〔016〕月 山 (1,980m)
2003年08月11日
前日の移動
鳥海山から月山高原ラインの終点、八合目駐車場に移動し、月山高原ロッジの駐車場で車中泊とする。
今日は鶴岡市の花火大会であり、打上花火を見下ろす格好となる。
当日の山歩き
昨日と違い、今日は昼から天気が崩れる天気予報であるので、5時半に出発とする。弥陀ガ原の高原湿原をなんたら神社側に周り、登山口の標識を確認して登り始める。石がゴロゴロした緩やかな傾斜の道には高山植物が咲き誇っている。
1時間半で仏生池小屋に着き、ここからはオモワシ山へ登りがきつくなってくる。
登りきると、又、道は穏やかになり残雪が点在する行者ガ原を見渡せる登山道となる。再度、きつい登りを上がりきると広々とした草原状の月見ガ原が見渡せる景観の良い道となる。
2時間半を要し、月山神社に着くが、神社内へは五百円を払ってお払い受けてからとなる為、中には入らなかった。知っている人は少ないであろう神社裏の山頂に上がり、遠く出発点の駐車場が見える景観の良い場所で15分ほど休憩する。来た道をゆっくり下り、弥陀ガ原に戻ってからお弁当を食べる。
4時間45分で月山を終え、朝日岳登山口の朝日鉱泉に移動する。
日本百名山に戻る

8合目レストハウスと駐車場、日本海が見えている。

駐車場から直ぐの弥陀ガ原高原湿原、周遊道になっている。

湿原には数多くの湖沼があり、イモリが泳いでいた。

遊歩道の奥にある登山口。ここから石がゴロゴロした歩き難い道が山頂まで続く。

時折出てくるガスに包まれた”ニッコウキスゲ”のお花畑。

あちこちに雪渓が見られるが、残念なことに雪渓を歩くことはない。

仏生池小屋”と”オモワシ山” この山も山頂と間違えてしまった。

月山神社が見えてきた。

立山と同じく、ここから先は五百円払えときた。山頂はどこや?と聞くと境内の中にあると言う。嘘付き神主め。当然中には入らない。後から来た人に本当の山頂を教えてささやかな営業妨害をしてやった。

神社裏の山頂より歩いて来た縦走路を振り返る、高低差は少ないが距離はたっぷりある。

山頂の反対側にある頂上小屋、反対側も広々とした草原が続く。

鳥海山ほどではないが月山もお花畑が続く、もう、写真を撮るのが邪魔臭くなってきた。

今日の温泉
羽黒町にある”やまぶし温泉ゆぽか”(350円)に入る。
値段が安い上に湯船、露天風呂は広くサウナも付いていた。

朝日岳顛末記
14kmの狭く長い林道を走り、夕刻5時に登山口である朝日鉱泉小屋の駐車場に着く。雨が降り出し、明日の山登りは登りだけでも6時間は掛かる長丁場なので、明日の朝も雨なら中止して帰宅することにする。
浜松から来た人も明日は日帰り登山だと言う、御岳を2時間で登ったとか、レインウエアーはモンベルかモンカフェか知らないけれど4万円したとか、自慢話を聞かしてもらう。俺の1,980円の長靴と百均のカッパを鼻で笑いやがった。
8/12の早朝も雨は止むことが無く、カッパを着ての6時間は嫌なので早々にリタイヤする。
相棒が居る時にはペンション”エルグランド”での宿泊となるが、
今回は一人なので燃費の良い民宿”とるねお屋”での宿泊となった。
トータル走行距離1300km、平均燃費15km/Lとなる。

登山中、行者ガ原、月見ガ原の広々とした景観が続く。

岩手山のヘビに続き、ここでは山頂近くでカエルを見つける。しかし、きりりとした男前のカエルだった。

オモワシ山を上がってしまうと、おだやかな笹原になる。


山形県羽黒町

標高差:600m
Road Map :宗教色の強い出羽三山から山形の県道211号線から月山高原スカイラインに入る。
Route Map:弥陀ヶ原の登山口から穏やかなお花畑の道を山頂まで往復。
日本百名山』  高原歩きをしている様なたおやかな山。
がっさん
「日本百名山から」
優しく−− それが月山である。北の鳥海の鋭い金字塔と対照するように、それは優しい。田山花袋の『山水小記』は、北海道をのぞいて日本の北から南までの印象的旅行記で、その旅情にあふれた文章を私は愛しているが、一番初めに月山が出てくる。
登山道としては高度感が無かったが、山頂からは2千m級の標高差が実感出来る展望だった。
充実した設備なのにやけに安い”やまぶし温泉ゆぽか”で汗を
流し、朝日鉱泉に移動する。