〔024〕那須岳 (1,917m)

標高差:450m

2005年04月30日


アイスバーンも無くなり、視界が開け、前方に”峰の茶屋”が見えてくる。
噂の雪渓トラバース路も見え出したが、融雪しだして誰かが渡るまでは俺は絶対に渡らない。(小心ものなのです)

24分で”峰の小屋”に着く。まずは茶臼岳に登り、アイスバーンが緩んでいたら朝日岳に向いたい。内心、朝日岳は見送りたい気持ちで一杯だ。

少し霞んでいるが ”峰の小屋”からもすばらしい展望が広がっていた。前方には1,800m以上の山々が連なる。
道を間違え茶臼岳の周遊路に入ってしまう。周遊路は地獄巡りになっており、是非、見ておきたい所ではある。
ジェット機音の様に音を出している所、もうもうとガスを発している所、と見所充分である、硫黄臭いので長居は無用。
1時間10分で各登山道の分岐点になっている”牛ヶ首”に着く。
休息場所になっておりロープウエイが動き出すと観光客で溢れてしまうと思う。
茶臼岳は活火山であること、昔は硫黄を採掘して火薬の原料にしていたこと、硫化水素ガスを発しているので危険なこと、等が書かれている。
穏やかな周遊路を進むとロープウエイの山頂駅が見えてきた。
始発までには時間があるので観光客はまだ登ってこない。
山頂駅からの直登コースを山頂目指して頑張る。左上に峰ノ小屋からのグループ6名が登って来た。
火口底を覗くが、緩やかな凹みなので迫力がない。
加工底周辺からの噴気は見られないが、外周の落ち込みのが凄い。
火口を半周すると鳥居のある最高地点が見えてきた。
2時間03分で”茶臼岳最高地”に着く。えらく遠回りしたが価値はあった。この後、火口の反対側を半周して峰ノ小屋に降りてみると沢山の登山者が休憩していた。

下山路
雪渓のトラバースを経て沢山の人が入山して来た。みんな怖くはないんですかね。
峰の小屋に帰り着くと更に多くの登山者が群がっていた。流石は百名山、流石はG・Wだ。
朝はアイスバーンだったが下山時は緩んでいたので、かかと落しでガンガン下り、三本槍からは2時間で下り終える。12時18分、7時間丁度で那須岳を終える。
今日の温泉
駐車場の車に帰り着くと隣の車の人も下山を終えていた。挨拶して少し喋ると話しが止まらなくなり山談議が続いてしまう。ネットで350円の温泉を決めていたが、地元のこの人の薦めで”鹿の湯”(400円)へ一緒に行くことにした。
鹿の湯に入った途端”やられたー!”と思った、石鹸、シャンプーが禁止なので目的の汗を流せない。
湯温違いの湯舟が三つあり、確かテレビで見たことがある。一番ぬるい湯舟が普通の温泉の温度、中温で熱い位なので一番熱い湯舟には入らなかった。見た目でも熱そうな感じだった。
湯に浸かっている内に体は洗えなくても、こんな湯治場に連れて来てもらって感謝する様になった。
後でアドレス交換をした大野さん(51歳)はここで2時間位居るらしが、俺は早々に上がる。いい経験が出来た。
皇海山へ移動する
昨年、男体山、白根山に登った時に買物をした日光街道沿いのスーパーで食料を買い込み、一方通行のいろは坂でへたれを相手にバトルを楽しみ、男体山、白根山を横目で見ながら追貝に向う。

日本百名山に戻る

栃木県那須町
尾根にはくさり場があったが、このくさりは登り降りの補助的な意味合いでなく、強風で飛ばされない様に設置されたものだ。これがあれば恐怖感が薄れる。
前日の移動
安達太良温泉に入った後は、二本松市に出て国道4号線をフラフラとドライブする。途中、昼の足しに山菜ラーメンを食べて、明日の昼飯にするおにぎり2ヶを買う。
那須高原有料道路(360円)を走り、ロープウエイ駅に行き、明日の始発時間を聞く、ロープウエイ(片道650円)に乗る為ではなく、観光客が大挙して登ってくる前に茶臼岳を済ませたいだけである。始発は7時半と言うので、6時に登り始めれば大丈夫だろう。
那須岳のすごい景観 駐車場の周りからすごい景観である、正面に茶臼岳、右手に朝日岳がむき出しで聳えている。登山者は結構来ておりパラパラと下山してくる人が居る。まだ3時、山景色を眺めながら梅酒を呑んでいると最高にいい気分だ。
今日も朝飯抜きで5時20分に駐車場を出発。登山道は一面のアイスバーン。先行者のおじさんは軽アイゼンを付けて登っているが、アイゼン無しで行ってしまう。
火山性の山の影響か、標高1500m満たない登山口から高山帯の様相をしている。
右手に”朝日岳”(1,896m)を見ながらの歩きになるが、歩くに従い朝日岳の山容がグングン大きくなってくる。朝日岳はどこから登らしてくれるのか、ここから見る限りでは簡単に登れそうに見えない。

