〔064〕北穂高岳 (3,106m)

累積標高差:1,205m

2008年09月11日


日本百名山に戻る

岐阜県、長野県
2日目、槍ヶ岳山荘〜穂高岳山荘:8時間15分(休息時間含む)
ウィキペディアより
大キレットは、南岳と北穂高岳の間にあるV字状に切れ込んだ岩稜帯である。この縦走ルートは、痩せた岩稜が連続し、長谷川ピークや飛騨泣きといった難所が点在する。近年、関係者の尽力により、足場の設置等の措置が施され、以前に比べて危険度は減少した。それでも毎年数名の死亡者と多数の負傷者が出ており、国内の一般登山コースとしては、今なお最高難度のコースの一つであることは間違いない。また、高校の山岳系の部活などが行ってはいけないルートとして大キレットを指定している県もある。
Road Map  :岐阜県高山市 新穂高の無料駐車場を基点とする。
Route Map :2日目は槍ヶ岳山荘を出発して南岳、大キレット、北穂高岳を縦走し、穂高岳山荘にて宿泊する。
Route Data:大キレットの落ち込みは南岳側が286m、北穂側が352m。
槍ヶ岳山荘 中岳 南岳 長谷川ピーク A沢のコル 北穂高岳 涸沢岳 穂高岳山荘
6:00 7:03 8:10 9:55 10:05 11:58 13:57 14:15
大キレットを堪能する
全穂高岳制覇
今日、北穂を登ることがで出来たので小さな目標だった”穂高と名の付く山”を全て登ったことになる。
明日は奥穂、西穂を通るので、奥穂は4回目、西穂は3回目の登頂となる。
穂高岳山荘泊

