〔041〕高妻山 (2,353m)
2003年10月05日
戸隠牧場のゲートを通る。気温が低いので完全防寒仕様としているが、歩き始めると暑くなり直ぐにTシャツとなる。
高妻山は直ぐ目の前に見えるが、登山道はぐるーっと周って行くので歩く距離が長い。紅葉は綺麗なシーズンンを迎えている。
高妻山が近くなってきた。北斜面は樹氷で白くなっている。
日本百名山に戻る


4時間08分で”高妻山”(2,353m)に着く。山頂は晴れてくれたが、
北アルプス、火打、妙高は雲に覆われて見えていない。
30分休憩し、
10時45分、同じ道を下山する、帰りも長い。

2時15分、駐車場に帰り付き、全工程7時間で高妻山を終える。高妻山は誰もが嫌がる登り下りを繰り返す尾根道以外は変化のあり楽しい山である、戸隠山側はくさり場が多くもっと変化に富んでいるらしい。一日一山としているのでゆっくり登り、ゆっくり下れば良いのだが、今回も息を切らしながら登り、下りも急いでしまったお陰で2時過ぎに下山してしまった。
今日の温泉
下山後は妙高高原駅近くの関川共同浴場、大湯温泉200円に入り、笹ヶ峰の登山口へ移動する。

長野県戸隠村

標高差:1,182m
「日本百名山」から
朝の四時に中社の宿を出て、戸隠牧場まで爽やかな夜明けを歩き、そこから一不動に登った。そこから先、尾根伝いになる。道端に稀に石の祠が見つかったのは、昔の霊場巡りの名残りであろう。五地蔵からの二つのコブを越えて、高妻山への長い登りは急峻で実に辛かった。
Road Map :北陸道から上信越道に入り、県道36号線から戸隠キャンプ場へ。
Route Map:戸隠牧場から一不動に登り、五地蔵山への長い稜線を高妻山へ。同じ道をピストンとする。
今回の遠征
10/05 10/06 10/07
高妻山 火打山 妙高山
登り:4時間08分、下り:4時間00分、全行程:8時間08分(休息時間含む)
−−− 駐車場 牧場事務所 滑 滝 帯 岩 一不動避難小屋 五地蔵山 高妻山
登り→ 6:07 6:18 7:07 7:17 7:40 8:28 10:15
←下り 14:15 −−− −−− −−− −−− −−− −−−
6時10分、戸隠牧場に入り登山口に向かう。気温8℃、寒い。
昨日に戸隠牧場の駐車場に早く入り、日が暮れるとすることがなく7時には就寝する。
ここから高妻山は見えないが、戸隠山側を見ると山頂部がガスで覆われてしまっている。今日は展望の得られない山歩きとなるのか。
沢沿いの道を1時間歩くと落差15m程の”滑滝”となり、滝の横のくさり場を登る、ハイカーが多いとここで停滞してしまう。
滑滝の勾配は緩いのだが、下が濡れていて滑り易いので安全の為、くさりを頼りに登っていく。
更に少し歩くと垂直に近い大きな一枚岩の”帯岩”をトラバースすること
になる。滑滝同様、ここもおばちゃんが多いと停滞してしまいそうな感じ。
岩には小さなステップが切ってあり、手掛かりのくさりも設置してあるが、足を滑らすと下まで滑落かと思うとスリルがある。
水が流れている沢の中を登っていくと”一杯清水”改め”氷清水”の水場に出る、ここからは沢道から離る。
1時間33分にてブロック作りの”一不動避難小屋”に着く。戸隠山への分岐点である為、多くの登山者が休憩しており、人はが多いのでここは素通りする。
八方睨とは九頭龍山、戸隠山を越えた先の分岐の様だ。
今回は高妻山のみを目指す。
避難小屋から少し登り振り返り見る。ここからは誰もが嫌がる問題の長い尾根道が始まる。
稜線から”飯縄山”(1,917m)側を見る。
紅葉が美しく、西側には初冠雪を終えたばかりの北アルプスの山々、東側には遥か下側に戸隠牧場が望める絶好の展望が続く。
稜線歩きは登り下りを繰り返すので、中々標高を稼いでくれない。
一不動に始まり、各ピークに二釈迦、三文殊、四普賢、五地蔵、六弥勒、七薬師、八観音はと付けられているが興味無く通過している。ここが”四普賢”であるが展望無し。
2時間21分で”五地蔵山”(1,998m)に着く。ピークは無く尾根道の延長の様で標高二千mの高度感はまったく無い。よその記念撮影に割り込む。
緩やかに登り下りを繰り返す稜線を進んでいると少しは高いピークが見えてきた。
あれが五地蔵山か。
雰囲気の良い稜線歩きではあるが、距離が長く幾分だれてくる。
八丁ダルミ”からは登りがきつくなり、これからが正念場。ここで百名山98山目の71歳のおじいさんに置いて行かれる、情けない。
急登を登り切ると比較的平坦となり、山頂付近は角ばった大きな岩場となり歩き難い。
右ピークが高妻山の山頂、360°の展望だが周辺の山々は曇り覆われて全容が見えない、残念。
山頂が近くなり元気が出てくる時であるが、何分ここまでの歩きで疲れ切っている。
登り途中から歩いて来た稜線を振り返り見る。
ここでつまづき、岩の角で弁慶の泣き所を強打して、しばらく絶句する。この怪我は半年治らなかった。
日本百名山』  紅葉、黄葉の中、長い尾根道を歩く。
たかつかやま
山頂は目前となり、登り下りのハイカーが増えてくる。
のどかに牧草を食む乳牛さん。
最後は戸隠牧場を抜けて駐車場に帰る。