〔021〕安達太良山 (1,700m)
標高差:570m

2007年08月15日


雑感
前回と違う道を歩きたいとの思いで沼尻からの登山道を歩いてみたが、
景観の凄さで本当に感激の連続だったし、楽しく楽に歩くことが出来た。
奥岳からR・Wを使って登るより、沼尻からのコースの方がお勧めです。但し、天気の悪い日は危険な箇所がありますのでお気を付け遊ばせ。
今日の温泉
林道入口にスキーロッジ、民宿が数件あり、どこも500円で日帰り入浴が可能だ。小綺麗な”沼尻国際リゾートホテル”に立ち寄ってみたが、
日帰り入浴は14:00からであり、隣りの小汚い”岩瀬屋”に入る。
飯豊山登山口、川入に移動
道中で食事をし、3時には川入に入ることが出来、暇を持て余す。
日本百名山に戻る
 東北の滝に戻る

福島県猪苗代町

安達太良山リベンジ
2005年の4月に登頂はしているが、強烈な風とガスで山頂では吹き飛ばされそうになり、下山時はホワイトアウトで道を見失い、雪原をさ迷ったものである。山頂からの景観を見たく、又、道を間違った位置を確認したく再度、登頂しようと思っていた。当初は前回とまったく同じルートをトレースしようと思っていたが、あまり面白いコースでなかったので、反対側(西側)の沼尻から登ってみることにした
飯豊山への作戦
時間の掛かる日帰り登山は、これまで体力のある一日目としていたが、移動による睡眠不足で辛い思いをしている。飯豊山を二日目とし、早くから登山口に入り充分な睡眠を取ってロングコースに挑む予定。

前日の
の移動

11時半に自宅を出発し、晩飯以外は休息無しで11時間走り抜き、磐梯SAで仮眠する。0時を回ってから高速を降りて、深夜の1時30分に登山口である沼尻スキー場の駐車場に着く。天ノ川が見えていた。

「日本百名山」から
地図の上では、その一連の峰に、箕ノ輪山、鉄山、矢筈ノ森、和尚山などの名が付され、
その中央に乳首のような円錐峰が安達太良山となっている。(略)しかし万葉集や智恵子が安達太良山と見たのは、その小さな乳首だけでなしに、その全体を指してのこどだろう。
Road Map :阪神高速〜名神〜中央道〜長野道〜北陸道〜磐越道をシームレスに走り、磐梯高原ICで降りる。−−−-−−中央道を走ったのはアルプスの山々を見たかったからであるが、山頂はガスで見えなかった。
Route Map:沼尻の登山口から沼ノ平を左廻りで一周する様に登る。
東北の滝 』 
日本百名山』   終始展望の良い圧倒的に面白いコースだった。
登山口 滝見台 障子岩 船明神山 分岐 安達太良山
5:41 −−− 7:39 −−− 8:05 8:21
安達太良山 鉄山 鉄山避難小屋 胎内岩 湯の花採集場 登山口
8:30 9:10 9:25 10:22 11:04 11:44
下り:3時間23分
登り:2時間40分
トータル:6時間03分
白糸ノ滝を見たくて左側の登山口を入りたかったが、進入禁止の看板があり、行けぬことは無いだろうと思いながらも、確実な右の登山口から登り始める。
沼尻スキー場林道終点の広い駐車場。写真は下山時のものであるが、
朝は2台しか来ていなかった。駐車場にはトイレは無い。
滝壷まで行ってみたかったが道は見付からなかった。
少し登ると眼下に”白糸ノ滝”が見えてきた。落差60m、流れ落ちる滝の水は湯の華を取る硫黄川からで温泉水らしい。
登山道は最初を登ってしまえば比較的穏やかな斜面が続くが樹木が生茂り展望はほとんど無い。気温は高くないが風が通らずやけに蒸し暑い。
登山道の周辺は地味な白花が多かった。
展望の開けた所に出ると遥か下に”湯の華”採集場の異様な光景が見えた。左側の登山道を入ればここを歩けた様であるが、どこが通行止めなのかが
判らない。下りは是非、歩いてみたい。作業小屋とか採集場がはっきり見
えるが、今は作業していない様だ。
硫黄川の谷底には一本の道がはっきり見えている。
振返ると”磐梯山”(1,819m)が朝靄の中、聳えていた。猫魔八方台から登った時は穏やかな山に感じたが、ここから見ると険しい山に見える。
やっと”沼ノ平”が見えてきた。朝陽で逆光気味であるが、これまで見たことのない異様な景観だ。
硫黄川の向こうには”吾妻山”(2,035m)が見えているが取り留めの無い山ばかりで感激はまったく無し。ここまで来ると風が吹き抜け若干涼しくなってくる。
大展望の障子岩を歩いた後は、エッジが鋭過ぎるのかトラバース路が設けられている。ここは低潅木だけなので展望は失われない。
登りながら見上げている時は”障子岩”の上に登れるとは思わなかったが、今、岩峰の一郭に立っている。前の岩からはオーバーハングの落ち込みで
際に立つのも怖い感じだ。
正面に見えてきた”船明神山”の岩壁。正面突破をするのではなく、右から大きく迂回して裏側に廻る様に登るようだ。
今、歩いて来た”障子岩”を振返り見る。手前は単なる水溜りか。
船明神山から沼ノ平の全容を見る。外周を歩いているので、この景色が刻々と変化し飽きない景観が続き、寂しく一人で感激に浸る。(本当に感激した)
ここが”船明神山”の山頂と思うがはっきりしない。
これから歩くナイフエッジを見る。落込みは凄いが片側はしっかりしているので、大山の様な恐怖感がある尾根では無い。
2時間24分にて”登山道分岐”に着き、安達太良山を見る。ここから見る山容は乳首山には見えない。
ここを登ってくるお年寄りの方は安達太良山を”乳頭山”(ちくびやま) と呼んでいた。
船明神山を下り、分岐点まで緩やかに登ってゆく。どこを見ても凄い景観が続き、時間のカウントをほとんど忘れている。
2時間40分にて”安達太良山”(1、700m)の山頂に着く。
まだR・Wは動いていない時間なので、ハイカーはほとんど居ない静かな山頂である。展望はすこぶる良いが前回登った奥岳方向には大したものは何も無かった。
乳首の下の山頂標識に着く。 前回はここで強風に飛ばされそうになり、
標識を撮るのだけが精一杯で山頂までは登れなかった。
下山斜面を見ていると記憶が甦り、どこをどう間違ったかははっきりしてきた。これだけ晴れていれば間違いようが無いが、あの時は目の前の竹竿、マーカーさえ見えなかった。
前回、残雪の中でガスが出てホワイトアウトになってしまい、道が判らず遭難もどきになってしまった。どこをどう間違ったを知りたく、現場検証(?)をしてみる。
分岐点に帰り、沼ノ平を見る。こんな殺風景な景観を嫌いな人も居るだろうが、実際に見ると感激しますよ。両側の岩峰を歩けるなんて最高。
馬ノ背から”くろがね小屋”を見る。
ここからくろがね小屋に下りる道は通行禁止になっている。
分岐点から鉄山に通じる”馬ノ背”を見る。

