新道よりはマシだったかなーの感じ。
8時間丁度で”穂高岳山荘”に着く。 大企業は盆休み中であり、山小屋は込むだろうから、小屋泊りは考えなかったが、小屋泊りを決めた以上、早めに小屋に行き宿泊を申し込む。 受付では取敢えず布団一枚に二人と言われたが、状況を見て変更します。 とも言ってくれた。
久し振りの小屋泊り
やはり続々と宿泊者が入ってくる。夕食は2回に分けられて食べる。焼きサバが付いて美味しい食事だったが、肩が触れ合うようなぎゅうぎゅう詰めの席が嫌だった。結局、布団は一人一枚となり、隣も空いているゆっくりスペースとなった。風呂に入れず、着替えも無しで寝るのには辛いものがある。が、疲れから20時過ぎには爆睡モードに入ってしまう。
ペルセウス座流星群
あくる日に知ったことであるが、0時頃に流星群を見る為に空を眺めた人が多かったらしい。星空で5〜6ヶは見れたが、その後は雲で隠れてしまったらしい。その頃、我輩は夢の中だった。
今回の遠征
8/10 8/11 8/12 8/13
位山 笠ヶ岳 前穂〜奥穂 奥穂〜涸沢岳
おくほだかだけ
吊尾根から奥穂高岳への登山道がはっきり見えていたが、見えない方が良かったかも。
前穂高岳からは素直に紀美子平に降りるつもりが、全然、違う所に下りてしまった。
紀美子平より進んだ縦走路に降り立つ。 ここから ”吊尾根”が始まる。
今日の山頂に向かって標高を稼いで行く。 ガスの濃い方に向かっている。と言う寂しい感じになってしまった。
穂高山荘からの登山道と合流し、ハイカーが急に増えて来る。
”奥穂高岳”の登頂記念撮影は順番待ちとなる。
”穂高山荘”へ降りる最後のくさり場、梯子場を見る。
穂高山荘のテラスからみた涸沢。 昨年、このテラスに来た時にはガスで何も見えなかった。
時間潰しの散歩時に昨年、ガスの中で往復した浮き石地獄と呼ばれている
”白出沢”を見てみる。 その時に晴れていれば今回の山登りは必要なかったのに・・・