〔003〕斜里岳 (1,547m)

標高差:877m

2010年09月22日


百名山に戻る

北海道斜里町
登り:2時間51分
下り:2時間55分

前日の移動
羅雌阿寒岳登頂後は雌阿寒温泉に入り、斜里までの移動途中で阿寒湖、摩周湖の観光をする。駅の道”パパスランド”で車中泊、これは札幌の鉄人のアドバイスに基づいたもので、清岳荘で車中泊をせずに早朝に登山口に入った方が駐車料金500円が浮くとの悪知恵である。パパスランドでの車中泊は3回目となる。

トータル:6時間00分 (休息時間含む)
ウィキペデアから
古くはアイヌ語でオンネヌプリといった。シャリとはアイヌ語で「葦の生えた湿原」の意。山頂は斜里岳、南斜里岳、西峰からなる。 オホーツク富士、斜里富士とも呼ばれる。一般的な登山道は、清里町側から登るもの。近隣の知床斜里駅から登山口までは、定期バス(斜里バス)も運行されている(始発06:30、1日3便)。
Road Map :R391から斜里町に入り、道標に従って町道に入り、林道を7.9km走り、清岳荘に向かう。
Route Map:旧道の沢歩きを楽しみ、新道で展望を楽しみ周回する。きつい所は無く、楽に周回出来る。
今日の温泉
パパスランド”での入浴は3回目、石鹸、シャンプー、サウナが完備されて380円は圧倒的にお得、ここを外す手はない。内部でレストランとも繋がっている。
ニセイカウの登山口に移動
出来るだけ標高の低い地点での道の駅を探しながら車を走らせるが、適当な道の駅が無く、勝って知ったる層雲峡の双瀑台駐車場に行く。夕刻までは観光客で一杯だったが、夜には静かなものだった。
夜中は大嵐
夜中、車の揺れで目が覚める。寒冷前線が通過した様だ。雨音で大雨かとびっくりしたが、それは滝の音だった。
山頂 馬の背 上二股 龍神池分岐 熊見峠 下二俣 林道終点 林道ゲート
8:40 8:57 9:20 −−− 10:11 11:00 11:35 11:49
林道ゲート 林道終点 下二股 水蓮の滝 羽衣の滝 霊華の滝 上二股 馬の背 山頂
5:35 5:48 6:25 6:28 6:47 7:20 7:41 8:07 8:26
日本百名山』  沢登り、滝巡りの楽しい山。三度目の挑戦にてリベンジ達成。
5時35分に林道ゲートを出発する。今朝、パパスランドから斜里岳を見た時は山頂にガスが掛かっていた。又々、リベンジ失敗の臭いがするが、取り合えずは登ってしまおう。
早朝、パパスランドを出発して、札幌の鉄人のアドバイス通りに林道ゲート前に車を停める。ここに駐車スペースは無し、左に曲がれば清岳荘がある。ゆっくりの時間で出発しようと思っていた矢先、登山ツアーバスが清岳荘に上がっていった。ジジババに先行されて沢道で停滞するのは適わんので、慌てて出発する。
例によって熊出没の看板。
山頂まで3.6kmとは近いではないか。
林道を歩くこと13分で林道終点、登山口となる。
清岳荘はこの林道終点に建っていたが1998年に焼失して現在の位置に建て直したらしい。
清岳荘への分岐に着く。鉄人のアドバイス通り、ゲートから林道を歩く方が早くて楽だった。
「こんなに渡渉があったのかなぁー」と思うほど目まぐるしく渡渉を繰り返しながら進んで行く。
早速、渡渉の繰り返しとなる。前回は長靴で挑んだので楽だったか、今回は登山靴なのでドボンしない様に気を付けながらゆっくりと歩く。
今回も薄曇り、冴えた景観は望めそうにない。
どこをどう歩くかは決まっていないが、赤テープを追って、適当な飛び石を見付けて渡渉を続ける。
50分にて六合目からは少し上の”下二股”の分岐に着く。
今日も定番通りの沢沿いの旧道コースに進む。
48分にて”六合目”に着く。ここには何がしろの建屋跡がある。
”水蓮の滝”は左を巻いて登る。
53分にて”水蓮の滝”に着く。
前方にハイカーを発見。先行している人はシャキシャキ歩いているが、後方の人は動きが遅く、ケガでもしたのかと聞いてみたが、「ゆっくり歩いているだけ」とのことだった。
写真のモデルが欲しくて、一緒に歩きたかったがペースが合わず先に行かせて貰う。
”方丈の滝”は七合目、標高1,020mとなっていた。
滝横の滑滝状の斜面を登るがロープの設置があった。
1時間26分にて”方丈の滝”に着く。
”方丈の滝”上部から振り返り見る。
”方丈の滝”上部。落ちてきそうな岩が見えている。
”見晴の滝”の直ぐ上にある”七重の滝”、沢登りをすれば楽しそうな傾斜である。
1時間39分にて”見晴の滝”に着く。
1時間45分にて”霊華の滝”に着く。
八合目、標高1,195mの表示あり。
竜神の滝
2時間11分にて沢から離れ”胸突八丁”への真っ直ぐな道に入って行く。胸突き八丁と言うほどの急登ではなかった。
上二股からは沢の中を歩いている様な穏やかな道が続く。
沢道を進んで2時間06分にて”上二股”の分岐に着く。
