〔056〕鹿島槍ヶ岳 (2,889m)

標高差:1,757m

2005年09月17日


日本百名山に戻る

長野県大町市
大谷原 林道終点 高千穂平 冷乗越 冷池山荘 布引岳 鹿島槍ヶ岳
5時58分 6時40分 8時18分 9時08分 9時20分 10時15分 10時55分
登り:4時間57分
下り:4時間22分
鹿島槍ヶ岳 布引岳 冷池山荘 冷乗越 高千穂平 林道終点 大谷原
11時19分 ---- 12時28分 ---- 13時23分 14時48分 15時41分

前日の移動
五竜岳下山後は温泉で汗を流し、白馬駅前で夕飯を食べてから鹿島槍登山口の大谷原まで移動する訳であるが、五竜岳と鹿島槍は隣り同士の山であり縦走しても5時間程の距離なのに、登山口は五竜遠見尾根を中心にぐるっと一周する感じで周り込まなければならない。

大谷原登山口
登山口の駐車場と言うより、河原遊び、渓流釣り者用の駐車場があり、綺麗なトイレもある。駐車場から橋を渡った林道ゲート前には数台の車を停めるスペースがあり、先行車が2台停まっていたが、その間に割り込んで車を停める。周辺はキャンプ禁止となっているが、河原では焚き火を囲んで遅くまで騒ぎ声が聞こえていた。
大谷原からの赤岩尾根の登山道は展望が利かない急登が続くので嫌われているらしいが、柏原新道の登山道は距離が長く日帰り出来そうにないので、今回は躊躇わず大谷原登山口を選んだ。

ゲートを越えて大冷沢沿いに歩き始める林道は広く立派な道であり、何故、車は進入禁止になっているのかは判らない。

流失した道路は復旧が終わっており問題はなかった。

大谷原にて大冷沢の橋を渡ると林道ゲート前となり狭いスペースに車を停める。

赤岩尾根も終盤になるとガレ場となり、崩落帯のトラバース路も出てくる。

冷乗越からすぐ近くに見える冷池山荘は鞍部まで大きく降りて登り直しとなる。

縦走路を”布引岳”に進む。吹き抜ける風が涼しく気持ちが良いが、直登の登りは息が切れる。

4時間17分にて”布引岳”(2,683m)に着く。
ヤセ尾根の先には鹿島槍ヶ岳の南峰が見える。

鹿島槍への道は真っ直ぐに伸びる。登り時にはこれだけ晴れていた尾根道だが下り時には一変して幻想的な姿を見せてくれた。

4時間57分で”鹿島槍ヶ岳”南峰(2,889m)に着く。
トータル標高差1,891mは流石に堪えた。
トータル:9時間43分 (休息時間含む)

林道途中から見えた山容であるが山名の特定は出来なかった。

林道を42分歩くと林道終点となり堰堤の中にあるトンネルを抜けて右岸に渡る。

珍しい堰堤下のトンネル、中には小窓があり沢の流れが見える。増水時は沢水が逆流しそうな感じである。

林道終点からは”赤岩尾根”の急登となり、木製の梯子、階段が数え切れない程出てくる。樹林帯で風が通らず蒸し暑い。

全般に展望の利かない赤岩尾根であるが、所々からは鹿島槍の山容が見て取れる。
距離が近い分、登りの勾配はきつく、標高をどんどん稼いでいく。

8時18分、2時間20分で展望の良い”高千穂平”に着く。
ここには登り、下りの3グループが休憩していたが、休憩無しで通過する。展望の良い場所は下から風が吹き上げ涼しい。

