「帯石観音」の縁起
 
 弘仁二年(八一一)年、弘法大師は、千手観音、脇士として不動明王、毘沙門天の三尊を自手彫刻、観音堂に安置され、さらに奇石「帯石」に「南無阿弥陀仏」の六字の名号を投筆、その下に子安の地蔵尊を自刻安置された。
 この名号は、金色に輝き、昼夜を問わず遠く伊予路からも見え、船人達の指針となって礼拝されたという。摩滅を恐れた石工が名号を彫ったので、その光は消えてしまったと言い伝えられている。 
 さらに弘法大師は、この岩に帯の形を刻まれ、
 「懐胎の者がこの岩の図を帯にして信心なる時は、その産安し。」
と後の世の女人安産を祈願された。以後、この大師入魂の因縁により、かつては岩の苔をお守りとし、今日は安産守り、安産岩田帯祈願の観音様として、県内外から広く信心尊嵩されている。
 当寺は弘法大師の開基である。帯石の奇石あるをもって「帯石山」と号し、法華経普門品(観音経)の高徳を示す仏説により、「普門寺」と名づけられた。
 

「帯石観音」第四番札所
      
 
 室町時代の大内二十四代、大内弘世は山口に城をかまえ、
 京洛文化を取り入れる等、西の小京都を自負していた。
 弘世は十四世紀半ば、西国三十三観音を模して「周防三十
 三観音」を勧請した。
 五重塔で有名な山口の瑠璃光寺に馬に乗った大内弘世の
 銅像がある。