〔033〕越後駒ヶ岳 (2,003m)

    標高差:938m
累積標高差:1,497m

2010年07月19日


百名山に戻る

新潟県湯之谷村
何故か調子が良かった
昨日は標高差168mの笠ヶ岳に登るのに途中、2回も休憩するほど調子が悪かったので、今日は登り5時間を覚悟していたが、何故か牛歩ながら休憩無しで駒ヶ岳に登れた。しかも5年前と同じコースタイムで!
枝折峠からの往復距離
ガイドブックによると往復の距離は14kmとなっているが、我がGPSのデータによると沿面距離で
15.6kmを示していた。どちらが正しいかは判らない。
今日の温泉

昨日と同じ大湯温泉の”ユピオ”(500円)に行き、汗で塩まみれになった体を洗い流す。ユピオの食堂で冷やしうどんを食べたが、讃岐うどん的に腰があり美味かった。
帰路に付く
八海山に行きたかったが高速千円が使えなくなるので、帰ることにした。三連休の最終日、高速が混むのは判っているので、途中、SAで車中泊とし、涼しくなった早朝に残りを走り切る。渋滞は無し。
Road Map :関越道を小出ICで降りてR352を枝折峠に向かう。
Route Map
:標高差が一番少ない枝折峠から往復とする。
ウィキペディアから
山頂は南魚沼市側に位置する。八海山、中ノ岳とともに越後三山(魚沼三山)の一つに数えられる。標高はそれほど高くないが、東側(水無川側)と北側(佐梨川側)は標高200-300mの山麓まで一気に落ち込んだ天然の大障壁をなしており、迫力ある山容を示している。冬季には豪雪に見舞われ、盛夏でも雪渓が残る。佐梨川金山沢奥壁などの巨大なスラブ壁があり登攀の対象となっている。
07/18 07/18 07/18 07/19
鉢伏山 横手山 笠ヶ岳 越後駒ヶ岳
今回の遠征
日本百名山』 展望を得るためのリベンジ。
前日の移動
志賀高原の笠ヶ岳から高速道路で移動すると日本海側を大回りするので、一般道を走ったが随分と時間が掛かってしまった。枝折峠の登山口に着くと新しく駐車場が出来ており、綺麗なトイレも出来ていた。
駐車場は既に満車状態、三連休の影響はここにも来ていた。車を停めた近くで酒を呑み始めた人が居たので割り込んで、日が暮れるまでビールを呑みながら山談義をする。この間にコアブに随分、噛まれてしまった。
駐車場の入口には立派なトイレも出来ていた。水洗トイレではあるが、洗面所が無いので水を得ることは出来ない。
5年前に来た時には、こんな駐車場は無かった。西側には太陽電池のパネルが並んでいる。写真は下山時のものであるが、昨夜から満車状態である。
明神尾根に入り振り返ると奥只見湖が雲海で見えなくなっていた。あのガスがこの後、昇ってきそうな気がする。
5年前は全て自然道だったが、延々と木道が整備されていた。今年、完成したらしいが、この山はぬかるみ道が多いのでハイカーは随分と助かる。
26分にて十合目、”大明神”のお宮に着く。ここから少し上に登ると”明神峠”となる。
御来光を撮ろうとしたが、ストロボが働いてしまいジイちゃんをびっくりさせてしまった。この後、ジイちゃんに付いて行くが、まったく休憩しないで歩き通す、聞いてみると休憩すると疲れるかと、俺と似た様な考えの持ち主だった。お歳は聞き損ねたが、かなりの御高齢だと思う。
30分歩いた地点から見た”駒ヶ岳”。初めて来た時は余りの遠さに愕然としたが、2度目の今回は距離的には何とも思わなかったが、山頂を覆うガスで愕然とした。
リベンジに失敗すればこのバカ尾根(明神尾根)に又来なくてはならない。
50分歩いた地点から見た”駒ヶ岳”。少しは近付いたが、山頂のガスは相変わらず、風がないのでガスは居座るかも知れない。リベンジ失敗?
天気は抜群に良いのだが・・・
本来、ぬかるみ道だった所には、木道が整備されており、随分と歩き易くなっていた。ネームプレートには”平成22年施工”と書かれており、出来立てである。
何の面白みもないバカ尾根が延々と続く。