崖っぷちの道ではあるが危険箇所はない。

9時08分、3時間10分を要して”冷乗越(赤岩尾根分岐)に着く。
ここで展望は大きく開け、西に立山連峰、南に爺ヶ岳、北にこれから登る布引岳、鹿島槍ヶ岳が望める。

3時間22分で”冷池山荘”に着く。山荘手前には小さな冷池があるが、汚い池なので冷たいかどうかは確認しなかった。

布引岳途中から振り返った”爺ヶ岳”(2,670m)の山容。赤岩尾根から登る人より爺ヶ岳から縦走して来る人の方が多いようだ。

南側から見る”鹿島槍ヶ岳”は名前にそぐわず槍の感じが薄い。

3連休でもあり、山頂には沢山の人が休憩していた。
五竜岳から縦走して来た人、これから五竜岳に向う人も多い。

下山時、ヤセ尾根がオリフィスとなってガスをどんどん作っていく現象を見ることが出来た。実際にはガスに激しい動きがあり幻想的な光景であった。個人的には感動してしまい、写真を何枚も撮る。

コース中に水場が無い
林道のゲート近くには湧き水があるが、登山道に入ると五竜尾根と同じく水場が一切無い。
今日も900ccのペットボトルを2本持っていったが、下り終える頃には無くなっていた。

今日の温泉
白馬駅前まで戻り”岳の湯”に入る。入浴料は400円と安いが、サウナが付いており湯船も
広いが露天風呂は無い。うれしかったのはサウナ用の水風呂があったことで、水風呂で痛めた
足を充分冷やせたことである。みみずくの湯とは直ぐ近くなのに泉質はみみずくの湯の様なぬ
るぬる感はまったくなかった。普通の循環風呂の感じ。
雑記 五竜岳と同じくロングコースの上に登り返しが多く、体力的にきつい面があるが、景観の良さに助けられ て、平ヶ岳や巻機山の井戸尾根の様な嫌味な感じはなかった。むしろ違う季節にゆっくり来たい山である。 赤岩尾根の下りは昼を回っていたが、団体さんを含めどんどんと登ってくる。皆、3連休を利用しての 小屋泊りであろうが、この人出を見ると日帰りにして良かったとつくづく思う。 小屋に泊る時は平日に、悪くても連休だけは外したい。

立山連峰は見えていたが、直ぐ隣りの”五竜岳”はガスで見えなかった。しばらくガス待ちをしていると一瞬だけガスが切れてくれた。その時には北峰は姿を見せてくれなかった。

常識の無い馬鹿親父
馬鹿親父A
:山頂標識での記念撮影を楽しみに登って来た人がこれだけ沢山居るのに、
その山頂標識の前に座り、何のためらいも無く弁当を食べ始める馬鹿親父。
馬鹿親父B:ビデオカメラを手に相方に”ビデオだからじっとせずに動いて動いて”と
演技指導を始める馬鹿親父。
馬鹿親父C:ビデオカメラを向けられて硬直していたが、演技指導で右へ左へ歩き始め
”声も入るんだから”と言われ、万歳三唱する馬鹿親父。
馬鹿親父D:こいつらアホちゃうか!と一部始終を見ていた俺様。

誰かがネットに書き込んでいたが、山でのマナーは若者の方が良いのは俺もよく感じた。

山頂より見た左、立山連峰、右、剱岳。4年前、相棒に立山に連れて行ってもらった時は山のことを何も知らず、立山からここ後立山を
見ていたはずであるが、遠くに山があるなーとしか感じなかった。次は剱岳から後立山を見るのが楽しみとなる。

「日本百名山」から
鹿島槍は私の好きな山である。高い所に立って北アルプス連嶺が見えてくると、ます私の眼の探すのは、双耳峰を持ったこの山である。北槍と南槍の両峰がキッとせり上がっていて、その二つをつなぐ、やや傾いた吊尾根、その品のいい美しさは見倦きることがない。

Road Map :国道148号沿線から後立山の三山を登る。
Route Map:大谷原から林道を歩き、赤岩尾根を登る。
今回の遠征
09/16 09/17 09/18
五竜岳 鹿島槍ヶ岳 白馬岳
日本百名山』  赤岩尾根の登りはきつかったが、山頂からは北アへの大展望が得られた。
かしまやりがたけ