〔013〕岩手山 (2,038m)
2003年07月21日
5時55分、馬返しに登山口がある柳沢コースから登り始める。
一合目までミズナラ林の長い登りが続く、一合目からは石だらけの荒れた登りが続き、気温は低いながら湿度が高い為に暑く感じる。火山警報機のある七合目までくると傾斜は緩くなり、周りに高山植物が目立つ様になる。
不動平に出ると一面のお花畑となり目を奪われる。
砂礫交じりの御鉢を登ると見晴らしの良い火口縁に出る、火口を半周すれば山頂となる。二千mの山頂付近でカラフルなヘビを見つける。こんな寒く何も居ないところで何を食べて生きているのか不思議だ。4時間掛かり山頂に着く。この後、御鉢を周り下山に入る。
山頂で出会ったおじいさんは岩手山には三百数十回登ったと言っていた。すごい年寄りだ。

7時間30分にて岩手山を終える。
序盤の長い階段、その後は整備されていない登山道が続く。
遥か下方に出発点の登山口駐車場がガスの切れ間に見えていた。
今日は雨が降るかもしれないと長靴を履いてきたが、雨は降らず、長靴が似合わない。
不動平のりっぱな営業小屋、この他にも避難小屋がある。
不動平周辺は高山植物の宝庫になっていた。この先からは山頂への登りとなる。
御鉢を山頂へ進める、周りにはコマクサ、イワカガミが点在していた。
火山礫の滑りや易い斜面を登ると展望の良い火口縁に出る。
日本百名山に戻る

馬返し駐車場の登山口を5時55分に出発。
登山口にあるハイキングマップ
旧道も新道も登山道は結構荒れている。
御鉢裏側では地面から蒸気が吹き上げている
二千mの山でカラフルなヘビを発見。
ヘビ好きのオジサンは早速捕まえに入る。気温が低いせいか元気が無い。何を食べているのか聞いてみるが返事がない。やさしく逃がしてあげる。
噴火口の底を見る。白く見えるのは残雪?
4時間丁度で”岩手山最高地点”(2,038m)に着く。
この後は御鉢周りをして下山する。
噴火口全景、火山性の山は変化があり面白い。
下山後は相の沢温泉”お山の湯”(550円)で汗を流し、早池峰山登山口へ車を走らせる。

岩手県滝沢村

標高差:1,400m
今回の遠征
07/20 07/20 07/21 07/22 07/22 07/23 07/23
八甲田山 八幡平 岩手山 早池峰山 岩木山 蔵王山 吾妻山
駐車場の直ぐ上には綺麗なトイレと休息所の東屋があり、鬼又清水で水も得られる。
下山
御鉢廻りを終えて、10時30分に火口縁から下山を開始する。
途中、不動平の便所に寄ってみると、その周りのお花畑の綺麗さに目を引かれる。便所に寄って良かったな、と二人で話す。長い下りを降り切り、13時22分、7時間30分にて登山口に帰り着く。
早池峰山に移動する
早池峰山の登山口である河原坊に移動し、車中泊とする。
サイレンが鳴れば直ぐに下山せよと書いてある。
キケン”と書かれた崩れかけの岩が絶好の休息ポイントになっている。
参考時間
三合目:1時間10分
五合目:1時間50分
七合目:2時間42分
八合目:2時間55分
2時間42分にて”七合目”に着く。ここからは火口壁が見えているだけで、最高地点は見えていない。
少し登った地点から不動平、鬼ヶ城を振り返り見る。不動平は一面のお花畑が広がっていた。
続々と登って行く地元のハイカー。
1時間50分にて”五合目”に着く。
お鉢廻りは標高2千mの散歩道。
日本百名山』  独立峰であり、山頂からは360°の大展望が得られ不動平は一面のお花畑だった。
いわてさん
「日本百名山から」
石坂さんは弘前生まれである。そこから朝夕、岩木山を眺め、その習俗に浸って育った人であるから、その後の作品にも岩木山周辺がよく出てくる。弘前から眺めた岩木山は津軽富士と呼ばれるだけあって、まことにみごとである。