登り途中に振り返り見る。肉眼ではオホーツク海まで見えているが、写真には乗っていない。
2時間32分にて”馬ノ背”のコルに着く。
寒くなって来たのでウィンドブレーカを着る。
”馬ノ背”へのガレ場をこなす。
反対側の1,376mピークを見ると今にも落ちそうな岩が見えていた。この”根性岩”がどう固定されているのか見に行きたいくらいだ。
”馬ノ背”から登って来た道を振り返り見る。中央の尾根には
新道コースがはっきりと確認出来た。
登るに従い展望がどんどん広がるが、南斜里岳はどれだか判らず、著名な名が付いた山がないのが寂しい。
2時間51分にて”斜里岳”(1,547m)に着く。前回はガスの中、この山頂標識を見ただけであったが、今日は薄曇りながら360°の展望が得られた。リベンジ達成である。これで南の端、屋久島と北の端、斜里岳のリベンジが達成出来た。
斜里神社なのか判らないが祠の横を通り、目の前の山頂に向かう。
肉眼では摩周湖の中の小さい島が確認出来たので、同定がやり易かった。
又もや山頂には誰も居らず、二人組みも一向に登って来ない。一人寂しくカメラをセットして貧相なオヤジを記念撮影。パラグライダーで飛び出したい位の展望だ。
南斜里岳の同定は自信なし。
何かうれしくて何枚も写真を撮ってしまう。
昨年('09年)にリベンジを達成した羅臼岳が正面に見える。斜里岳の三角点は標高1,536mの地点にあり、三角点からも大展望が得られた。
上二股の分岐に69歳の百名山ジジーが休憩しており、話しかけると意気投合してしまい長々とお喋りしてしまう。昨日は羅臼岳を登り、風が凄かったらしい。上二股から新道コースに入り、斜里岳を振り返り見るが、ここから山頂は見えなかった。
14分程、展望を楽しんで下山に入る。鉄人のアドバイスは下りも旧道コースを使うべしであったが、前回、ガスの中、何も見ることが出来なかった新道コースで下山したいと思う。
斜里岳の山頂が顔を出すようになってきた。手前の山が邪魔をしているので、下山して行く方が斜里岳の見通しが良くなっていく。
ダケカンバの林になると、ここまで樹林帯がなかったので、
ホッとしてしまう。
最初の”1,250mピーク”から熊見峠までの新道コースを見る。ハイマツ帯であるが、歩き難いところはなかった。前回はガスで景観を見ることが出来ず、今回はすごく新鮮な感じだ。
下山1時間31分にて”熊見峠”に着く。熊見峠は展望が殆ど利かない。ここから下二股までは激しい下りが続く。
二つ目のピーク”から最初のピークを振り返り見る。二つ目のピークからの展望はすこぶる良かった。
展望の利かない樹林帯の中の激下りではあるが、所々からは斜里岳と手前の男前な岩峰が望めた。
登りには使いたくない激下りであるが、前回、沢歩きが苦手なハイカーが数組、ここを登りに使っていた。
やはり沢歩きが楽しい。又、何度も渡渉しながら下山する。
下り2時間20分にて”下二股”の分岐に戻る。激下りだけで50分程掛かっている。
渡渉にも飽きた頃、2時間55分にて林道終点登山口に出る。
下山3時間09分にて林道ゲートに戻り、合計6時間14分にて斜里岳を終了する。通常、林道歩きは面白くないものであるが、涼しい風が吹き抜ける林道歩きは爽やかで気持ちが良かった。
林道に咲いていた綺麗な花。名前は知らない。
靴を履き替え”清岳荘”の駐車場に行ってみる。広い駐車場に沢山の車が来ていた。(朝は4台しか停まっていなかった)。駐車場から斜里岳の山頂だけが見えている。清岳荘は素泊まり1500円、車中泊500円、駐車料金100円となっており、今日は100円始末出来ただけだ。
下山中もすれ違うハイカーからツアー客の動向を聞いていたが、すっと道を譲ってくれたらしい。バスの運ちゃんと話しをすると、運ちゃんは暇なのか色々教えてくれた。九州からの25名のツアー登山で、昨日は羅臼岳に登り、強風で羅臼平で敗退、それでも中々降りて来なかったらしい。今日は無謀にも旧道コースから登っているらしいので今日も中々降りて来ないだろうと伝えておいた。しかし、九州から北海道へのツアー登山って幾ら掛かるのだろうか?
正面に”斜里岳”が見える大展望。数時間前には斜里岳からここを見ていたのだ。
パパスランドの温泉に入りに行く途中に”清里宇宙展望台”なるものがあったので寄り道してみる。
羅臼岳(左)は今日、天気が良さそう。
道の駅”パパスランド”の左、レストラン、右、温泉、隣にコンビニもどきがあるが、まだ酒類販売の許可が下りていないらしい。近日、酒類販売が出来るとか。他のコンビニは8km程車で走る必要あり。
途中敗退
今回の遠征
09/19 09/20 09/21 09/22 09/23 09/24 09/25 09/25
樽前山 夕張岳 雌阿寒岳 斜里岳 暑寒別岳 余市岳 樽前山 風不死岳
しゃりだけ
〔 清里宇宙展望台〕に行ってみる。
一の沢川滝群