〔002〕 羅臼岳 (1,661m)

標高差:1,471m

2006年07月19日


日本百名山に戻る

北海道斜里町
登り:3時間29分
下り:2時間54分

前日の移動
猿払からの国道238号線は信号がほとんど無く真っ直ぐな道であり、早朝でもあったので快適なドライブが出来た。
斜里町に着いてのは10時過ぎだったので前倒しで斜里岳に登ることも出来たが、雨が降ってきたのでアイドル日とし、観光をすることにしたが、2年前も雨で羅臼辺りを観光したので見たい場所がない。 知床自然センターのフレペの滝を見学し、早めに岩尾別温泉の登山口に行き、無料露天風呂に入る。

今日の温泉
下山は2時間54分、トータル6時間40分で羅臼岳を終える。 神奈川からの人は露天風呂に入りたいと言うので、駐車場で分かれてホテルの温泉(500円)に入る。 入浴後は神奈川の人を乗せてオシンコシンの滝(3回目)、原生花園を見学し、宿泊地のユースまで送っていく。
今日の寝床は
途中、買物をして明るい内に清岳荘の駐車場に入る。 駐車場は車中泊でも500円取られるが、これにはトイレ代も含まれている。 後で判ったことではあるが清岳荘に寝具無しの素泊まりでも1500円しかしない。これなら素泊まりの方が特ちんだった。 バイク登山の坪内君もやってきた。彼は当然素泊まりだ。 明日、又、山中で会うことになると思う。夜中、目が覚めると星空だった、晴れてくれよ。

トータル:6時間40分 (休息時間含む)
Road Map :稚内から440kmを走り知床の岩尾別温泉の登山口に入る。
Route Map:木下小屋からの往復とする。
2時間05分にて ”大沢入口”に着く。
雪渓歩きがあるとは思わなかったのでアイゼンを持って来ていない。
雪渓が終わると谷間の登山道を進んで行くが、
この両側がお花畑で何度も足を止められる。
お花を愛でながら2時間37分で ”羅臼平”に着く。
周辺はフラットで天場には持って来いの場所である。
寝床にした駅の道 ”猿払”は、オホーツク海を目の前にした
気持ちの良い場所だった。 朝5時に出発する。
車のトランクに詰められた食料と所帯道具。
自炊道具も積んでいるが、コンビニが無い時にしか自炊はしない。
2回目だが暇潰しに訪れた日本の滝百選の ”オシンコシンの滝
駐車場から直ぐ近くで水量が多く何度見ても迫力のある滝だ。
知床まで来るとどこにでも見られるシカであるが、暇つぶしにしばし眺めていた。
知床自然センターの奥にある”フレペの滝”を見学する。 ここは遊歩道がありツアー客にはガイドが付いている。 世界遺産のせいか韓国、台湾からの観光客も多い。 ガイドは”北海道に居ないものはモグラ、イノシシ、カモシカ”とか言っていた。
断崖途中から吹き出す滝は圧巻。 別名の ”乙女の涙”がうなづける。
灯台への遊歩道は何故か進入禁止になっていた。

岩尾別温泉の登山口
木下小屋からが登山口であるが駐車場が狭く、その下の ”ホテル地の涯”の駐車場の場外に車を停める。
今日は雨なのに大型バス1台分のツアー登山者が下山してきた。 明日にこんなのが来ない様に祈りたい。
別グループにて山中にて60歳代の方が心臓マヒで亡くなられたらしい。 ホテルに夕食を頼むが断られ、
無料露天風呂に入り晩飯抜きで焼酎を呑んで寝てしまう。

