〔020〕吾妻山 (2,035m)
2003年07月23日
初夏のまとめ登り、最後の山として帰り道にある吾妻山に登る。白布温泉から天元台ロープウエイ、リフト3本(往復共通券2700円)を乗り継ぎ登山口へ。
登山口からカモシカ台までは樹林帯の滑り易い登山道を進む。
カモシカ台では展望が開け、中大嶺の巻き道を進むと湿地帯への下りとなる。湿地帯では木道が設置してあり歩き易く、周りは高山植物で一杯だ。ここで老年の人からチングルマの由来、メカニズム(?)を習う。
更に登ると次の湿地帯が現れ、高山植物群が迎えてくれる、普段、花に目をくれない相棒 N氏も盛んに花の写真を撮りだす。展望の利く梵天岩を過ぎ、樹林帯を進むと急に広々した所に出て、そこが天狗岩の名称の場所と判る。
ロープウエイ駅から1時間50分で山頂に着く。
展望の利かない山頂では写真だけ撮って、梵天岩まで降りて昼食とする。下りもゆっくり花の写真を撮りながら歩くが、カモシカ台からは走る様に下りてしまう、早く降りる病気を治さなくては。
平日なのでロープウエイはガラ空き状態。
山頂は梵天岩の向こう側で、まだ見えない。
湿地帯の中に木道が続く一帯がお花畑。
花とおじさんを演じる完全やらせ。
後に見えるカモシカ台から歩いて来た。
日本百名山に戻る

ロープウエイ、リフト3本を乗り継いで手を抜く。
湯元駅にある案内板、カモシカ台まで行く人は多い。
リフト降り口からは自力で(?)頑張る。
湿地帯に”ワタスゲ”の花が広がるお花畑。
アズマシャクナゲ
チングルマの花
チングルマの種
樹林帯の登山道から行き成り広々した天狗岩に出る。
2時間10分にて展望の利かない”西吾妻山”(2,035m)に着く。

山形県米沢市

標高差:235m
Road Map :蔵王から移動して米沢市から白布温泉へ。
Route Map:本日、二山目なのでズルして、天下台へのR・Wとリフト3機を乗り継ぐ。
今回の遠征
07/20 07/20 07/21 07/22 07/22 07/23 07/23
八甲田山 八幡平 岩手山 早池峰山 岩木山 蔵王山 吾妻山
日本百名山』   たおやかで女性的な山。
あずまやま
日本百名山から
一口に吾妻山と呼んでも、これほど漠然としてつかみどころのない山もあるまい。福島と山形の両県にまたがる大きな山群で、人はよく吾妻山に行ってきたというが、それは大抵、この山群のほんの一部に過ぎない。