〔038〕雨飾山 (1,963m)
2002年10月06日
雨飾キャンプ場の駐車場は第二駐車場も含め満車状態、道路脇にも沢山止めていた。大型バスも来ている。
穏やかな道に入ると目が覚める紅葉が広がっていたが、相棒はまだ目が覚めていない?
笹平から見る雨飾山山頂、笹平は平坦な道が続く。
山頂への最後の急登。道幅が狭く一本道のため下山者と離合するのが大変だった。
2時間30分にて”雨飾山”(1,963m)に着く。
昨夜に続き雨飾荘の温泉に身を浸す。露天風呂もあり300円はお得な感じがする。
日本百名山に戻る


長野県小谷村

標高差:836m
登り:2時間30分下り:2時間00分トータル:4時間30分 (休息時間含む)
日本百名山』  思わぬ紅葉に感激。
前日の移動
白山登頂後は北陸道を走り、糸魚川ICで下りて登山口である小谷温泉に向かう。雨飾荘で温泉(300円)に入り、雨飾キャンプ場の駐車場で車中泊とする。
Road Map :糸魚川ICからR148を南下して、県道114を小谷温泉に向かう。
Route Map:雨飾キャンプ場の駐車場から荒菅沢を経由したピストンとする。
5時50分出発、気温12℃、体が温もるまで歩き始めは寒い。少し下って水芭蕉の茂る大海川の河原を歩き、樹林帯の尾根道に入る。道が穏やかになる頃から紅葉の美しさが目立ち始め、展望も開けてくる。
荒菅沢”まで大下りをすると、左手に雨飾山、その下に一枚岩の布団菱が見える大展望が得られ、多くのアマチュアカメラマンが写真を撮っていた。
荒菅沢を過ぎてからは急登の連続となり、尾根筋を笹平に向かって登っていく。
先に見えているピークを山頂と思って頑張ったが笹平だった。山頂はもう少し先にある。
尾根を登り切ると”笹平”の平坦な笹原に出る、その先に一段大きく雨飾山がそびえている。この登りは結構きついそう。
登り途中で振り返ると笹平にくっきりと登山道が走っていた。
下山
狭い山頂なので落ち着くところがなく、直ぐに山を下りる。人気のある山なのかどんどんハイカーが登ってくる。登り優先ではあるが、待っていると中々下山出来ないのでガンガン下りて行く。
休憩無しで歩いて2時間で駐車場に帰り着く。後は温泉で汗を流して帰路に付いた。
360°の大展望であるが、今日は空気がよどんでおり見通しが悪い。目の前に焼山、火打山が見えているが、逆行で絵にならない。
『日本百名山から』
しかし、それは街道のすぐ左手に立ち並んだ後立山連峰の威圧的な壮観に眼を奪われる旅行者にはほとんど気付かれぬ、つつましやかな、むしろ可愛らしいと言いたいような山であった。私はその山に心を惹かれた。
雨飾山という名前も気に入った。
あまかざりやま