〔014〕早池峰山 (1,917m)
2003年07月22日
連日の雨で河原坊からの登りは沢渡りが無理と考え、駐車場の無い小田越側から登ることにする、車は離合帯に停める。
滑り易い樹林帯を抜けると大きな蛇紋岩がゴロゴロしている岩礫帯となり、石を飛び移りながらの登りが続く。
前方に高く広い岩の壁が広がり、どこから登るのか考えさせられるが近づくにつれうまく岩と岩の間を登らされてくれた。

次の壁には
鉄梯子が二段に渡り掛けてありここは簡単に登れた。鉄梯子の八合目を過ぎると勾配も緩み、やがて湿原のお花畑に出る。2時間弱で山頂に着く。

雨は止んだが山頂からの視界はゼロ、晴れていればかなりの景観が得られたと思う、人が上がってくるのを待ってシャッターを押してもらい、直ぐに降りる。
3時間45分で早池峰山を終え

3時間掛けて200km先の”岩木山”へ移動する。
岩の合間を縫うように登山道が続く。
ミヤマシオガマ”の群落。
時期的に早いのかまだ蕾の花も多かった。
日本百名山に戻る

これに色が付いていればどんなに綺麗だろうと思ってしまう”コバイケイソウ
定番の”イワカガミ

岩手県遠野市

標高差:677m
「日本百名山から」
谷文晁の『日本名山図会』には太平洋側から見た早池峰が描かれている。多分、宮古あたりの港とおぼしき風景を前にして、まるで拳をあげたような突兀とした山に描かれている。(略)絵に誇張のあるのは承知していても、こんなに鮮やかに大きく見えるのであろうか。
07/20 07/20 07/21 07/22 07/22 07/23 07/23
八甲田山 八幡平 岩手山 早池峰山 岩木山 蔵王山 吾妻山
花の早池峰
5時00分駐車地を出発、程なく”小田越の登山口”に着く。雑木林の道は連日の雨で沢の様に水が流れている。俺は長靴だが相棒は登山靴で大丈夫だろうか。
一合目を過ぎると蛇紋岩の青っぽい大きな岩が続き、岩から岩へ飛ぶ様に渡るのでスリップがが怖い。
前方に唖然とするほどに岩の壁が広がる。どう登るのかと心配したが近付くとうまく登山道は出来ていた。 結構きつい登りだ。
樹木が少ないのでどこでも歩ける斜面であるが、登山道は2本のロープ内を歩く様に設定されている。
1時間13分にて、五合目のガイドブックに載っていた上下二段の長い鉄梯子が現れた。こう言うのは大好きなので楽しく昇らせて貰う。
お花畑が広がる湿地帯には木道が設置されていた。ここを抜けると山頂となる。
2時間弱にて”早池峰山”(1,917m)に着く。当然、ガスで山頂からは何も見えず。シャッターを押して貰いたく途中で抜かしてきたあんちゃんを待つが、花の写真でも撮っているのか中々上がって来ない。
この花を綺麗と言う奴の気が知れない”ハヤチネウスユキソウ”。これがエーデルワイスの仲間と知ってがっくり。屍の様に見えるのは俺だけ。
神が創った造形美としか思えない”ミヤマシオガマ
園芸種の様な”ミヤマアズマキク
7時05分、下山開始
遅れて登って来たあんちゃんにシャッターを押して貰い、お花畑をゆっくり散策して下山を始める。途中、駐車場であった福岡のおっさんが誰かと一緒に登ってきた。北海道を周り南下してきたらしいが、もう1ヶ月程山登りで旅をしているらしい。腰が痛いとコルセットをしていた。
8時45分、3時間45分で駐車場に帰り着き岩木山に向かう。
おっさん!、重量オーバーとちゃいまっか。
今回の遠征
日本百名山』  少し樹林帯を歩けば高山帯に入ることが出来る。山頂付近はお花畑が広がる。
はやちねさん