〔023〕会津駒ヶ岳 (2,132m)

標高差:1,032m

2005年07月18日


巾広い登山道は結構な勾配が続き、蒸し暑さと相まって息が切れる。
若者、高年者問わずに抜かれる一方で調子が出ない。

2時間16分登り続けると”肩ノ小屋”が見える開けた場所に出る。

池塘にはまだ花が少なく残念。
”肩ノ小屋”手前には硬く締まった残雪が少しだけ残っていた。
2時間31分にて”肩ノ小屋”に到着。”駒ノ大池”が雰囲気をぐっと良くしている。
”駒ノ大池”から見た丸い穏やかな山容の”会津駒ヶ岳
駒ヶ岳登り途中より”駒ノ小屋”を見る。
日本百名山に戻る

福島県檜枝岐村
前日の移動
会津駒ヶ岳の登山口は平ヶ岳登山口から国道352号線を車で走り30分程の距離にある。檜枝岐村の駒ノ湯を過ぎると林道入口があり登り詰めれば会津駒ヶ岳の登山口となる。駐車場は狭く、15台も停めれば一杯の感じだ。昨夜の睡眠不足と平ヶ岳の疲れが重なり、7時に寝て後は爆睡する。
登山当日
夜中、寒くて目が覚める、気温16℃、シュラフを被り再度寝る。目覚めると周りには車が沢山増えており、みんな出発準備をしていた。
この駐車場の写真は下山後の撮影。駐車場が一杯になり道路の下の方まで車が停めてあった。
5時丁度に出発、ネットでよく見る階段から始まる滝沢登山口。標識には山頂まで5.3kmの表示あり。

登山道脇のベンチでは老人会(?)が休憩していた。ここからの展望は良い。

1時間05分にて水場に着く。水場までは急斜面を3分程降りる必要があるが、誰も降りて行かない。行ってみると冷たく旨い清水が待っていた。

森林帯を抜けると池塘が点在する湿地帯となり、高山植物保護の為の木道が続く。

モーカケの滝
檜枝岐村付近には4つの名爆があるらしいが、暇潰しに歩かないで済むモーカケの滝へ行って見る。檜枝岐村から国道352号線を御池方面に走ると無料駐車場があり、5分も歩けば名爆を見ることが出来る。
水場までのコースタイム
うろ覚えで水場までのコースタイムを60分と覚えていたので、60分を過ぎてしまい、やはり体調が悪いんだと愕然としたが、再度、ガイドブックを見ると90分となっており、”なーんだ!”と心密かに安堵した。

”肩ノ小屋”までは広い湿原に木道が伸びている。今年のお花最盛期は積雪の為に2〜3週間遅れているとか。

2時間51分にて”会津駒ヶ岳”(2,132m)に着く。山頂周辺は雑木に覆われ展望無し、又々頼んだ写真は写っていなかった。中高年者はシャッター半押しを理解しない人が多いようである。
展望の利かない山頂では休憩せずに”中門岳”に向う。
残雪が多い尾根道は涼しくて歩いていて気分が良い。
”駒ヶ岳”から”中門岳”までは30分程の道のり。
緩やかな登り下りなので疲れることはない。
8時25分、3時間25分を要し”中門岳”に着く。山頂はなく池塘が広がるのみ、近くに少し高い丘があるがここを最終地点とする。
山談議
中門岳で休憩していると単独登山者が5名集まってしまい山談議が始まる。複数登山者はあまり話したらがらない人が多いが、単独者とは話しが弾んでしまう。その内の一人はお花目当てで来たらしく、最盛期が遅れていると聞いて非常にがっかりされていた。
葉っぱの真ん中から花が咲くエンレイソウ(延齢草)
こちらも葉っぱの真ん中から花が咲く”サンカヨウ
(山荷葉)
下山
花を見ながら淡々と下山し、11時35分、6時間35分で会津駒ヶ岳を終える。出発時にはそうでもなかった駐車場は車で溢れ返り、林道の下の方まで車が停めてあった。
今日の温泉
登山口から直ぐ近くの”駒ノ湯”に行く。こちらはネットと同じ500円ではあったが、燧ノ湯と同じくシャンプーは常備されていなかった。マイシャンプーを使う。
裁ちそば
檜枝岐の名物料理は裁ちそばらしく、下山中に無性にそばが食べたくなった。そば屋も3連休で一杯のところを並んで食べてみたが、美味くは無かった。十割そばは私の口に合わないのか八割そばの方が好きである。ただ、そば湯で割ったダシは抜群に美味く、お代わりが欲しい程であった。
モーカケの滝
温泉に入り、そばを食ってもまだ1時半、退屈なのでモーカケの滝を見物する。
檜枝岐村
まずコンビニが無い、1件ある食料品屋にはレトルト食品しか置いていない。そば屋は沢山あるが飯屋は無い。アルザ尾瀬の郷まで車で走り食堂で閉店時間を聞いてみると4時だと言う。1時に大盛そばを食べたのに4時の夕食はきつい。それでもしょうがないので付近をブラブラ観光して4時前に食堂に入ると、今度はごはんが切れてしまってうどんを食べる羽目になる。檜枝岐は民宿に泊った方が良さそうです。
移動
綺麗なトイレのある”ミニ尾瀬沼公園”の駐車場を今夜の宿とする。夕方には雨が降ってきた。寒冷前線が停滞しているらしい。さて、明日の天気はどうなることやら。
会津駒ヶ岳の鳥瞰図。クリックすれば大きくなります。
Road Map :檜枝岐村過ぎて林道に入り林道終点まで進むと狭いながら駐車場がある。
Route Map
:登山口〜駒ノ小屋〜駒ケ岳〜中門岳を往復。
「日本百名山」から
『新編会津風土記』には「五峰アリ。東北ニ綿延スルコト八里余、残雪駒様ヲ成ス」とある。駒様ヲ成スだけでは、残雪の一部が駒の形になるのか、残雪の山全体を駒の走る勢いに見たのか、ハッキリしないが、私は後者だと判断する。実際に登ってみてそう感じた。
(雨天の為)
今回の遠征
07/17 07/18 07/19 07/20 07/21
平ヶ岳 会津駒ヶ岳 尾瀬沼観光 燧ヶ岳 越後駒ヶ岳
木道で保護された登山道を下山する。
”駒ケ岳”への登り返しはたおやかで問題無し。
日本百名山』  山頂全体がたおやかだった。
あいずこまがたけ
登り:2時間51分
下り:3時間10分(中門岳から)
コースタイム:6時間35分
(中門岳経由)
大きな残雪を抜けて穏やかな道に入って行く。殆んどが水平道だ。