〔028〕武尊山 (2,158m)

標高差:930m

2005年08月20日


日本百名山に戻る

群馬県沼田市
駐車場 分岐点 剣ヶ峰 沖武尊 避難小屋 分岐点 駐車場
5時43分 5時58分 7時54分 9時15分 10時58分 10時06分 11時53分
登り:3時間32分、 下り:2時間10分、 トータル:6時間10分

前日の移動
谷川岳下山後は雨の中、再度、一ノ倉沢観光に行ったり、道の駅”水紀行館”
で暇を潰し、コンビニで買物をしてから武尊神社に向う。ネットで調べておい
た林道に入り、離合出来ない程狭く、荒れた林道を1.7km進む。
8台位は停められそうな駐車スペースがあったが、車は1台も来ていない。
本当にここで合っているのだろうかと不安になってくる。林道はまだ続いてい
るがここから先は更に路面があれて、倒木もあり車では進めそうにない。
夜になってカミナリが鳴る大雨となり明日の天気を心配しながらビールを呑ん
で寝てしまう。

林道終点の駐車スペースには朝になって2台の車が来たが、日本百名山、しかも土曜日なのに人気がない。5時45分に出発する。

クリックすると拡大します。

タカノオドシ沢
緩やかなアップダウンはあるが穏やかな道が続き、沢沿いではあるが沢歩きは無く渡渉が4回ある。
紅葉の涼しい時期ならかなり良い印象が持てそうなコースに感じる。

鎖場が続く
左は1ヶ目に続いての鎖場、そして次々と合計4箇所の鎖がなければ降りられない様な鎖場が連続して出てくる。これだけ面白い鎖場があるなら、こちらを登りに使った方が面白いかも知れない。

下山時
面白かった鎖場も終わり、下山を続けていて手小屋沢避難小屋に差し
掛かった時、登って来た登山者からこの先を聞かれたがその人達は昨
日、谷川岳山頂で一緒だった親子三代登山者だった。
避難小屋は沢下まで降りる必要があったので行ってみることはしなか
った。ここで剣ヶ峰ですれ違ったおじいちゃんに抜かれる。
最近は抜かれっぱなしで抜いた記憶は少ない。避難小屋から樹林帯の
綴れ折れの道を淡々と下るのみで、見るべきものは何もない、こちら
側も秋の紅葉時がよさそうな感じがする。(半分、社交辞令)
下山終了
11時40分に分岐点に戻り、11時53分、車に戻り、
6時間10分を要して武尊山を終える

林道入口にある武尊神社。

裏見の滝、滝の裏を歩けるはずだったが・・・

4時間15分、下山時、最初に出くわした鎖場、岩壁には”大文字草”が綺麗に咲いていた。

2時間45分の地点、尾根道から沖武尊の山容が見えてきた。

3時間15分、沖武尊が随分近くなった。山頂への登りは鉄平石を轢き積めた様な滑り易い急登となる。

枯れ木の間に沖武尊が見えていたのだが、ガスっていて写真にはならないか。

裏見の滝散策
滝が裏側から見れるとあって楽しみにしていたのだが、残念なことに現在は落石が多いとのことで
滝裏には通行禁止となっている。滝は周辺から見るだけとなり、これなら普通の滝を見ているだけ
なので価値は半減以上か。
雑記

武尊山は2千mを越えている高い山ではあるが、谷川岳の様な高度感がなく、魅力の薄い山と感じた。
裏見の滝も滝裏まで入れないとなれば面白みは全然なくなる。真夏以外に来て見ないと良さは判らないか?
今日の温泉
水上町に出て、昨日は休業日だった300円温泉の”諏訪ノ湯”を探すが、見付からない。安い温泉を探すのに
車で走り回って200円以上のガソリン代を使っている様な気がする。
諦めて苗場山へ移動途中の”風和の湯”500円に入る。露天風呂は二人は無理な程小さく最悪。
苗場山へ移動中に集中豪雨となる。不安定な天気が続いているがまだ、下山後の雨が多い分助かっている。
さて、明日の天気はどうなることか。

15分も歩けば分岐点に着く。標識には剣ヶ峰まで2.2kmと書いてある。先行者は避難小屋から直接、沖武尊に向う様であるが俺は剣ヶ峰に向う。既に夜露でズボンはずぶ濡れ。

分岐点からは沢沿いの穏やかな道が続く。景観は得られないが沢音が耳に心地良い。

タカオドシ沢には小さい渡渉が何度もある。橋は無いが渡渉で困ることはなかった。

1時間24分、4箇所目の渡渉を終えると尾根への急登が始まる。
木の根っこが露出した急登が続く。

約2時間で、剣ヶ峰への分岐点に着く。標識には剣ヶ峰まで0.1km、武尊山まで1.7kmと書かれている。

剣ヶ峰を下山して縦走路に入るとガスは切れてきた。下山時、すれ違った人が山頂に見えたので手を振ってみるが応答無し、寂しい。晴れてくると日差しで暑くなる。

2時間11分で”剣ヶ峰”(2,020m)に着く。誰も居ない、周辺はガスが立ち込めているのでしばらくガス切れ待ちをするが、6分程で諦めて沖武尊へ向う。

沖武尊山頂に着いて一番先に目に付いたのがこのお二人、”えぇっと、どこかで見た様な”と考えていると向こうもこちらに気付き、お互い指を挿して”あぁーー!”と言うことになった。
偶然の再会をお互い喜ぶ。

至仏山で俺を3回も抜いて行った早駆け人との再会となった。
至仏山ではほとんど話しをすることはなかったが、武尊ではゆっく
りと話しをすることが出来た。至仏登山後の昨日は仕事で、今日は
武尊神社とは反対側のスキー場から登られたらしい。
日にちにしろ、時間しろタイミング良く上手く会えたものだ。
今日も早駆けで登られた姿が想像出来る。(後姿を3回も見ている
もので・・・)。その体力に加えて八ヶ岳山麓に住んでいるとかで、
百名山ハンターには羨ましい限りである。
メールアドレスを伝えて連絡をもらう約束をしてお互い反対方向に
下山する。今日は絶対に抜かれることはないだろう。(*^_^*)
又、どこかでお会いしたいものだ。

3時間32分を要して武尊山最高峰の”沖武尊”(2,158m)に着く。お二人は至仏山で俺を何度も抜いていった早駆け人。

上半分は鎖場であるが、下半分は頼りない木製梯子が掛けてあった。

武尊山系の鳥瞰図、クリックで拡大します。
「日本百名山」から
日本武尊の東征と山とは縁が深い。礁日峠、四阿山、両神山、甲武山、神坂峠、それから伊吹山へと、みなこの古えの武将の言い伝えが残っている。そして武尊山に至っては、名前まで同じである。しかしここには伝説があるだけで、拠るべき旧記がない。
今回の遠征
08/17 08/18 08/19 08/20 08/21
巻機山 至仏山 谷川岳 武尊山 苗場山
日本百名山』  偶然の再会に盛り上がる。山は大したこと無し、好きな山ではない。
ほたかやま