〔039〕妙高山 (2,446m)
2003年10月07日
燕温泉街を通り抜け、簡易舗装された源泉管理道を妙高山頂を見ながら登り始める。
途中に無料露天風呂の”黄金の湯”があった。下山時には入りたいが、残念ながら下山時にはここを通らない。
妙高山の麓に”光明滝”が見え出した。
46分歩くと滝が間近に見える様になってきた。下が”光明滝”上が”称明滝”、登山道は称名滝の横を通っていく。
称名滝からは”胸突き八丁”のきつい登りが始まる。
まさに胸が付くほどの登りも多い。
おいづる岩”のくさり場になるが、しっかりとステップが切ってあり危険箇所は少ない。
まずは”南峰”で記念撮影。フラットな道を北峰に移動する
この離合出来ないくさり場を過ぎる28名のジジババ軍団が降りてきて、危うく停滞に巻き込まれるとこだった。
日本百名山に戻る


燕温泉街手前の駐車場、この先は温泉宿の宿泊者のみ通行可能で一般車は進入禁止になっている。6時25分に駐車場を出発、気温8℃で寒い。

温泉が流れている北地獄谷沿いの穏やかな登山道を進む。

昨日は火打山からここ”妙高山”をガスで見ることが出来なかったが、今日は”火打山”側を見ることが出来た

オチャラケな威厳の無い標識の”北峰”(2,446m)に着く。
まだ10時前ではあるが、30分程、昼飯休憩とする。

山頂から長助池分岐へ道は落ちて行くようなきつい斜面が続く。

48分の激下りを終えて大倉乗越の分岐となる”長助池分岐”に出る。ここからの燕新道は穏やかな道となる。

1時間10分にて藪道から急に開けた”長助池”に出た。池と言うより湿地帯になっており初夏にはお花畑になるのか。

同じ様な湿地帯に木道が続く。この辺りを”芝沢”と言うようだ。

気温が低いせいか、”黄金清水”(こがねしみず)はあまり冷たくなかった。

大倉沢に出ると沢渡りとなり、おっかなびっくりで対岸の岩に飛び移る。

大倉谷に掛かる大きな吊橋を渡る。火打から縦走して来たうら若くない女性。大きなザックで縦走する女性を多く見かける。

後 記
火山性の山は変化があり面白い。大きな滝まで湯の花で黄色くなっているのを見るのは初めてだった。滝自体は熱くなく、冷たい水が流れていた。湯の花は取り放題か。昨日、火打山頂で会った老夫婦と今日、妙高山頂で再会出来た、朝早く出発し4時間掛けて登ったとか。妙高で5山目らしいが、このゆっくりさが続登の秘訣か。今回の山登りは3山と少なかったが、3山とも登りがきつく、これくらいが限界に思える。
今日の温泉
二日前に入った200円の関川の大湯温泉に入り、帰路に付く。

新潟県妙高市関山


標高差:1,380m

「日本百名山」から
こしの中山と呼ばれただけあって、妙高山は越後の名山である。越後富士とも称せられる。越後のみならず、私は日本の名山だと思っている。その均整の取れた山容の気品と言い、ドッシリと安定した量感と言い、のびやかな裾野の雄大さと言い、名山としての名に恥じない。
Road Map :火打山登頂後、笹ヶ峰から燕温泉に移動。
Route Map:燕温泉〜天狗平〜妙高南峰〜妙高北峰〜長助池〜黄金清水〜燕温泉 を周回。
今回の遠征
10/05 10/06 10/07
高妻山 火打山 妙高山
登り:3時間15分、下り:3時間08分、全行程:7時間03分(休息時間含む)
駐車場 光明滝、称名滝 天狗平 南 峰 北 峰 長助池分岐 長助池 芝 沢 黄金清水 吊 橋 駐車場
6:25 7:11 8:17 9:40 9:51 11:08 11:30 11:48 12:07 13:17 13:28
前日に笹ヶ原から燕温泉に移動
昨夜は池の平スポーツセンターの温泉に入り、燕温泉街の入口にある駐車場で寝る。今日も日暮れと共に就寝、早く寝るので毎日夜が長い。
沢水は白濁しており硫黄臭い。まさに温泉が流れているとの感じで、地獄谷にふさわしい景観である。
北地獄谷を見下ろすと綺麗な紅葉が望めた。
1時間50分にて天狗堂のある”天狗平”に着く。
天狗平は大谷ヒュッテへの分岐となっており、広場になっているので絶好の休息ポイントである。
この辺りからは展望の良い急登となり、景色を眺めながらも息の切れる登りが続く。
登り途中より妙高、赤倉の市街、遠く斑尾山を見る。
3時間15分にて妙高最高峰の”南峰”(2,454m)に着く。
縦走して火打山に向かうには、一旦下って、この火口壁を登り直す必要がある。
どれがどの山なのか同定出来ないが、北アルプス、後立山の山脈が連なっている。
長助池分岐からは雑木に覆われた穏やかな道となる。
対岸の崖を登り切ると後はフラットな道が続く様になる。
樹林帯の草生した退屈な登山道を燕温泉目指して歩き続ける。
みょうこうさん
日本百名山』  荒々しい火山性の山は面白い。
ごつごつの山頂を”北峰”に移動する。
光明滝(落差50m)
称明滝(落差50m)