安産祈願」 お参りの仕方


 @まず、お参りの日時の予約をお願いします。0820-77-0549
    
   妊娠五ヶ月目の最初の戌(いぬ)の日を目安に帯祝い
をし、着帯します。
    上記の日までに、あるいはその日に、使う予定の帯を持ってお参りください。
   特に、いつお参りしないといけないというきまりはありません。
   ご本人がお参りになれない場合は代理の方でも結構です。
  お参りされたら「お守り」と「お供物」を差し上げます。
 お持ちになった「帯」と併せて
帯祝い三点セットとなります。

     この三点をお供えして、各家庭で帯祝いをしましょう。

   
   女の子の生まれる方にはいお守り、男の子の生まれる方にはのお守りを
   差し上げます

 A持参するもの
   帯、復帯・ガードル等お使いになる腹帯をお持ちください。
すでに使用したものでもよいです。
   帯石観音にはさらしのタイプの帯(2千円)があります。

  B 謝礼
   決まりはありません。普通5千円〜1万円です。
  封筒には「安産祈願」とか「お礼」とかお書き下さい。

 
Cアクセス
    
帯石観音は嵩山の中腹にあります。帯石への道、おすすめはこちらです。
 
   ***カーナビの目的地設定は「帯石観音」または「0820−73−0830」にしてください。
    77−0549は西安下庄の寺務所で、帯石観音の3KMふもとです。

 
 D大師堂前の閼伽水(あかみず。弘法大師が加持に使われたという三水の一つ。)は
      お浄めの水。
もう50段石段を登った上の観音堂で安産祈願をします。
  観音堂の前で線香を焚き、合掌礼拝し、堂にお上がり下さい。
 E本人の「生年月日と予定日」を、祈願の前にお聞きします。
   さらしの帯のいる方はお申し出下さい。
 
Hお産が終わった後のお守りは桜祭りで「おたきあげ」をしますので、お持ち下さい。
  お礼参りは、何日にとかの決まりはありません。気候の良い日にご連絡の上、お参り
  下さい。
  
   なお、お正月の三日間は初詣です。
   ご家族でお参り下さい。

遠方、またはご都合でお参りになれない方は電話またはFAXでご相談ください。
        帯を送っていただいたら、お勤めして、お守り、お供物とをお送りします。