〔055〕五竜岳 (2,814m)

標高差:1,314m

2005年09月16日


日本百名山に戻る

長野県大町市
黒菱駐車場 八方池山荘 八方池 唐松岳小屋 最低鞍部 遠見尾根分岐 五竜山荘 五竜岳
5時53分 6時33分 7時20分 9時00分 ---- 10時45分 10時48分 11時44分
登り時間:5時間51分
下り時間:5時間15分
五竜岳 五竜山荘 遠見尾根分岐 最低鞍部 唐松岳小屋 八方池 八方池小屋 黒菱駐車場
12時07分 12時47分 ---- ---- 14時25分 15時56分 16時45分 17時26分

「日本百名山」から
それはまるで岩のコブだらけの筋骨隆々といった上体を現している。(略)更に立派な五竜岳を見たい人は唐松岳の上から眺めることだ。そこからの五竜は壮大である。越中側の餓鬼谷の底から頂上まで一気にせりあげた姿勢は実に堂々としている。

前日の移動
会社を終えて19時に出発し、高速道路を早く走っても深夜0時より早くは着かないであろうから、120km/h前後で走り切る。糸魚川インターを0時半に出て国道148号線を走り、八方スキー場の林道終点、黒菱駐車場に着いた。 八方スキー場
若い頃、八方へはスキーシーズンに何度も訪れており、スキーは下手糞なのに空いている上級者コースの黒菱、兎平まで上がり、整地されていないゲレンデをもがき苦しみ滑り降りたものだった。朝、起きて雪の無いゲレンデを眺めてみるとその当時と変わらない雰囲気が残っており懐かしい。                                                            八方尾根からの登山
リフトを乗り継ぎ八方池小屋から登り始めるのが一般的であるが、夏季のリフト運転時間、特に平日は8:30〜16:30しかないので今回は時間稼ぎで駐車場からの自力歩きとする。

駐車場横にある黒菱第3ペアリフト乗場、この後に古いが綺麗に掃除されたトイレがある。

林道は更に延びているが一般車は黒菱駐車所でクローズされている。
5時53分、ゲートを通り、林道を歩き始める。

林道終点、黒菱の駐車場。先行車が3台停まっているが人影は見当たらない。前日に泊りで登られているのか。

左端の落込みが不帰ノ嶮、天狗ノ頭(2,812m)、鑓ヶ岳(2,903m)、杓子岳(2,812m)、白馬岳(2,932m)更に北側(写真で右側)まで縦走路が続いているらしい。

東京からの女の子二人
八方尾根は一人で独占と思っていたが、前に女の子二人が歩いており、八方池のところで追いついた。
東京から来て、前夜は八方池山荘に泊ったらしい、道理で俺より先に歩いているはずだ。
今夜は五竜山荘に泊るらしく二泊で五竜岳に登るとか。俺は日帰りだと言うと、”冗談でしょう”と
相手にしてくれなかった。ゆっくり話している時間がないので先を急ぐ。

1時間47分歩いた地点から振り返り見た八方尾根。八方池が見えている。ガスが後を追っかけて上がって来た。

八方尾根のこれからの登りを見ると、まだまだ先は長い。ただ、尾根筋をトレースするのではなく、トラバースしているのでアップダウンは比較的少ない。

八方尾根も終盤になるとガレ場の崩落帯に出る。繊維で出来たネットで覆っているが落石防止には約に立ちそうにない。落石が怖いのでさっさと通り過ぎる。

9時丁度、3時間07分で”唐松岳山荘”に着く。

唐松山荘に出ると西面の展望が開け、”立山連峰”、”剱岳”の大パノラマが広がる。

トラバース途中から見た”唐松岳山荘”

トータル:11時間33分

林道をリフト2本分歩くと40分で八方池山荘に着く。
天気は良くなり眼下には雲海が広がる。

八方池山荘から第三ケルンまではトレッキングコースとなっている。(クリックで拡大します)

3日後に登る予定の”白馬岳”。本当にあれを歩いて登るのか!不安が過ぎって来る。
この大展望が得られただけで充分ではないかとも思ってしまう。

八方尾根のヤセ尾根。危険箇所も無く、きつい登りも無いが兎に角、行程が長い。

尾根から左側を見ればこれから登る”五竜岳”と明日登る予定の”鹿島槍ヶ岳”の双耳峰が聳えている。天気は最高であるが、ガスが不気味に上がってくる。

7時05分、トレッキングコース用に設置された公衆トイレに着く。
八方尾根は標高が増す程、樹林帯となっていく。その原因は標高的
に下の方に蛇紋岩が多く、樹木の生長を阻害しているかららしい。

尾根道から”八方池”を見る。後の岩峰は不帰ノ嶮。八方池には帰りに寄ってみたい。

赤い実をたわわに実らせている”ナナカマド”。高山植物は紫のトリカブト、リンドウが咲いている位でシーズンは終わっている。

同地点から見た五竜岳、この先、どれくらい歩けばあの山頂に立てるのか?

