〔009〕羊蹄山 (1,893m)

標高差:1,544m

2004年07月18日


日本百名山に戻る

後方羊蹄山(しりべしやま)
1,544mの標高差、長い行程の間、展望が効かず何も見所の無い登山道は苦痛に感じただけであったが、山頂から眼下に見える牧場、平野部は雄大で感動的だった。
登山後はトムラウシへ移動する。

北海道倶知安町

「日本百名山」から
この山を単に羊蹄山と略して呼ぶことに私は強く反対する。古く『日本書紀』斉明朝五年(659年)にすでに後方羊蹄山と記された歴史的な名前である。(略) 後方羊蹄山の後方を「しりへ」(すなわちウシロの意味) 、羊蹄を「し」と読ませたのである。
Road Map :全道地図参照のこと。
Route Map:半月湖からの具知安コースを往復する。
具知安コースの登山口である半月湖キャンプ場の駐車場。日曜日でもあり沢山の登山者が来ている。夜明けの早い北海道では4時になると登り始める人も居た。
5時20分に登山口を出発するが、昨夜は大雨が降り、今朝も時々小雨が降ってくる雲行きの中、5時20分に登山口を出発する。
9合目までは展望のまったく利かない樹林帯を我慢の登りであるが、分岐点のある9合目付近でガスを抜けて一気に視界が開ける。
9合目付近から火口壁を見る。山頂はお鉢の反対側。
父釜”と呼ばれる噴火口。対面にある最高峰までは穏やかな登りとなる。
蒸し暑い中、”羊蹄山”(1,893m)に着く。本当のピークはもう少し先にあると書いてあるが、何故かここを山頂としている。登りで汗を掻いた体では山頂は寒い。
眼下に広がる比羅夫の広大な平野部。単独峰なので高度感はすごい。
山頂標柱を通り過ぎて直ぐ近くの最高峰を目指し、お鉢を廻って行く。
山頂からはゴツゴツした岩場となるが、概して歩き易く変化があり面白い。
お鉢周りも避難小屋が見える地点から穏やかな登り返しとなる。
高山植物は少なくイワブクロが目立つ程度。
森林帯の視界の効かない長く辛い登りが3時間半続くが、羊蹄山は独立峰である為、火口壁に立てば360°のすばらしい展望が得られる。
今回の遠征
07/18 07/19 07/20 07/21 07/22
羊蹄山 トムラウシ 阿寒岳 羅臼岳 十勝岳
雨天中止
火口を一周して分岐点に戻り、これから下山に入るので大展望も見納めとなる。ガスは最後まで山頂まで上がって来なかった。
お鉢周りは小さな登り下りを繰り返し行く。
ここから下って登り返しがあるので多少うんざり気味。
下山に入るのであるが、この広大な”父釜”の火口を残り半周する必要がある。展望を楽しみながらのお鉢廻りは楽なものだ。
山頂は寒いので風を避けた陽だまりでお昼にする。

3時間30分にて羊蹄山最高峰”(1,898m)に着く。

この辺りは天空の遊歩道的な感じで軽快に足が進む。
最高峰が近付くと岩がゴツゴツした道に変わってくる。
最高峰近くから歩いて来たお鉢を振り返り見る。
日本百名山』  独立峰である山頂からは360°の大展望が得られた。
前日の車移動
西宮〜青森:高速道 11時間、3人でノンストップ交代運転、新潟付近は大雨。
青森〜函館:東日本海フェリー 4時間。
函館〜登山口:一般道+高速道 8時間、観光しながらの移動。
ようていざん
登り:3時間30分
下り:3時間35分
コースタイム:7時間05分(休憩時間含む)
登山口にあった役に立たない簡易地図。
標高を稼ぐことにより雲より上に出た様である。つまり雲海を見ていることになった。
背の低いハイマツが広がる広大な風景となる。
涸れ沢の様な裸地。
火口縁が見えて来た。天気も良くなり元気が出て来る。
ウィキペディアによると一等三角点(点名「真狩岳」)の旧山頂が1,892.7m、三等三角点(点名「雲泉」)の
北山が1,843.7mである。と書いてあるが、何故に三等三角点が山頂になったかは書いていなかった。
下山してから眺めた”羊蹄山”全景。こうして見ると”蝦夷富士”と呼ばれる由縁が良く判る。