〔025〕筑波山 (876m)

標高差:346m

2004年04月28日


筑波山ロープウェイ駅のつつじガ丘駐車場で車中泊をする、駐車場周辺はお土産屋が立ち並び嫌な雰囲気。
ツツジが多く咲く簡易舗装された登山道から登り始める。斜度は緩く、散策道的な感じ、芽生え始めた雑木林が美しい。

弁慶茶屋を過ぎる辺りから一変して岩山となり奇岩が連続して出てくる、中でも圧巻は最初の”弁慶七戻り”、怖くて弁慶が七回後退りしたとか。落ちそうな大岩がどうして止まっているのか、しばし考えてしまう。

その後も”胎内くぐり”、”出船入船”、”裏面大黒”、”北斗岩”、”大仏岩”が出てくるが”弁慶七戻り”が一番インパクトが強い。
1時間で筑波山の最高峰、女体山に着く、山頂からは関東平野が一望でき、展望はすばらしい。 ケーブルカー駅のある御幸ヶ原の鞍部まで降りて、男体山へ登り返す、男体山へは1時間30分で着く、ここからの展望も良い。

下りは1時間で筑波山を終える。
百名山中、最も標高の低い筑波山はロープウエイ、ケーブルカーで簡単に登れる山であるが、山頂からの展望の良さ、登山道途中の奇岩は見所充分であった。
県道74号線から見た筑波山全景、最高峰の女体山はガスで隠れている。

ロープウェイ駅の駐車場から見た女体山、駐車場にはお土産屋、娯楽施設が立ち並ぶ。

登山口から山頂までは1.8kmのコース。

簡易舗装された緩斜面の登山道。つつじガ丘の名前通り、両脇にはツツジが満開となっている。

弁慶茶屋までは散策道的な雰囲気、途中の展望も良い。

岩床の急登を登ると、まずは”弁慶七戻り”に出る。
胎内くぐり”、左奥から通り抜けられる。

この大岩が落ちずによく止まっているものだ。左側は点当たりになっているだけ

出舟入船”、そう言われればそう見えなくもない。
裏面大黒” これはそう言われてもそうは見えない。
1時間にて筑波山の最高峰”女体山”(876m)に着く。
6時45分、朝まだ早く山頂へは本日1番乗り。
女体山からの展望はすばらしく、関東平野が一望出来るが、今日はもやっている。
女体山から見た”男体山”、一旦、ケーブルカー駅の御幸ヶ原に降りて登り返す。
ガマ石”は撮る方向が悪く、とてもガマには見えない。
ケーブルーカ駅のある”御幸ヶ原”には展望台、お土産屋が立ち並ぶ。奥に見えるのが男体山の山頂。
男体山本殿” こちらからの展望も良い。
登山後は”梵天の湯”(500円)に身を浸す。
北斗岩” 云われは判らない。

観光化された筑波山なんてあえて登りたいとも思わなかったが、百名山に入っているので仕方なく消化している感じ。とは言え楽に登れて見所も多く、今回の様に朝早くなら観光客も居らず気分良く登れた。

千mより低く、ケーブルカーで登れる山でも可であるなら神戸港が一望出来る六甲山(931m)の方が百名山に相応しい気がするが、そんな山は他ににも沢山ありますわな。

筑波山登頂後、男体山への移動中は大雨となる、早起きは三文の得だった。

日本百名山に戻る

茨城県千代田町
「日本百名山」から
関東諸国の男女は、春花咲く頃、秋紅葉の節、相たずさえて登り、山上で御馳走を広げ、歌をうたって舞い楽しみ、そこで夜を過ごす者もあった。(略)わが国では宗教登山が最初のように言われているが、筑波山のような大衆の遊楽登山も早くから行われていたのである。
今回の遠征
04/28 04/29 04/30
筑波山 男体山 日光白根山
男体山からの”御幸ヶ原” ”つつじヶ丘”の眺め。
つくばさん
日本百名山』  何を根拠に日本百名山に選んだのか?