鑓ヶ岳も白馬岳も同じ位の視線で見れる位に標高を稼いで来た。

登山道で3匹の雷鳥が行く手を阻む。まだ雛鳥なのか、近寄っても逃げようとしない。

山荘から見た”唐松岳”(2,696m)。30分で往復出来るようであるが、今日は時間に余裕が無いので割愛する。

牛首からは急峻な崖をトラバースしながら下る。危険箇所には鎖が設置してあるが、細く錆びた部分もあるので全体重を掛けると切れそうな感じがする。

この岩峰を横断して行くのだが、下は急峻な崖であり、鎖がなければ怖くて通る気になれない。

3時間30分経った地点から五竜岳を見る。縦走路は鞍部目指してどんどん下っていく。帰路の登り返しが堪えそう。

長い下りから登り返し、4時間55分で”五竜岳山荘”に着く。

又、登山道を雷鳥が先行して歩いてくれる。固まって5匹居た。これだけ居ると雷鳥の有り難味がなくなってくる。真っ白な雷鳥を見てみたい。

山頂への最後の登りは岩壁をよじ登っていく。これが中々スリリングだが、先行のおばちゃんは時間が掛かっていた。

時間51分、”五竜岳”(2,814m)に着く。日帰り目標タイムの6時間を僅かに切ったので日帰りすることに決めた。ここも年寄りばかりが沢山登ってきていた。その内の一人は五竜で97山目らしい。これからは百名山亡者が続々と百座達成する時期なのだろう。

下山時の五竜岳山荘で東京からの女の子と再会する。”本当に日帰りするんだー!”と驚いて居たが、山頂からの展望を得るには小屋に泊らなければならないメカニズムを教えてあげた。〔夜、気温が下がり湿度を持った空気は地表に向けて下がっていく、これが雲海になる。朝、太陽の日差しで気温が上がり、雲海の湿度を持った空気は暖められて上昇を始め、9時前後には山頂付近に到達する。上昇した空気は冷やされてどんどんガス化していく。だから山小屋に泊まって早朝に山頂に行かないとガスの無い絶景は得られない。〕(あくまでも個人的な推察)

下山時の鎖場で登りの人とすれ違ったので高度感を出すためにモデルになってもらう。

時間に余裕が出来た訳ではないが、下山時に”八方池”を散策する。

八方池と八方尾根、尖がっているのがトレッキングコース終点の第三ケルン。

30Lのバックは3980円、ズボンは職人の店ですそ直しをして千円、Tシャツは同じく職人の店で350円、いつまで経っても貧乏性は直らない。

コース中に水場が無い
八方尾根から五竜岳へのコース中は水場がまったく無い。今回は900ccを2本持って行ったが日帰りで丁度使い切る感じだった。
小屋泊まりでは問題無いだろうがテント泊では小屋で水を買うか持参するしかない。
今日の温泉
ネットで調べておいた”みみずくの湯”に行くが500円に値上がりしていた。泉質はぬるぬる(すべすべではない)していて温泉らしくて良いし、露天風呂も気持ち良い。白馬周辺には温泉が沢山あり、今日は下山時間が遅かったので探すのは辞めたが、明日からはもう少し調べて入ろう。
雑記
小屋泊まりの可能性があるので大きなザックを引っ張り出して来たが、ザックだけの重量で結構有り、日帰りなら今までのハイキング用で充分だった。意地を張る様に日帰りに拘って頑張ってみたが、五竜岳から鹿島槍ヶ岳に縦走したい気には充分なった。しかし、車で来ているとどうしても縦走に躊躇してしまう。下山場所からバスと電車で登山口に戻る手もあるらしいが、そこまでして縦走する気には今のところならない。五竜が日帰り出来たので、明日の鹿島槍は日帰りに決定、頑張るぞ!
Road Map :国道148号沿線から後立山の三山を登る。
Route Map:林道終点の黒菱から八方尾根を歩く。
計画
3連休は天気が良さそうなのでもう一日プラスして後立山の3山を計画したが、鹿島槍、五竜はガイドブックのコースタイムが長く、日帰りが出来そうにない。3山の内、2山が小屋泊まりとなると4日間の休みでは足らなくなってしまう。最悪時は小屋泊まりとして、日帰りにチャレンジすることにした。
今使っているハイキング用のザックはカッパを入れると防寒服が入らない。30Lのザックは1年前に購入して一度も使うことなく押入れの肥やしになっていた。それを引っ張り出して小屋泊まり用に担いで行くことにする。
下山時、白岳、唐松岳山荘への登り返しがあり、特に唐松山荘への登り返しは長くきつく、ロングコースだけに堪えた。小屋に泊ると体にはやさしいが、この下りに一日を費やするのも勿体無い話だ。
今回の遠征
09/16 09/17 09/18
五竜岳 鹿島槍ヶ岳 白馬岳
日本百名山  ロングコースの日帰り登山はきつかった。
山頂に着く頃にはガスに追い付かれ、ほとんど何も見えない残念な状態になってしまったが、ここまで充分展望が得られていたので良しとする。
マーキングを追って急登を這い上がって行く。ガスに追い付かれてしまった。
このガレ場を登り切ると”五竜岳”山頂に着く。
くさりは頼りなく当てには出来ない。
山唐松山荘への登り返しのトラバース路。
ごりゅうだけ