〔011〕八甲田山 (1,585m)
2003年07月20日
今日は移動、天気待ち、観光の予定であったが、早くも登山口である酸ヶ湯に着いてしまった。酸ヶ湯温泉の登山口に車を停めると、雨にも関わらず、沢山の人が山に入っていく。
観光なんかする気になれないので我々もカッパを着て登ることにする。
7時45分に登山開始。ブナ林を通り過ぎ、硫黄臭のする地獄沢ノ湯に出ると景色は一変して植物のほとんど無い沢に出る。
ここから急登となり、仙人岱に出ると又景色は一変し、お花畑が広がる、雨の為、カメラを出す気になれなかったのが残念。

1時間45分で山頂に着く。
雨は止んだが、ガスで景観はゼロ、山頂は通り過ぎる。毛無岱に出ると湿地帯に木道を渡したお花畑が続くが、何故か仙人岱程の花は咲いていない。酸ヶ湯温泉への最後の急斜面を下り、3時間40分で八甲田山を終える

下山後は八幡平に移動する。
酸ヶ湯から2.3km、八甲田山まで1.9kmの表示あり。
トータル4.2kmの距離。
仙人岱に出ると最初に小さな”鏡沼”がある。
1時間45分にて八甲田山の最高峰”大岳”(1,585m)に着く。ガスガスの中、沢山のハイカーが登っている。当然、展望はゼロ、何も見えない残念な状態である。
ネットでよく見る上毛無岱から下毛無岱下りる途中の大展望。晴れていれば絶景と思うが、今日は残念ながらこんな感じ。
相棒はゴアテックスの高価なレインウエアーであるが、俺は百円ショップで買ったカッパで百名山に挑んだが百円ショップのカッパは歩いている内に破けてくるので安物買いの銭失いになってしまった。写真で見ると違いが判らない!?
日本百名山に戻る

綺麗なトイレのある酸ヶ湯登山口の駐車場。雨にも関わらずカッパを着て登り始める物好きな人が多い。我々も物好きな一員になるべく7時45分に出発する。
樹林帯を抜けると硫黄臭い”湯ノ沢地獄”に出る。この道は変化があり面白い。穏やかな道が続いたが、ここからは登りがきつくなってくる。
沼を覗いても生き物は見あたらなかった。

森県青森市

標高差:685m

「日本百名山から」
八甲田という名称が、この山の性質を現している。前岳、田茂萢岳、赤倉岳、井戸岳、大岳、小岳、石倉岳、高田大岳の八つの峰と、その山中の所々に湿地、つまり田が多いので、八甲田と名づけられたと伝えられる。
前日の移動
7月連休に東北の百名山を登ることにした。東北方面の天気予報は思わしくなく、北海道は晴天が続いている様である。
前日の11時に西宮を出発、名神道、北陸道、磐越道、東北道を走り抜き、花輪のSAには24時に着き、ここで車中泊をする。
雑感
映画を見た訳ではないが新田次郎の原作『八甲田山死の彷徨』の印象で険しい山のイメージが強かったが、地獄谷とお花畑との対照的な風景の広がる穏やかな山だった。今回は生憎の雨天気で展望が得られなかったので、ここは是非リベンジする山に入れておこうと思う。下山後は八幡平に車を走らせる。
今回の遠征
07/20 07/20 07/21 07/22 07/22 07/23 07/23
八甲田山 八幡平 岩手山 早池峰山 岩木山 蔵王山 吾妻山
最高峰は”大岳
日本百名山』  無念の雨天気となり、山頂からの大展望を得ることが出来なかった。
下毛無岱”に下りても花も無く、寂しい木道歩きとなる。
はっこうださん