〔059〕薬師岳 (2,926m)

標高差:1,576m

2005年10月21日


日本百名山に戻る

富山県大山町
折立登山口 三角点 太郎平小屋 薬師峠 薬師岳山荘 薬師岳
6時45分 7時50分 9時20分 9時42分 10時50分 11時38分
登り:4時間53分
下り:3時間24分 (早歩き、休憩無しで下山する)
薬師岳 薬師岳山荘 薬師峠 太郎平小屋 三角点 折立登山口
12時20分 ---- 13時28分 13時46分 14時55分 15時44分

折立の薬師岳登山口、休息所とトイレがある。ロングコースとしては遅い6時45分に出発する。

折立登山口の駐車場。先行車が1台あるが人影は見当たらないので昨日に登っているのか。周辺の山は紅葉が随分進んでいる。

三角点からは穏やかな道が続き、高山植物保護の為に道が整備されているが、浮石が多く歩き辛い。日影は霜で白くなっており滑り易く注意を要する。

2時間歩くと草原の遠くに太郎平小屋が見えてきた。小屋まではまだ遠く、時間が掛かりそう。

2時間35分で”太郎平小屋”に着く。ここまで休憩無しだったので、
朝食にミツマメゼリーを食べて小休憩する。小屋の人に明日の天気を聞くと、明日は寒波が来て雪になるとか。

太郎平小屋からは穏やかな木道が続いた後、薬師峠キャンプ場のある鞍部へ少し下る。

小屋が黒部五郎岳、雲ノ平の分岐点になっている。明日の天気が良いなら、小屋に泊って黒部五郎岳に登る予定だったが、天気が悪く、まして雪が降
るなら一山で終えておく。
トータル:8時間59分 (山頂での42分休息時間含む)

紅葉も終末なのか登山道は紅葉、黄葉の落葉で敷き詰められており雰囲気は中々よろしい。

1時間にて標高1、871mの”三角点”に着く。ここで一気に展望が開ける。人物は先行車の人で、昨日に折立に入っていたらしい。

三角点から見た剱岳と少し顔を出している立山。通称が三角点らしいが、何か山名を付けてやればと思ってしまう。

遠くではあるが白山が見えている。

振り返ると”有峰ダム湖”と靄っているが日本海が見えた。

薬師岳が見えてきた。山頂が白いのは雪が積もっているのではなく、白い砂の為。一番高く見えるところは薬師岳ではなく、真ん中の少し低く見えるところが山頂。

ロングコースではあるが、雲一つ無い好天気の中、景観を眺めながらの歩きは精神的に楽である。
これがガスっていたらどれだけ苦しいか。

歩いて来た道を振り返る。木道、石畳の道が延々と続いている。

涸れ沢の急登を登り切ると、穏やかな”薬師平”に出る。
ここから見る薬師岳はカールが広がりすばらしい景観である。

「日本百名山」から
立山の弥陀ヶ原まで上がってきて、まず眼を惹くのはこの薬師岳だろう。
南北に長い山の背を弥陀ヶ原からは縦に望むことになるので、山の形が引締まって、堂々とした貫禄のある山に見える。そのボリュームの大きさを満喫するには、雲ノ平から望めばいい。

前日の移動
有峰林道は交通規制があり20:00〜6:00の間は通行出来ない。金曜日に会社を休んで移動日とし、金曜日に折立登山口に入って土曜日に早立ちしようと思っていたが、土曜日は天気が崩れるとの予報から金曜日に登ることにした。
北陸自動車道、立山インターを0:50に降りて、有峰林道ゲート前の駐車場で車中泊とする。

当日は
目覚めるとゲート前には道路工事用の重機、トラックが並んでいた。6時にゲートが開く。料金は1800円、クソ高い。前の晩から待っているのに一番どん尻の出発となり、ミキサー車の遅さにイライラするが、抜く程の道幅はない。
6時40分に折立登山口に着く。先行車は1台だけ、昨日に登っているのか人影は見当たらない。

涸れ沢の登山道は道らしい道はなく沢を登るだけとなる。
日影では清水が凍っており滑るので要注意。

日帰り出来そうな山として光岳と薬師岳が残っているが、光岳は樹林帯を延々と歩くイメージがあり、今年最後の山になるなら高山帯の山に登りたいので、薬師岳に行くことにした。薬師岳は歩行距離が片道10km近くあり、日帰りに向いていない山であるが、アルプス入門の山として紹介されており、日帰りしている人も沢山居るのでチャレンジしてみる。

