〔045〕両神山 (1,723m)
2002年08月31日
前日の移動
予想外に時間が掛かった甲武信岳登頂後は両神山への最短コースである落合橋に車を走らせる。落合橋駐車場に着いて登山口を見てみると登山道は通行止めとなっていた。
当日は
朝6時出発、気温21℃、通行止めの登山道を行ける所まで行くことにする。本当に危険なら引き返すつもり。尾根道に入り行き成りの急登、登山道は整備されておらず丸木橋も朽ちかけている箇所が多い、崩落部分もあり通行止めはうなづけるが、これくらいのスリルがある方が面白い。
直登コースの名の通り、登り一方の道を
1時間30分で山頂に着く。時間はまだ7時半、道中、誰にも会わなかったし山頂にも誰も居ない。これまでの山より標高が低いため雲海が間近に広がる。
昨日に続き下山路で後悔する
今日はピストンの予定であったが、あまりにも早く着き過ぎたので八丁峠に足を伸ばすことにする。(これが大きな誤算となる)
下っては登り、下っては登りの繰り返しで幾ら歩いても標高が一向に下がっていかない(昨日の甲武信岳と同じ)。最初は喜んでいた鎖場も数え切れないほど現れて嫌気が差してくる。
こんな険しい尾根道で短パンの白い足がまぶしい女性とすれ違った、「この先険しいですよ。」と話しすると、「以前来たことがあるから知っている」と言う、知っていて来たのか!、俺ならこないぞ。奥穂高に行くトレーニングとか、若いのにベテランなんだ。
標高が下がらないまま1時間40分で八丁峠に着く、ここから一気に下り
全工程4時間20分で駐車場に戻る。
沢で汗を描いた体を洗う、水が冷たく温泉に入るより気持ちが良い、癖になりそう。
落合橋の駐車場、ここで車中泊する。奥に見えるのが八丁峠への登山口。
危険通行止の標識とロープが張ってある”直登コース”の登山口。
兎に角、行けるところまで行ってみる。
鎖場から見た山頂、けったいな物は航空測量の目印とか、雰囲気台無し。
1時間30分にて”両神山”(1,723m)に着く。直登コースはスリル満点だった。雲海が手に取るように広がる。
両神山の山頂より見た甲武信岳(2,475m)、雲取山(2,017m)、その間から小さく富士山が覗く。
八丁峠への道は前東岳、東岳、西岳と鎖場のあるピークが続き、
幾ら歩いても標高が下がらない道とターザンごっこに疲れが出てくる。
雑記
今回はタフガイ氏のエルグランドで車中3泊となった、フラットベッドになる大きな車はやはり寝易いが、寒さ対策はジャンパー程度だったので寒くて眠れなかった、次回はシュラフを積んで行こう。
今回の3日間の遠征で3山を終え、一路、神戸に車を走らせる。
日本百名山に戻る


埼玉県秩父市

標高差:583m
今回の遠征
08/29 08/30 08/31
八ヶ岳 甲武信岳 両神山
標高を下げて行くとガスの中を通過する。ガスに入ってもくさり場は続く。
日本百名山』  八丁峠へのくさり場がしんどかった。
りょうかみさん
「日本百名山から」
あたかも巨大な四角い岩のブロックが空中に突き立っているような、一種怪異なさまを呈している。古くから名山として尊崇されているのも、この威圧的な山容からであろう。
それはどんな山岳重畳の中にあっても一目ですぐに、それと判る強烈な個性を具えている。
登ったり下ったりのくさり場が何度も出て来る。飽きてくるし、疲れるし・・・