1時間20分歩いた地点から見た”駒ヶ岳”。近付いてきた感じが無くなってしまった。山頂のガスは相変わらず居座ったまま。
道端に生えていた”ギンレイソウ”(幽霊草)
1時間57分にて”小倉山”に着く。見覚えのある石造りの道標はどっしりと同じ場所に置かれていた。
ここは駒の湯への分岐であるが、標高差が大きいので利用するハイカーはほとんど居ない様だ。
歩き始めてからまだ山頂を拝めていない。
2時間30分歩いた地点から見た”駒ヶ岳”。おっ!ガスが切れた。
2時間35分にて”百草の池”を通過する。百草の池への道が判らず(無いのかも)、通り過ぎる。
”百草の池”を過ぎてからは笹薮の濃い藪扱き気味の道となる。
3時間10分歩いた地点から見た”駒ヶ岳”。山頂のガスは切れたが、下からガスが上がってきた。嫌な予感が過ぎる。
北岳のバットレスの様な東壁の落ち込み。丁度ガスで隠れてしまった。
昨日、沢山の人が駒の小屋に宿泊された様で、ぞくぞくとハイカーが降りてくる。例によってジジババばかりである。
3時間33分にて”駒の小屋”に着く。冷たい水が飲めるので多くのハイカーが休息していたが、今日は調子良く、休憩無しで山頂まで行ってしまう。
ここまでお花は殆ど見掛けなかったが、最後の尾根にはお花が少し見ることが出来た。しかし、お花畑とは行かず、パラパラと咲いているだけの状態だった。
ハクサンコザクラ
おっ!、山頂にはガスが無い。走って行きたい気持ちになるが、それ程スピードは上がらない。
3時間48分にて”中ノ岳分岐”に着く。
3時間52分にて”越後駒ヶ岳”(2,003m)に着く。奇しくも前回、札幌の鉄人に引っ張られて登った時間とまったく一緒だ。
リベンジが出来て、「もうバカ尾根を歩かなくてもいいんだ」の安堵感で一杯となる。山頂にはハイカーが一人居ただけで、彼にシャッターを押して貰った。
前回まったく見ることが出来なかった中ノ岳〜八海山の山並。これを縦走するのは俺には考えられない。八海山にはロープウェイで登ってみたい。
山頂でおにぎりを食べて早々に下山する。
ヒメシャガ
駒の小屋に戻り、冷たい水を飲んでみる。小屋番の親父が記念バッチとビールのセールスをしていた。
小屋下の急登沢道。沢道と言っても小屋からの水が流れているだけ
小屋下の道で昨夜、一緒に酒を呑んだ宇都宮の石川さんと出会えた。彼は俺と同い年であるが、これから百名山を目指そうとしているフレッシュな気持ちの持ち主であった。明日は巻機山に行くらしい。
端が判らない程遠くまで続いているバカ尾根(明神尾根)をこれから下っていく。
通行止めとなっていたが、笹薮を掻き分けて”百草の池”に行ってみる。小さな池塘の周りには”ハクサンコザクラ”が沢山咲いていた。沼地なので花のそばまでは行けなかった。
俺が通行止め内に入るのを偶然、パトロールが見ていたが、何故か何も言われなかった。
登山道整備が終わり備品を山から降ろす為にヘリが何度も頭上を往復していた。騒音はデカイが風までは来なかったのが残念。作業者はヘリには乗れず、毎日、登山道を往復しているらしい。もう慣れた。と言われていた。仕事とは言え、毎日登山は大変だ。
歩いても歩いてもバカ尾根道は続く。気温31℃、風が無くやたら暑い。(二度とここには来ないぞ!)
やっと枝折峠に戻ってきた。やれやれだ。駐車場に入り切れない車が道路にも溢れている。早く温泉に入りたい。
−−− 枝折峠 大明神 道行山 小倉山 百草の池 駒の小屋 駒ヶ岳
登り 4:2 4:46 5:35 6:17 6:55 7:53 8:12
下り 12:07 11:44 10:50 10:08 9:33 8:43 8:27
登り:3時間52分、下り:3時間40分、トータル:7時間47分(休息時間含む)
タテヤマリンドウ(黄)
タテヤマリンドウ(白)
キスゲ
バカ尾根としては明神尾根より兄貴分の台倉尾根のある”平ヶ岳”。登った感じは最低の山であったが、ここから見る”平ヶ岳”は男前だ。山頂直下に池塘がある様な山には見えない。
シモツケソウ
ショウマ
えちごこまがたけ