〔050〕大菩薩嶺 (2,057m)
日本百名山に戻る
2003年05月02日
夜中、目が覚めると少し先が見えない程のすごいガスが立ち込めていた。6時00分、出発、車が上がれる林道をテクテク歩く。横に登山道が通っているが上がり下がりがありそうなので林道を歩くことにする。

6時18分、福ちゃん荘に着く。泊客はここまで車で来れる。
ここが直登コースとの分岐点であるが峠側を登りに選ぶことにする、福ちゃん荘からも車が通れる林道であるが、新緑が美しく歩いていても結構気持ちが良い。

富士見山荘を過ぎ勝緑荘をからは登りとなる。登り切ると介山荘がある大菩薩峠に出る。ここからの展望は最高で富士山が更に近く、遠くに南アルプスの山々が見えている。ガスは何処に行ったのか。
ここからは尾根筋の登りとなり八ヶ岳を見ながらの素晴らしい展望の道を歩く。

賽の河原まで下り再度登ると下りの分岐点である雷岩になる。
7時44分(1時間44分)で山頂に着くが展望が効かない。今日は一番乗りとは行かず沢山の人が来ていた。
雷岩に戻り、痛い左足の爪をかばってきつい斜面の福ちゃんコースを降りる。
登山口となる”ロッジ長兵衛”  この前に広い駐車場がある。

林道を20分歩くと分岐点となる”福ちゃん荘”に出る。

林道を歩き、ひと登りすれば展望のすばらしい”大菩薩峠”に出る。

少し下ると”賽の河原”に出る。ここから登り直しをして展望の良い”雷岩”に出る。

展望の良い”雷岩”から見た南アルプスの山々。正面、一番高い山が赤石岳(3,120m)か?

1時間44分にて”大菩薩嶺”(2,057m)に着く
樹林に囲まれ山頂からの展望は利かない。

雷岩から見た日本一の”富士山”今日も天気は最高。



山梨県甲州市

標高差:467m
大菩薩嶺下山後は伊豆半島の天城山へ車を走らせる。
今回の遠征
05/01 05/01 05/02 05/02
瑞牆山 金峰山 大菩薩嶺 天城山
展望の開けた穏やかな尾根道を進む。
”雷岩”に引き返し、ここからは唐松尾根を福ちゃん荘まで急降下の下山道となる。
日本百名山』  雷岩からは富士山が見える大展望であるが、山頂には展望が無い。
「日本百名山から」
頂上までは峠から四十分位で達せられる。この連嶺の最高峰である。「嶺」という字は「とうげ」と読まれて、以前は大菩薩嶺とは大菩薩峠を指す名称であったらしが、今はその名は最高峰に移されて、ハイカーの間では略して「れい」と呼ばれている。
だいぼさつれい