〔053〕天城山 (1,406m)
日本百名山に戻る
2003年05月02日
3時00分、涸沢方面に下りる。えげつない急斜面で登りに選ぶとえらい目に会いそうな道である。
足の指をかばいながらゆっくり降りる、涸沢分岐点からは穏やかな下りとなり景色も良くなる。
途中、超スローペースの老人夫婦を抜かす、日暮までに帰りつけるのか心配になってくる、頼みの
水場には水が出ていなかった。
途中、登ってくる青年とあったので老夫婦の話をして、今からの登りでは日が暮れる話をした。
万二郎分岐点に戻ってからも駐車場までの距離が長く嫌気が差す。
4時45分(3時間50分)、駐車場に帰り着く。便所で会った人は5時間掛かったと言っていた。
簡単な山と勝手に思い込んでいたが、考えてみれば氷ノ山と変わらない標高の山である。
約1時間で万二郎岳に着く。ガスが出て何も見えない。

天城山は全山、馬酔木(アセビ)に覆われている。

万二郎から登り降りを繰り返し2時間で”万三郎岳”(1,406m)に着く
相変わらずガスが立ち込めて樹林で見ない景観が更に見えない。


静岡県伊豆市

標高差:366m
大菩薩嶺からの移動
今朝は山梨県の大菩薩嶺に登り、晴天の中、大展望が得られた。下山後は富士山を眺めながら中央自動車道を走り、伊豆半島を縦断する。


天城高原ゴルフ場の駐車場に車を停める。
12時55分、出発、一旦、沢まで下ってそこから穏やかな登りとなる、広葉林に覆われた散策コースである、アセビが多いが花は終わっている様で残念。
約1時間で万二郎岳(1,299m)に到着。ガスが出てきて景観は効かない。ここから下りが続き嫌な予感がする、登り下りを繰り返しながらも段々下っていく。
鞍部に出てからは穏やかな登りとなる、アセビが圧倒的に多くシャクナゲが点在する、登りがきつくなってくると2時50分、
2時間弱で
万三郎岳に到着

誰も居ないのでオートシャッタで自分を写す、回りは樹林で覆われ景観はガスで効かない。
今回の遠征
05/01 05/01 05/02 05/02
瑞牆山 金峰山 大菩薩嶺 天城山
何の取り得も無い下らない山だが、日本百名山に入っているので記念写真だけ撮っておく。一山消化の感じ。
”万三郎岳”から”涸沢”に下るが、落ちる様に下るえげつない道だった。”涸沢”降りてしまえば後はなだらかな道となる。
帰路に付く
総じて天気が良かったのに最後は後味の悪い天城山となってしまった。帰路は伊豆半島の海岸線を走るが、干し魚の土産物屋や、食堂が多く、目に付いた食堂で晩飯を食べるが、干し魚が美味かった。
日本百名山』  どこを見ても日本百名山を感じることは出来なかった。山頂ではガスで展望が得られず、リベンジを誓う。
あまぎさん
「日本百名山から」
天城山へ登る機会を逸していた一つの理由に、その五万分の一の地図が無かったせいもある。要塞地帯だったからだ。地図を持たない登山は私には興味索然である。(略)やはり地図の
等高線を数えながら登るようでないと面白くない。