〔018〕蔵王山 (1,841m)
2003年07月23日
前日の移動
岩木山から東北道を走り抜き、蔵王ハイライン終点の駐車場に入り車泊とする。ハイラインは5時以降、520円が無料となる。
当日の山歩き
火口外周の馬ノ背から神秘的な御釜を見ながら避難小屋へ向かう。避難小屋付近からは尾根道となり360°の視界が広がる。少し歩けば熊野神社がある山頂へ。
50分で熊野岳山頂に着く
下山時に帰りの駄賃として歩いて10分程の刈田岳(1,758m)に登る。1時間45分で蔵王山を終え、吾妻山に向う。
避難小屋から駐車場、刈田神社を振り返り見る。
生まれて初めて”滝雲”を見ることが出来て大感激、正に自然の神秘を感じた。
薄いガスが広がる中、尾根道から熊野神社を見る。
50分にて蔵王の最高峰”熊野岳”(1,841m)に着く。
日本百名山に戻る

5時15分、蔵王ハイライン終点の駐車場から歩き始める。
朝の散歩をしていると御来光に出合えた。
御釜を眺めならが勾配の無い馬ノ背を通る。

(熊野岳、刈田岳)

熊野岳からの縦走コース途中にある地蔵山(1,736m)方面を見る。地蔵山の南面には蔵王R・Wの山頂駅がある。

途中で見つけた変わった花当然、花名は判らない。



標高差:118m
宮城町七ヶ宿町
今回の遠征
07/20 07/20 07/21 07/22 07/22 07/23 07/23
八甲田山 八幡平 岩手山 早池峰山 岩木山 蔵王山 吾妻山
登ったと言う実感はないが、一応、百名山なので記念撮影だけはしておく。当然、直ぐに下山に入る。
熊野神社からの展望。
蔵王で一番の見所は”御釜”の神秘的なブルーに尽きる。
ざおうさん
日本百名山』 山登りと思えないほどの楽ちん歩き。
「日本百名山から」
同じ東北の山でも、蔵王には、鳥海や岩手のような独立孤高の姿勢がない。群雄並立といった感じで、その群雄を圧してそびえ立つ盟主がない。(略)もし最高点を盟主とするならば、それは熊野岳であって、その細長い頂の一端に、斉藤茂吉の歌碑が立っている。
山頂の横にある”熊野神社