明峰住職の帯石観音便り
「鯉と青鷺(あおさぎ)と人間」
  
  苗代池には、金魚の子赤や小さい鯉が幾疋か入っている。
  お参りに来た子供達にえさをやってもらう。
  しかし、青鷺が来る。最近、苗代池の金魚の子赤が、すっかり少なくなった。
  網を張っているのだが、横の隙間から入って、網の下をすいすい泳ぐ。
 出る時は、網と悪戦苦闘の上、網を絶ち切り、2~30センチの穴を作って飛んでいく。
 そこで、横の隙間もしっかり塞いだ。ところが、網の外に立って、必要に応じて、網を
 食いちぎり、回遊してくる子赤や鯉を食う。4月25日、ついに、青鷺の立ちそうな
 ところにすだれを置き、水際に竹を入れた。すだれには園芸用の支柱を差し込み、形を
 保ち、飛ばないようにした。たまたま、散策に着た人が「鷺との戦いですね。」という、
 その通り.。
  が、「鷺にも生活がありますからね、人間が鷺と鯉のどちらに味方するかですよ。
 事情は分かるが、この池に来ないで広い海で、暮らしてほしいですよ。」というと、
 「ハハハ」と彼は笑う。
  鷺は夏に向けて夫婦で子育てをするようだ。カメラマンには、結構、愛されている。
 
  実は、池にはずいぶん水草が繁茂したので、泳ぐ鯉も見えず、先頃、経費を掛けて除去
 し、その折、網を張った。しかし、鯉たちがよく見えるようになって、鷺も漁がしやす
 くなったようだ。
 
  すだれと竹で完璧と思っていたところ、一回り大きな青鷺が来て、網の上からやや浅い
 蓮の生えているところへ降り立ち、また、子赤をくわえている。網がたるまないように、
 竹を差して補強する。網の強化等さらに戦いは続く。

  毎年、猪や烏の鳥獣供養を役場から頼まれて、供養碑の前で行っている。
  猪や猿、鹿による農作物の被害はよく聞く。川鵜やヒトデの被害も聞く。
  そういう戦いのせつなさに比べれば、池の鯉は趣味のレベルである
  
  思えば、自然界は弱肉強食、持ちつ持たれつのいただきますの世界であった。
  魚をもっとも多く採って食すのは、地球では、われわれ人間であるに違いない。
  
  「朝焼小焼だ 大漁だ。 大羽鰮
(おおばいわし)の大漁だ。
   浜はまつりのようだけど 海のなかでは 何万の 鰮
(いわし)のとむらい
  するだろう。」

  金子みすずの「大漁」を思い出す。

  池で鯉を飼うのは人間の身勝手である。鯉から、鷺のえさ場づくりかと苦情を言われない
  限り、池の戦いは続く。  

 

「季節を友とす」4月


 
旬のものを食すと身体に良いと聞くが、本当だ。
 己が時の流れにとけ込み、自然と共に生きている
  という感覚が出てくる。
 これは身体にいいに決まっている。

 まず、ふきのとうから始まった。
 ふと足元に見付けた二、三個のふきのとう。
 これは天ぷらに決まっている。

 次は竹の子の木の芽和え。庭の山椒が、
  何とか育って、それをいただく。
 日本酒が合う。
 そし て、蕗ご飯。あくを抜いて、
  あげと酒と醤油でご飯を炊く。みりんは入れない。
 葉で写真のようなおむすびが出来る。

 しだれ桜から吉野桜、八重桜と続く4月の島の大気を感じつつ、
  季節を友にする。
 
 平和はありがたい。
 国を守るのに人を蒸発させる核兵器が必要というのは、
 不条理の極み。





「老楓 桜と楓若葉のコラボレーション」

 
 
「影迎(ようごう)の楓」枝が伸びて、如何にも重そうで
  気になっていたのですが、あり合わせのパイプ等を
  二本使って支えました。
  「やれやれ楽になった。」と楓が息をついています。

  白い八重桜は「普賢象
(ふげんぞう)」。
  赤い下葉のある楓若葉とのコラボレーションが
   陽を受けていました。


 
  
「日本の手紙」
 
先年、老人ホームに入られたTさんから
  毎月、写経が送られてきます。
  Tさんは、旧女学校を卒業しておられ、
  もう、90歳が近いお方です。
  写経には必ず、手紙が添えられています。
  
  「桜が散ってしまって 逝く春が惜しまれます
   その後 皆様 お変わりなく お暮らしと存じます
   留守宅が 何時も 御世話様に なって居ります
     降って 私事 お陰様で 元気に送日させて頂い
   て居ります
   本月も 無事写経をさせて頂きましたので
   御手数乍ら 又よろしく お願い申し上げます」

  このような手紙を書く女性は、このような日本の文章も、
  もう、みられなくなるのではないかと思ったことです。
  





周防33観音 参拝団 平成29年4月12日
 普慶寺さま、閼伽井坊さま、般若寺さま
 
ご一行を満開の桜が、好天の元、お迎えしました。
 
午後は柳井方面を巡拝されます。

普慶寺さまご一行

閼伽井坊さま、般若寺さまご一行



古いアルバムはこちら
アルバム25 筑前琵琶観月会 天井画勧請 千寿園開園 天狗岩の手すり
アルバム24 四境の役出版 観月会 十年前の約束 縁起木版 普賢寺様参拝団 石垣造営
アルバム23 鯉・観月会・おたより・屋代島句会・燈籠奉納・古道整備・苗代池完成・案内看板設置・九輪の塔奉納
アルバム22 普慶寺さま参拝団・正月のかえで・平城高校・東北
アルバム21 蛇桜二世満開・普慶寺さま参拝団・西国花山寺等・ふだらくさんのお土産
アルバム20  板柳高校・宮代高校・進修館高校・鴻巣女子高校。先人の旅。
アルバム19   観音堂修理・楓治療・第2回西国巡拝・千手観音入魂
アルバム18   蛇桜奉納・紅葉谷の夢・萩の寺龍昌寺
アルバム17 冬の楓・いただきます・観月会・アロハボルジュ
アルバム16 降誕会・西国、勝尾寺・遠足・桜祭り・ハワイから・「ジャンプ山口」
アルバム15 誕生祝の紅葉・がんばれ老木・国東 泉福寺訪問
アルバム14 湘南学園中学校・一正もみじ・子守観音・倉庫奉納・観月会・紅葉狩り
アルバム13 禅昌寺・ドイツ・普陀山のおみやげ 五観の偈
アルバム12 投稿俳句 久賀中9回卒の皆さん 周防大島高校遠足 桜祭り 前庭整備
アルバム11  枯れる蛇桜 常用水お庭 天狗岩入り口周辺 33観音巡拝 大島の地蔵さん
アルバム10  般若経 中屋さん、岸田さんライブ 島崎さん、市岡さんスケッチ
アルバム9 湘南学園中学校修学旅行しあわせ祈願 小泉氏スケッチ 
         天狗岩天狗参りの眺め 平成20年冬
アルバム8 「子守り岩観音」入魂会 平成20年秋
アルバム7 平成20年夏から 句集 観月会 ハワイアン 紹介図
アルバム6 平成20年新春から桜祭り 天狗岩
アルバム5 平成19年盆から
アルバム4 亀石の池の完成
アルバム3 平成19年5月 中国地蔵尊巡り
アルバム2 平成19年4月 桜祭り
アルバム1 古道復旧