〔029〕赤城山 (1,828m)

標高差:466m

2005年05月01日


13分程で展望の良い猫岩に出る、猫岩とは何ぞや?猫に似た岩があるのか、単なる地名なのかは不明。

登山道は平均して急登、岩がゴロゴロした道が続く、戦闘モードは20分で息切れして通常モードに戻る。残雪は所々に有あるが大したことはない。小雨が降ってきたのでポンチョを着る。

天気が良ければこれだけの山を見られるとの掲示板、先ほどまで居た皇海山を見たかったなー、当然、今日は何も見えず。
日本百名山に戻る

群馬県富士見村
移動
吹き割れの滝観光、龍宮の湯入浴後、県道251号線を走っていると黒桧山の登山口に着いてしまった。
黒桧山を見上げるとガスが掛かり出した、今にも雨が降り出しそうな感じ。明日の天気予報は雨模様、それじゃ、今日中に登ってしまおう、と思い立ち、急遽、登ってしまうことにした。

現在の時間は既に2時10分であるが、ガイドブックには90分と書いてあるので1時間もあれば登れるだろう。
大沼湖岸の黒桧山への登山口。沢山のハイカーが降りて来ている。既にそういう時間なんだ。
山頂まではたったの1.1km、1時間は掛からないだろう、Tシャツ1枚の戦闘モードに入る。山頂まで1.1kmは地図上の直線距離であって、実距離はもっと長いと思うのだが・・・

54分で駒ガ岳への分岐点に着く、1時間を切る為に残りを走るが、ぬかるみ道が続く。

黒岩から見た大沼、車を停めた駐車場も眼下に見えるが、ガスが広がりそれ以外は見えなくなってしまった。

59分で山頂に着く、1時間を切った。
バンザーイ!(何の意味も無いが・・・)

赤城山とは
火口湖である大沼周囲の外輪山の総称が赤城山であり、最高峰が黒桧山とある。しかし、皇海山(すかいさん)と言い、黒桧山(くろびやま)と言い、薄学では読めない山名が続く。
赤城山も筑波山同様、登りたいとは思ったことがないが、百名山のリストに入っている以上、登らない訳には行かない、雨でもOK、単なる消化ゲームですわ。
山の評価なんて天気で大きく左右される、晴天で山に登ってこそ正当な評価が出来、登った価値が出るものだ。
帰路に着く
下山後の入浴は無し、一路、神戸に向けて車を走らせる。
会社でもこれくらい働けば立派なもんなんだが・・・
上信越の上り線は大渋滞、下り線で助かった。途中、仮眠をしながらもトータル1、962kmを走り終える。平均燃費 14.4km、車が古くなり1km程悪くなってしまった。

ハイカーは全て下山してしまっている、雨の中を登るバカは私だけ、写真を撮って直ぐに下山する。価値の無い山歩きだった。

Road Map:皇海山から追貝に戻り、県道251号線に入って南下する。
「日本百名山」から
赤城ほど人に親しまれてきた山も少ない。と言っても宗教とか信仰とかの古くさい日本的の山ではなく、高原と湖と牧場の洋画的風景が近代人の嗜好に応じたのであろう。志賀直哉氏の短編「焚火」を初めとして、赤城の自然は早くから多くの文化人によって語られてきた。
今回の遠征
04/28 04/29 04/30 05/01 05/01
磐梯山 安達太良山 那須岳 皇海山 赤城山
あかぎやま
日本百名山』  1時間で登れる里山の感じだった。
最高峰は黒桧山