この3日間、強風の吹きっぱなしであるが、ここも風が強い、地形的に風の通り道になっており、10月から5月までは強風が吹くらしい。

先行のおばちゃんがアイゼンを付けて行くと言うのでひるむ訳には行かなくなってしまった。しかし、帰りもここを通らなければならいと思うと気が重い。
ステップは足形分だけ、雪は緩んでいてくれた。下を見ないでおこうと思うが見てしまう、見ると怖い、滑落すれば絶対に止まらないだろう。
こちらのくさり場は積雪期の滑落防止用。
残雪がなければ怖くないトラバース路、ここを抜けて登り切ると朝日の肩に出る。
8時37分、3時間17分で”朝日の肩”に着く。
ここにザックをデボして朝日岳にアタックする。
(そんな大げさなものではないが・・・)
”朝日の肩”からは5分で”朝日岳”(1、896m)に着いた。
展望最高、後でストーカまがいをしたお姉さんにシャッターを押してもらう。因みに下りは4分しか掛からなかった。
”朝日岳”山頂からは眼下に駐車場が見える。昨日と打って変っての好天気、但し空気の透明感は今一ではある。
朝日岳山頂から茶臼岳を見る。これを2周もするバカも居るんだ。
”朝日の肩”からこれから登る”1,900mピーク”への縦走路を見る。
”1,900mピーク”より”清水平”、”三本槍岳”を見る。
”清水平”より”三本槍岳”を見る。”三本槍岳”は山名に反して穏やかな山である。
清水平一帯は湿原になっており、お花シーズンは兎も角、残雪のこの時期は泥濘とくされ雪によるつぼ足に苦しむ、この辺りでは長靴が正解だ。
”清水平”より縦走して来た道を振り返る見る。”清水平”は緩やかな鞍部となっており、残雪がザクザク、雪解け水でヌタヌタだった。
4時間48分にて那須岳最高峰”三本槍岳”(1,917m)に着く。気温9℃、おにぎり1ヶを食べて昼食とする。
このおっちゃんが地図を持っていたので、山を見ながら山名を特定して行く。猪苗代湖、磐梯山、安達太良山が見えたのには感激、休憩12分で下山する。
Road Map :国道4号線から那須高原有料道路(360円)に入り、R・W駅の駐車場に停める。
Route Map:茶臼岳を周回後、朝日岳、清水平、三本槍岳を往復する。
日本百名山』  山全体として面白いが最高峰の三本槍岳ピーク感無く面白くない。
峰の小屋に戻り、ベテランらしいおっさんに”トラバースは大丈夫ですかね?”と聞いてみると”大丈夫、行ける!行ける!”の返答だった。取り合えず行ってみるか。ビビッているのに追い討ちを掛ける様な注意書きがトラバース路入口にあった 。
今回の遠征
04/28 04/29 04/30 05/01 05/01
磐梯山 安達太良山 那須岳 皇海山 赤城山
最高峰は三本槍岳
三本槍岳山頂より西方向の”流石山””大倉山””三倉山”方向を見る。
三本槍岳山頂より北方向の”赤崩山””観音山”方面を見る。
なすだけ
写真は朝日岳(1,896m)
「日本百名山」から
那須がそれほど昔から有名になったのも、関東から寂しい奥州路に入る口に当っていたからであろう。
(略)東北本線の西那須野から黒磯あたりまで、その広漠たる原が続く。山の好きな者にとっては、
その果てに並び立った山の姿から眼が離せない。
登り:4時間48分(茶臼岳経由、三本槍岳まで)
下り:2時間12分(三本槍岳から直接下山)
コースタイム:7時間00分