1997年9月15日火山ガス事故
安達太良山沼ノ平火口を登山中の登山者4名が倒れるという事故が発生しています。午後2時前,救助隊により死亡が確認されました。沼ノ平では昨年から泥水の噴出と噴気活動の活発化が観測されています。噴気孔からは有毒な火山ガスが噴出しており,気象条件によっては立ち入りは危険です.なお,火山観測情報(9月15日15時20分福島地方気象台発表)によれば,火山性地震の発生回数などに特に変化はありません。

3時間29分にて”鉄山”(1,709m)に着く。
ここからの展望は良いが尾根筋の一端にしか感じない。
馬ノ背より鉄山を見る。仲良しジジーが4人下りて来たので周辺の山に付いて教えてもらう。
避難小屋の中は何も無いがきれいに掃除されている。
3時間44分にて”鉄山避難小屋”に着く。展望は良いが水場は無いようだ。奥に見えているのは穏やかな山容の”箕輪山”(1,728m)
登り時とは反対方向から沼ノ平を見る。ここからの落込みもすごく迫力満点の景観が続く。逆光気味なのが残念。
今日はモデルさんが同行して居ないのでザックに代わりを勤め
てもらう。左写真の先端であり、ザックの先は強烈な落込みに
なっている。
下山方向を見る。この後、このテーブルトップの上に立つことになる。
4時間41分、”胎内岩”に着く。上から入口を見ると、通れるのかと思ってしまう程、入口は狭い。”フタに点々”の人は通り抜けるのが難しいかも。ザックを背負っては通れない。
出口側を見る。ここを通らないとロッククライミングをしなけ
ればならない。モデルが居ないと写真には成らないし、三脚を
立てるほど粋狂でもないし、又もやザックで代用する。
下り途中から硫黄川への急斜面を見る。ザレ場であり滑り易い。
下山途中から胎内岩のあった岩壁を見る。おっさんが立っているところに胎内岩があり、急斜面を下りて来た。しかし、凄い山であり飽きさせてくれない。前回と同じルートを歩かなくて良かったとつくづく思う。
登山口で出会った大学生4人も、このあんちゃんも折りたたみマットの間にザックを挟んで登っている。山岳雑誌を見ないのでこれが最近の流行なのかは知らないが、小屋泊り用のマットであろうが、若者に流行るとは思えない格好でる。小屋に入れば最高の寝床になるのだろう。
硫黄川まで下りてみると毒々しい水が流れており近寄り難い。沢水を触る気にもなれず水温は判らない。
上の登山道から見えていた”湯の華採集場”の作業小屋に着く。
全て廃墟であり、有毒ガスの発生で閉鎖されたのか。
きれいな滑滝があったが、水が水だけに沢に下りる気がしない。
実は温泉かも知れないので下りてみれば良かったかな。
至る所に”有毒ガス、立入禁止”の注意書きがある。硫黄臭が強く温泉の雰囲気がある。以前はここで温泉に入れたらしい。
今でも作業をしているように見えた湯の華採集設備であるが、
近くで見るとぼろぼろだった。
小屋の横に湯の華が山積みしてあった。
河原には露天風呂の様な天然プールがあり、温泉として入れそうな感じがする。(有毒ガスが危ないか)
下山路から目の前に”白糸ノ滝”を見ることが出来た。結局、通行止めになっている箇所は無く、用の済んだ看板は撤去して欲しい思いだ。駐車場からここまで近いので滝だけを見に来る人も多い。
ヌリカベが多い:後で判ったことであるが、このマットはボルダリング゙時の墜落受けクッションなのだろう。
前回ホワイトアウトで何も見えず、道間違いから迷走したルートを検証してみる。
馬ノ背より”沼ノ平”を見る。
あだたらやま
珍しい形の綺麗な花であるが名前は判らない。
ナイフリッジから見た”沼ノ平”はグランドの様にまっ平に見える。
登山道分岐から歩いて来た道を振り返り見る。奥岳コースからは想像出来なかったダイナミックな展望が広がっている。
ここから見る安達太良山の山頂は乳首がでか過ぎる。
”安達太良山”の山頂から見た北側の展望には登山道がはっきり見えていた。