今年8月に涸沢岳山頂でダイビングの話しをしたアルバイターの女の子はまだ働いていた。挨拶すると覚えてはいてくれたが、嬉しそうな顔はしてくれなかった。
テラスでビールパーティ
昨日、槍平小屋で出会った百名山じっちゃんは、槍ヶ岳山荘を5時に出発したらしく、既に部屋でくつろいでいた。その他の人も集まってテラスで高いビールを飲みながら山談義に花を咲かす。
ジャンダルムの情報収集
登山地図を見ると奥穂から西穂間は破線で表示され、一般の登山道でないことを表している。ここを2回通ったことがあると言うハイカーに聞いてみると、大キレットより相当危険らしい。でも俺はジャンダルムのてっぺんに立ちたいので行ってみる決意は変わらない。
1日目:新穂高〜槍ヶ岳山荘
2日目:槍ヶ岳山荘〜穂高岳山荘
3日目:穂高岳山荘〜新穂高
山小屋の朝は早い、5時前後には多くの人が朝食を食べずに出発している。山荘で朝食を食べる人はご来光を今か今かと待っている。外は気温1℃、寒い。
5時20分に、お陽さんが顔を出した。今日も雲一つ無い晴天だ。朝飯を食べて6時丁度に出発する。今日は穂高岳山荘まで行きたいが、北穂高小屋泊まりになる可能性もあり。
25分で”大喰岳”(3,101m)に着く。ここまでは緩やかな稜線歩きだった。
昨日、登って来た飛騨乗越に下り、大喰岳(おおばみだけ)に向かって稜線を登る。標高のせいなのか、歳のせいなのか、やたら息が切れる。
振り返ると”アルプスの展望台”としての槍ヶ岳が聳えている。ここからも360°の大展望だ。
ここから穂高側を見ると穏やかに稜線が続いているだけに見えるが・・・
次のピーク”中岳”(3,084m)へは一旦下って登り返す、いい山容だ。
二つの鉄梯子を登ると中岳山頂に出る。先行している紫色のカナブンは4年前に滝谷を登攀したと言うクライマーだ。25kgのザックを背負っているのに足取りは速い。
1時間03分にて”中岳”(3,084m)に着く。
肉眼では富士山を初め、乗鞍岳の奥に御嶽山、笠ヶ岳の向こうに白山も綺麗に見えていた。
中岳山頂より”笠ヶ岳”(2,898m)を見る。紫色のカナブン君に笠新道を教えてもらう。場所を教えてもらうとジグザグの登山道が確認出来た。
1時間35分にて”2986mピーク”に着く。山名くらい付けたれよ!と思う。槍が随分遠くになってしまった。
1時間50分にて”天狗原分岐”着く。ここから氷河公園、天狗池に行ける様だ。昨年、逆さ槍が見れると言う天狗池に行ってみたが、単なる水溜りだった。写真の”喪黒福造”風の人は東京から来られた人で、この後、付かず離れずで北穂高小屋まで一緒する。
天狗原分岐から南岳までは緩やかな登山道が伸びている。しばしの高山トレッキングが楽しめそうだ。ここらで日焼け止めを塗っておく。
2時間10分にて”南岳”(3,033m)に着く。
南岳小屋に降りる途中、いつもネットでお世話になっている”定点カメラ”を見付けた。定点カメラと同じ位置から写真を撮っておく。ネット上にもこの晴天が写っているはずだ。今日、行動を共にしている二人は小屋で休憩仕出したが、おいらは足が遅いので休憩無しで先を急ぐ。
獅子鼻”に登り南岳小屋を見る。槍平小屋と同じく、中途半端な位置に建っているので、多くのハイカーは休憩だけして通り過ぎてしまう様だ。南岳の山容もピーク感が無く、人気は薄い様だ。
小屋前には気象条件による大キレット通過の難易度が表示されており、今日は当然、”レベル−1”の表示だった。
獅子鼻より大キレットを見る。難所とは言われているが、ジジババも通っているので、おいらにも通れないことは無いだろう。とは言うものの安易に考えている訳ではなく充分、気を付けて挑みます。
垂直に近い壁をマーカーに従って下って行く。今日は山仲間が一緒でないので写真が実に詰まらなくなってしまった。
下りて来た南岳側の壁を見上げる。下降は更に続いている。
下り途中から”長谷川ピーク”、”飛騨泣き”を見る。
南岳小屋で休憩していた喪黒福造氏が追い付いてきた。
足が速い!
下ってしまえば稜線を歩いて北穂への登りだけと思っていたが、その考えは甘かった。足の速い喪黒福造氏に先行して貰う。
下り切って南岳側の岩壁を振り返り見る。リサイズする前の写真からはマーキングが確認出来、
下って来たルートを示すことが出来た。
左写真の拡大には二人のハイカーと途中の鉄梯子が写っている。
登山道は鋭い尾根をトラバースすることなく、常に先端を歩く様になっていた。
”コイが餌を求めて口を開けている”様に見える岩壁を何度も眺めてしまう。あれが”獅子鼻”?。
長谷川ピーク”から振り返り見る。
長谷川ピークから下り、”飛騨泣き”に入って行くが、どこからどこまでが飛騨泣きなのか判らない。昨年、槍ヶ岳山荘で会った人は飛騨泣きが最大の難所と言われていた。
ここも飛騨泣き?。喪黒福造氏が携帯で撮ってくれた貴重な一枚。山仲間が一緒ならこんな写真が一杯撮れたのに、今回は二人共、体調不良で参加出来なかった。
ナイフリッジを消化していよいよ350mの壁を登る。
どこから何時に出発したのだろうか、よたよたと先行していた老人三人組みが道を譲ってくれた。お歳を聞いてみたが教えてくれなかった。見掛けでは70歳前後と思われる。
先行している二人は今日の同行者。
本来は楽しい岩峰登りなのだが、ここまの登り下りの繰り返しで疲れて来た。大キレット越えに必要なのは体力だ。前方に頑張る喪黒福造氏が見えている。
北穂への最後の急登。標高差があっても垂直に近い登りなのであっと言う間に登ってしまう。
5時間18分にて”北穂高小屋”に着く。ここで槍ヶ岳山荘で作って貰ったお弁当を開くが、混ぜご飯を固めただけで、味もまったく美味く無い。これで千円とは大損扱いた感じがする。喪黒福造氏は小屋にスパゲティを頼んだが、陶器の皿で出てきたスパゲティは滅茶苦茶美味そうだった。あぁ、弁当なんか頼まず、小屋でラーメンを食べる方が良かった。今日、行動を共にした二人はここに泊まるらしいので、この先は一人になってしまう。小屋から6m登れば”北穂高岳”(3,106m)だった。
北穂山頂から眼下に昨日、休憩だけした”槍平小屋”が見えた。
槍平小屋から南岳小屋への道はこの標高差を一気に登るんだろう。
同じく北穂山頂から”飛騨泣き”を見る。とても人が通れる様には見えない程、鋭く尖っている。何故か自分がこんな危ない所を通ってきたという感覚がまったくない。
大キレットを抜けて安心していたが、北穂からの下りも相当なものだった。
涸沢岳を見る。山頂部から下りて来る人が二人見えた。
これまでオコジョ”を見ること3回目、遠めながらついに写真に撮ることが出来た。最初、目の前に居たのだが、素早く走り出し、遠くで顔を出してくれた。
7時間06分にて”最低コル”に着く。眼下に見えるのは涸沢小屋。ここから涸沢岳への急登が始まる。
涸沢岳への岩峰。左奥に見えているのは奥穂高岳。
男は黙って登るだけ。女は文句を言いつつ登るだけ。
くさり場と鉄梯子が続き、勾配は相当なもの。しかし、ここも垂直に近い壁なので短時間で登れてしまう。
登り途中で振り返ると、高度感が凄い。高度恐怖症の人は行かない方が良いですよ。
7時間57分にて”涸沢岳”(3,103m)に着く。
1ヶ月前に登ったが、無駄なことをしてしまった。
穂高岳山荘”には2時15分に着く。今日の休息をも含めた行動時間は8時間15分、心配する程、時間は掛からなかった。山荘で受付を済ませてビールを呑む。
2日目:槍ヶ岳山荘〜穂高岳山荘
槍ヶ岳山荘”をズームアップ。
自分が下っている時はなんとも思わなかったが、他のハイカーが下りて来るのと見ると、危ない所だなーと思ってしまう。
数十分後にはここまで登っているのだろう。
先程、おいらが飛騨泣きの岩壁を下った様に二人のハイカーが下っているのが見えた。
”涸沢岳”への登り途中で奥穂側の展望が開ける。ここからは穂高山荘は見えていない。
”最低コル”から下って来た”北穂高岳”を見る。槍ヶ岳は随分と遠くになってしまった。