高度を稼いで行くとシラビソ、ブナの樹林帯となり、登山道には根っこがむき出しの部分が多くなる。斜度的にはきつい箇所はなく歩き易い。

キャンプ場を過ぎて涸れ沢を少し登った地点から振り返る。
太郎平小屋からの穏やかな道と鞍部への下りが良く判る。

薬師平までは3時間25分、お花シーズンならさぞ咲き誇っていると思われる草原が広がる。草原の向こうには黒部五郎岳、槍ヶ岳、穂高岳が聳えている。三角点で一人抜いた後は、誰も登山者が居ない、この分だと前回に続いて山頂では一人切りになってしまいそうだ。

薬師平から見た薬師峰全景、ここから薬師岳山頂は見えていない。左側の尾根筋から登り稜線を歩いて行く。

山頂に向けてガレ場を登って行く。薬師岳山荘は手前のピークの向こう側。

4時間05分で”薬師岳山荘”に着く。
営業は既に終わっており小屋は封鎖されている。

ケルンへの急登途中から薬師岳山荘を振り返り見る。

黒部五郎岳の向こうに左から笠ヶ岳、焼岳、乗鞍岳が見てとれる。この並びは薬師岳からしか見られないだろう。

4時間35分を要してケルンのある山麓から見て一番目立つ白いピークに着く。ケルンのピークから太郎平小屋を振り返る。

同じくケルンのピークから有峰ダム湖を見る。雄大な景観である。

ケルンのピークから薬師岳山頂までの尾根道を見る。
一見、危険そうに見えるが危険箇所はまったくない。

尾根からは雄大なカールが広がる、どこを見ても絶景だ。

祠のある薬師岳山頂が見えてきた。

11時38分、4時間53分を要して”薬師岳”(2,926m)に着く。
気温は10℃、風が少しあり寒いが、風裏に入るとポカポカと暖かい。
ここまでも、山頂にも誰も居なかった、寂しい。

平日の百名山とは言え、誰も居ないのは想定外であった。最近、三脚は荷物になるので持ってきたことが無い。石を積んで三脚代わりにするが中々水平が出てくれない。自分撮りを3枚するが、山頂での休息時間のほとんどが石積み時間であった。おにぎり2ヶを食べて昼飯にする。

薬師岳山頂から立山への縦走尾根を見る。立山までは何時間掛かるんだろう。今日ほどの天気なら縦走も楽しいと思う。

口で説明しても判ってくれないこの大展望を写真に残したいと思い、5枚の写真を繋げる。パソコンソフトでは巧く繋がらず、手動で繋げた。(繋ぎ目、判ります?)

薬師岳山頂から同定出来た山を地図上から拾ってみる。富士山も山頂部がかすかに見えていた。クリックすれば拡大します。

下山
久し振りに山頂でゆっくりして下山する。雲一つない晴天であったが、序々に雲が多くなってきた。同じ道を下るだけなので、小走り的早足で時間短縮を図る。薬師岳山荘で朝、三角点で会った人と再会した。
薬師峠のキャンプ場にテントを張ってから登ってきたらしいが、かなりのゆっくりペースである。明日の天気の悪さを伝えるが、キャンプして帰るらしい。
三角点を過ぎた辺りで女性二人のハイカーを抜かすが、どこから現われたのか不思議で聞いてみると、出発が8時と遅く、山頂に登らずに引き返しているとか。勿体無い。
下りは休息無しで3時間24分、全行動時間9時間で薬師岳を終える。気温の低さと相まって、前回の笠ヶ岳から比べると楽な山ではあったし、同じ様な歩行距離でも平ヶ岳より随分楽しい山であった。

今日の温泉
帰路途中に”亀谷温泉”があるが、600円と高く拘りに反するので温泉に入らずに帰る。(連登なら入っているが・・・)
今回は有峰林道の1800円が余分な出費だったので山小屋でもビールを呑まず、温泉も始末して帰る。
晴れてこそ山登り
誰もがそう思うように山に登って展望が得られなければ、それは重労働をしただけに終わってしまう。
会社を休んででも、金を掛けてでも晴れた日に登るべきで、安く上げる為に雨の日でも我慢して登るこ
とはしたくない。
やはり山登りは重労働
5時間、眠いのを我慢して車を運転し、おにぎり2ヶで8時間歩き続け、その日の内に5時間掛けて帰る。
いつも思うのが、人に言われるまでもなく ”こんなことをして何が楽しいの?”である。
はっきり言って楽しくはない、やめられないだけである。
Road Map :北陸自動車道を立山ICで下りて、有峰林道から折立登山口へ。
Route Map:折立登山口から往復。
日本百名山』  問題は有峰林道の通行料の高さと時間規制。
やくしだけ
太郎平小屋”から見た薬師岳方向。ここから見えているのはケルンのある白いピークのみ。