駐車場横の無料露天風呂である ”三段の湯”。
ここがメインであるが駐車場から見え過ぎるので奥の露天風呂に行く。
駐車場から50m程歩いた所にある品疎な ”滝見の湯
脱衣場は無く湯温は熱い。 熱いのは好きなのでしばし身を浸ける。
落差5m程のこの滝が見えるから
”滝見の湯”の名前が付いている。
”ホテル地の涯”の駐車場は宿泊客限定であるので、駐車場外の空きスペースに車を停めるが、ここも中々の激戦区で下山者が引上げる夕方を狙わないと空いていない。
木下小屋 オホーツク展望 560m岩峰 弥三吉清水 極楽平 仙人坂 銀冷水 大沢入口 羅臼平 岩清水 羅臼岳
4:30 5:00 5:20 5:36 5:45 6:00 6:21 6:35 7:07 7:29 7:59
羅臼岳 羅臼平 銀冷水 極楽平 560m岩峰 木下小屋
8:16 8:56 9:32 9:54 10:48 11:10
朝飯抜きで5時30分、木下小屋横から登り始める。
小屋前には水場もトイレも有り。
登山口からはジグザク道の急登が続くが
15分も頑張れば穏やかな道になってくる。
確かにこの辺りにはアリが沢山居た。
熊避けに登山口で拾ったカウベルを付けていく。
今のところ雨は免れ、知床への展望は得られるが、曇り空であり
見通しは得られない。左が知床自然センター、右が知床五湖。
1時間06分で ”弥三吉清水”に着く。
いつもの様に普通の水だった。 3名のハイカーが朝食としていた。
1時間15分にて ”極楽平”に着く。 広大な草原を想像していたが樹木
に覆われたフラットな森だった。 ここからはしばらく楽チンな歩きとなる。
冴えない天気からは冴えない展望しか得られないが、展望が得られただけでもめっけもんかも。
昨日のツアー登山者は雨の中だったらしい。
1時間51分で ”銀冷水”に着く。 表示があったのは沢だったので沢を
遡ってみるが湧き出るところは確認出来なかった。
沢水なら ”エキノコックス”に気を付けないと。 でも大分飲んだけどね。
下部はなんとかアイゼン無しで歩けたが、上部は無理な勾配となるが、横にちゃんとトラバース路があった。トラバース路は普段使われないのか大嫌いな薮扱き道であった。
羅臼平から南の ”三つ峰”(1,509m)はガスの中、
なんとか見えたが北側の羅臼岳はガスで山頂部は見えなかった。
2時間59分にて ”岩清水”に着く。 岩壁から清水が流れ出しており周辺は綺麗なコケで覆われている。
シマリス君
利尻岳で2回見かけたがカメラを構えている内に逃げられてしまった。 羅臼岳ではこちらを気にすることなく花を食べていたので写真に収めることが出来た。 リスは可愛いのでもっと増やしてもらいたいものだ。
登山口から抜きつ抜かれつの福井県から来られた
バイク移動の坪内君(32歳)。 明日は斜里岳に登るとか。
15kgの荷物を担いでいるのにペースは私と変わらず。
この荷物は登山トレーニング用に担いでいるとか。
最後の急登をこなし、3時間29分にて ”羅臼岳”(1,660m)に着く。
山頂には神奈川からの先行者が一人居り、我々を待っていた。
お互いのシャッターを押し、その後、山談議に花を咲かす。
山頂周辺は急峻な絶壁であり、晴天時にはかなりの展望が得られるものと想像出来る。 ガス切れ待ちする気も無く、早々に下山する。
人懐っこい綺麗な鳥、ギンザンマシコ
下山は神奈川からのハイカー(62歳)と共にする。 この人はお花の名前を良く知っており色々教えてもらうが、当然、記憶には残っていない。 下山時、展望は多少良くなったが、相変わらず絶景とは言えない展望で終わっ
てしまう。
チシマクモマグサ
ウコンウツギ
イワヒゲ
エゾコザクラ
今回の遠征
07/16 07/17 07/19 07/20 07/21 07/22
大雪山 利尻岳 羅臼岳 斜里岳 幌尻岳 藻岩山
「日本百名山から」
知床半島というのは細長い山脈の突出であって、殆んど平地がない。海のきわまで山が迫っている。その山脈のおもな峰々を半島の付け根の方から数えていくと、海別岳、遠音別岳、羅臼岳、硫黄山、知床岳などがあり、羅臼岳が最も高い。
日本百名山』   山頂は生憎のガスだったが、お花畑には魅了された。
アイゼン無しで何とか雪渓を登り終えたが、軽アイゼンは
必要な斜度だった。 雪渓も終わり谷間のお花畑に入って行く。
”エゾツツジ”の蕾
エゾツツジ
キバナシャクナゲ
らうすだけ
雪渓を登り切って振り返り見ると、アイゼンを付けたソロのハイカーが登って来ていた。